ブログで寄付金を募ったらNGなのですか?

先日リンクを貼らせて頂いたサイトにこの様な記事がありました。(この記事を読んだ後、リンクは外しました)

電磁兵器はここまで進んでいた! + ”NG”だと思う事

何だか読んでいてとても気分の悪くなる内容だったのですが、この方がアホでエゴだと指摘しているサイトには、おそらくこのブログも該当すると思われます。

普段、他の人が私と違う主張を展開していたり、ちょっとどうなのかなと思う様な事を言っていても、いちいち批判したり論争したりしない主義なのですが(皆、多かれ少なかれ考えは違うし、そんな事をしていたらきりがない)、あまりにも独断的な主張だったり、気持ちの持ち様で集スト被害はなくなるなどという全く根拠のない主張だったり、考えたり悩んだりする事自体が無駄で無意味だという様な主張に対してはちょっと黙っていられない時があります。

因みに、こうして被害を訴えていると、気にしない方がいい、気にしないのが一番、という意見をよく見かけます。それについてずっと違和感を感じて来たのですが、嫌がらせなんて気にしない方がいい、そんな事は言われなくても分かっています。それが出来たらどんなにいいかと、今まで何度思って来た事かわかりません。そうしたくても出来ないから苦しいわけで、誰かに「気にしない方がいい」とアドバイスをされて翌日から気にしないでいられるくらいなら、とっくにそうしています。気にしない様にしているのに、相手は無理矢理気にする様に仕掛けてくるから気になってしまうのです。それなのに、あなたの気にしすぎでは?無視が一番、などという様な事を言われると、例えそれが私を気遣って掛けられた言葉であっても、何か神経を逆撫でされた様な気持ちになってしまいます。そんな単純な問題ではないですから。

それにローテクを気にしなくても、物を盗まれたり壊されたり、またハイテク被害によって病気にさせられたり健康が悪化するリスクがなくなるわけではありません。なので、その様な気休めの言葉には抵抗を感じてしまいます。逆に、被害者が追求をしない様に(追求の手を緩める様に)ミスリードしているのではないかと疑ってしまう自分がいます。また、正直な気持ちを言えば、気にしない派の人は何故被害者のブログを読むのだろうという疑問もあったりします。ご自分が気にしないでいられるなら、集スト被害者のブログではなく、もっと楽しいブログ、例えば趣味のブログとか動画とか映画なんかを見ていた方がいいのではないかと思うのです。こんなネガティブな被害者ブログを読めば、せっかく気にしないでいられるのに、思い出して気になってしまうだけではないでしょうか?

という事でちょっと脱線して前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

冒頭に書いた様に、遠回しに私の事ではないかと思える様な言い回しで貶していたり、あるいはツイッターやコメントなどで直接絡んで来たり、また直接ではないにしても私を名指しして的外れな批判や攻撃をしている場合は、やはり反論しないわけにはいきませんので、今回の「ブログで寄付金はNG」という意見に対する異議申し立てをしたいと思います。

私の場合、自分独自の見解や情報の発信をメインにしている為、単純にコピペだけではないにしても、他の方の記事を転載する時もありますし、動画を埋め込む事もあります。そして何より、サイトで支援をお願いしています。

(関係ないと思いますが、書き始めたら早速サイレン)

このNGの理由について異議がありますが、クレームは受け付けないとの事ですので、ここで反論させて頂く事にします。アホ、エゴ、怪しいなどという指摘は、やはり容認できません。

まず最初に言える事は、私の場合ですが、「自分は何もせずにただ助けてくれ」とは一言も言ってはいませんし、他の人の記事をコピペしただけで支援を募っているのでもありません。自分独自の発信をしつつ、解決に向けて私にできる事をやっていく。その上で、生活を維持する為の支援をお願いしているのです。

確かに他人の発信したものをコピペしただけのサイトで寄付金を募っていたら、私も同じ様に腹が立つと思います。例えば、私の公開した動画をいくつも並べて、寄付して下さいというサイトがあったら、間違いなくクレームを入れるでしょう。

ただし、私の発信したものを引用なりして、そこにその方独自の情報も付け加え、この犯罪の解決に少しでも繋がる様な記事になっているのなら、仮にそのサイトでチップを受付けていたとしても、別に目くじらを立てて抗議する様な事はしません。私の情報を活用して貰って、それが少しでも被害の解消に繋がるのなら、むしろ喜ばしい事だと思います。(悪用はNGですが)

私達被害者が望む事はただ一つ。とにかくこの被害から抜け出したい、この被害を終わらせたい、その事に尽きると思います。例えどういう方法であっても、加害者達の摘発や被害の収束に繋がるのであれば、結果オーライではないのですか?それなのに、(私に限らず)支援を募りながら情報を発信したり活動している人を批判したり、「アホでエゴ」などという印象を植え付ける様な発言をするというのは、逆に被害者全体にとってマイナスになると思います。

例えそれが洗練されていない(この方の言うところのノンセンスな)方法だったり、泥臭いやり方であったとしても、別にいいと思います。はっきり言って関係ないと思います。

そもそもセンスを磨いたり競うのは芸術とか音楽とかそういう分野の話であって、センスがあるなし、センスがいい悪いなんて問題ではないと思います。私も少し前にハイセンスな周知動画という事で動画を紹介させて頂きましたが、そういう動画がもっとあったらいいのではないかという提案をしただけの事で、ハイセンスかどうかは、この集団ストーカーという犯罪被害を訴える上での本質ではありません。やはり被害を理解してもらう事、そして証明する事=警察に認めさせる事、何よりもそれが最優先事項だと思います。

被害者の目指す所と目的は、一にも二にもこの犯罪を周知し解決する事であって、センス云々の話ではないと思います。

2つめに、私は被害者の人だけに支援をお願いしているのではありません。もちろん、こういうサイトに訪問される方は被害者の人と加害者の人間が大半だとは思いますが、中には、少ないかも知れませんが、被害者ではない一般の方もいらっしゃると思います。ですから一般の方がご支援して下さる場合もあると思います。それに私は、被害者限定で支援して下さいとは一言も言っていません。

しかも、一般人(健常者)と表現されているのですが、では被害者は健常者ではなく病人か精神異常者、あるいは障害者という意味なのでしょうか?何を以てその様に定義されているのか、ちょっと私には理解に苦しみます。一般人の中の健常者に寄付金を募るならまだしも・・、という意味なのかも知れませんが、それにしてもちょっと誤解を招く表現ではないでしょうか。

そもそも健常者と障害者という言い方も、何か差別的なニュアンスが含まれている様な気がしないでもないので、使い方には気を付けないといけないと思います。また実際に精神障害を持っている方に対しても、その方達を傷つけない様な配慮はしていかないといけないと思います。

掲示板やYoutube、ニコ動なんかで、統合失調症キャンペーンを嬉々として展開している人達というのは、もし実際の統合失調症の人達が見たら傷付く様な事を平気でコメントしています。しかもタグまで付けて・・。そうまでして統合失調症の人を侮辱したいのでしょうか?何の為に?それがあなたたちの楽しみなの?虚しくないの?満足なの?

統合失調症に限らず、実際に精神障害で苦しんでいる方達もいるのに、実に嬉しそうに貶したり侮辱して優越感に浸り、勝ち誇った様な気になっているのです。そんなに他人の不幸が面白いのですか?人の不幸は蜜の味ですか?もしあなた方が精神を病んだ時、見知らぬ人達から一斉にその様な事を言われたらどう思うの?読んでいて吐き気を催す程に辟易しますが、こんな人間の言う事を真に受ける様な人は、所詮それまでの人だと思います。

但し、統合失調症という病気が本当にあるのかどうか、また今現在、統合失調症と診断され治療を受けている人は、本当に統合失調症という精神の病気なのだろうかという事については非常に疑わしく思っています。よくネットで言われている様に、精神医療利権の為に無理矢理つくられた病気ではないのかと。

中にはハイテク被害者の方がこの様な犯罪がある事を知らずに、診断されるままに治療を受けているケースも多いのではないかと思います。しかし現実の社会の中ではその様に診断され、治療を受けている人がいる事も事実ですので、そうした方々への配慮が必要だという意味で書いています。

また、脳の機能障害などで通常の生活が困難な方もいらっしゃいますので、精神疾患を抱える人を侮辱する様な言動は慎まなければなりません。私も工作員への反論として、つい失礼な事を書いてしまっているかも知れませんので、気を付けないといけないという自戒も込めて書いています。

ちょっと話が逸れましたので戻しますが、「何を勘違いしているのか」という言葉をそっくりそのまま冒頭のブログの管理人様にお返ししたいのですが、何かとても大きな勘違いをされているのは、むしろ貴方ではないですか?

みんな大変なのですよ?

随分と上から目線なのですね。
もっと大変な人もいるのだから、甘えるなという事ですよね。

自殺した人もいる。
家族や財産を失った人もいる。
なのにあなたは他人の情報をコピペして寄付を募っている。
その様な甘えた考えは非常に腹立たしい。
寄付を募るだけでも怪しいから信用すべきではない。


おそらくそういう事を言いたいのだと思います。

自殺した人、破産した人もいるんだから、という言葉が出てくるという事は、つまり、そうなるまでは(自殺したり破産して住む所もなくなるまでは)誰にも頼らずに支援も受けずに自力で何とかしなさい、という事を言いたいのですよね。これ、受け取る人によっては、自殺しろと言われた気分になってしまうと思います。NPOの実行委員の方の口から出た言葉とは信じがたい気持ちです。

よく他人に対して、自分はこれだけ頑張っているんだから、お前ももっと頑張れ、甘えるんじゃない!と、努力や我慢、忍耐を強要する人が多用する言い分と似ていますね。例えば上司が部下に有給休暇を取らせない時の言い草と似ています。

「俺だって有給なんて全く取っていないんだからな。毎日夜遅くまでサービス残業しているんだぞ。上司の俺がこんなに頑張っているのになんだお前は。有給?定時に帰りたい?10年早い!」そういう事を言う上司、いますよね。これは歴然としたパワーハラスメントになると思いますが、それと似た事を、上司や家族でもない他人に対して臆面もなく言い放ち、上から目線でお説教とは・・。

窮地に立たされた人が助けを求めたのに、甘えるんじゃないと突き放され、絶望して自殺してしまった人もいるのではないでしょうか。小学校の自殺事件でもありましたよね。生徒が先生に生活記録ノートでSOSを出していたのに、「君はもっと頑張れる子だから。君の笑顔に先生は勇気を貰っています。明日からの研修楽しみましょうね。」という様な全く噛み合わない返事が返ってきて、そしてその子は自殺してしまったのです。そうして騒動になってから、SOSを見逃していた(わざと無視していた?)人達に限って言うのですよね。「もっと早く助けを求めていてくれたら」と。

【いじめ自殺】ノートに書かれた教師の返答に全国から怒りの声…「自分がいじめられた時と同じ」との指摘も

人間は、かくも虐めずにはいられない生き物なのでしょうか?
いじめ自殺

集ストは、学校や生徒という枠組みを飛び超えた、虐め(虐待・集団リンチ)の地域拡大版です。被害者の多くは大人です。もちろん子供もいます。学校での虐めは集スト絡みだと思っています。自殺に追い込む程の虐めというのは、好き嫌いや仲間はずれの様なレベルの問題ではなく、やはり組織的なものだと思います。

つまり何が言いたいのかと言うと、甘えるなという言葉を使うなら、せめてこの被害(虐待・集団リンチ)が終わってから使うべきではないですか?という事を、声を大にして言いたいのです。虐待を受けて悲鳴を上げ、助けを求めている人に向かって「さて貴方には他の人に対して何かできるのですか?」なんて聞きますか?その人が、自分が他の人に対してできる事は何もないと答えたら、助け合いになっていないからと見捨てるのでしょうか。

例えば、3日間何も食べていない人がいたとして、その人から「何か食べるものを恵んでいただけませんか?」と言われた時に、こういう考え方の人はこんな風に答えるのでしょうか?

「あなたね、今の世の中、自殺する人も餓死する人もいるのよ。あなたはまだ自殺も餓死もしていないし、ツイッターなんてやっているくらいだから“まし”な方ですよ。誰かにお金や食べ物を恵んでもらうなんて甘ったれているだけ。みんな自分の事で精一杯なんだし、世の中そんなに甘くはないのよ。餓死する直前になったらもう一度声を掛けてみてね。それまでは自力で何とかしないとね。」

これは極端な例え話ですが、言っている事は殆どこれに近いものがあると思います。

私も以前は、自分自身すら助ける事の出来ていない私が誰かを助けられるとは思えず、誰も助ける事はないでしょう・・などという記事を書いた記憶もあるのですが、その時と今の考えは大分違って来ています。やはり助けを必要としている人は声を上げて欲しいし、助ける事のできる人がそれに応えてあげて欲しいと思っています。それぞれに出来る事、出来ない事がありますから、無理のない範囲で、自分に出来る事があれば声を掛けるとか、そういう柔軟な在り方でいいと思います。あれは駄目、これはNGなんて、自分達で自分達に手枷足枷している様なものです。

但し確信犯的な風評工作、撹乱工作、印象操作、ミスリード、プロパガンダに対しては妥協せず、きっちり反論なり批判なり、対応する必要もあるのですが、相手がそうした事に加担している人物かどうかの判断は難しく、特に被害者に成りすました人物の場合、見分けるのが難しい場合があります。ただ、本当に解決を目指していない人の発言には、性格的なものもありますので一概には言えませんが、切実感や真剣味が感じられなかったり、何か引っ掛かる所がありますので、何となくわかるものです。本人は気付かれている事に気付いていないかも知れませんが、案外気付いている人も多いのではないでしょうか。

更に異論があります。

寄付を募る前に、本を出版するなり被害者の会を設立すればいい、という意見。

あのですね・・。
仮に本を1冊自費出版して、その印税で一生食べていける様な甘い世界ではないと思います。なのに本を出せばいい、などと軽々しく言うのは、それこそ認識が甘いと思います。

そもそも印税だけで食べていくなんて、かなり有名な作家や著述家でも難しいのではないでしょうか?しかもかなりのベストセラーとかでないと無理だと思います。それなのに、無名のどこの誰かもわからない人間が書いたものを、しかも集団ストーカーという“特殊な題材”を扱った本を、一体どれだけの人が購入するでしょうか?

しかも出版業界というのは創価が牛耳っていますから、妨害もされるでしょう。そういう世界で成功するには、それなりの繋がりとかコネがないと無理なのです。集スト被害者であればそんな事は周知の事実だと思います。本を出せばいいって簡単に言いますが、そんな簡単な話ではありません。少し考えたら分かる事でしょうに。

(追記)

真偽は分かりませんが、この様な投稿も。
創価学会の恐ろしい素顔! 

元記事
創価学会の恐ろしい素顔!

仮に電子書籍として販売したとしても、それで食べていける程、甘くはないと思います。今やネットに繋げば、無料の情報で溢れていますから、わざわざお金を払うという人は圧倒的に少数派。タダ(無料)が当たり前の世界です。そんな中で情報を有料にすると「あー、この人も結局お金なんだね」などという様な事を言う人も出てくるわけです。また電子書籍ではなく、ブログを有料にするという方法もありますが、特定商取引法による記載(名前、住所等の記載)が必須なので、それらを公開した事により、私の個人情報や中傷など、あること無いこと書き込まれたり、被害が更に酷くなる事も考えられる為、それも難しい状況です。そういう事情もあり、寄付金という方法で支援をお願いすると、この方の様に、寄付金を募るブログなんて怪しいだけだが・・などと言う人も出てくるわけです。この方なりの正義感なのか何なのか知りませんが、単に他の被害者の足を引っ張っているだけだと思います。

(追記終わり)


あと、被害者の会を設立?

被害者の会を設立するにしても、お金かかりますよね。
この部分を読む限り被害者の会を運営すれば寄付を募る必要はないという事を言っているのだと思いますが、被害者の会って儲かるのですか?私はそういう会に入会した事も運営した事もないのでよく分かりませんが、寄付を募るくらいなら被害者の会を立ち上げればいい、という意見の意味する所は、要するにそういう事ではないでしょうか?

それに被害者の会を運営して生計を立てるという事は、つまり被害者の会の会員から会費を集めてそれでやりくりしろという事ですよね。という事は結局、同じ被害者の人からお金を集める事と変わらないじゃないですか。被害者の会を設立して被害者を支える事と引き替えに、会員である被害者に会費を納めて貰う事で「助け合い」が成立するからOKっていう事ですか?それってギブアンドテイクですよね。何かを提供して対価を得るのがビジネスの基本ですが、集スト被害の解決はビジネスではありません。加害者にとってはビジネスであっても、被害者には生き残りの為の闘い、修羅場です。

与えるから与えられる資格があるという主張を裏返せば、与える(助ける)事のできない人は、与えられる(助けて貰う)事を望む資格がない、という事になりますよね。被害者の中には、何もできないけれど助けを必要としている人だっているのではないですか?そういう人の力になるのが被害者団体の役目でもあるのではないですか?何だか言っている事が滅茶苦茶の様な気がします。

いずれにしても、この方は寄付を募る事に対してかなり感情的になっている様な印象を受けましたが、逆に私はこの方の意見には非常に疑問を感じました。ご自身もボランティアで翻訳の作業をされていながら一銭の対価も受け取ってはいない事を主張されていますが、本音を言えば、いくらかでも対価が欲しいと思っていらっしゃるのではないでしょうか?そうした不満が、寄付を募っているサイトに向けられている様な気がしてなりません。それなら素直に寄付を募った方が余程好感が持てますけど。

誰だって生活するのにお金が必要です。被害者にも毎月の支払いや決まった出費はありますから、周知活動だけではすぐに行き詰まってしまいます。生活が続かずに、仕事に専念する為にネットでの活動を止めてしまう被害者の方も結構います。とても残念ですがそれが現実です。そういう方が支援を受けながら活動を続けていてくれたら・・、そんな風に思う事もあります。

ある日突然、集団ストーカーの被害者に 様より。
集団ストーカー被害者にとって働くという事、そして拉致問題

私はこの方の動画(ニコ動)なども時々紹介させて頂いているのですが(右サイドバーにも埋め込みをしています)、救急車両などによる付きまといの様子が克明に記録されていて、被害者ではない人に緊急車両による付きまといの様子を知って頂くにはとても貴重な動画だと思います。なので活動を止められてしまった事がとても残念に思います。

上の記事内にリンクが貼られている記事。
家宅侵入と暴力団を、ほのめかす集団ストーカー

この記事内の動画に目覚まし時計の仄めかしの会話がしっかりと収録されています。ぜひご視聴下さい。(末尾に動画埋め込みました)

もう一つ同サイトより。
集団ストーカー(ガスライティング)被害3年目を迎えて

- - - - - - - - 一部転載 - - - - - - - -
私にとってこの3年はいったい何だったのでしょうか。

3年の月日が過ぎ自分にとってこの3年間はどうだったのか考えさせられます。

この犯罪に巻き込まれてしまうと、生活や人生を大きく狂わされてしまいます。常に監視と嫌がらせの中に身を置かれている事から、前向きにこれからの人生設計や夢などといった事がほとんど考えられなくなっていきます。

集団ストーカー被害に遭う様になってからの3年間は、集団ストーカーの被害対策や被害記録など空いた時間は集団ストーカーの為に費やされ、自分の時間はほとんどなかったのではないでしょうか。

集団ストーカーの為に引っ越し、対策の為に買った防犯用品やカメラ、壊され使えなくなった幾多のものなどでお金も消耗されていきました。

多くの他の被害者の方も、恐らくこの犯罪に巻き込まれた時から生活を破壊され、これからの夢や希望といった事が考えられなくなり、人生の時計の振り子が止まったまま集団ストーカーの対応に追われているのではないでしょうか…….

これからもこの集団ストーカー犯罪被害が続く限り、私の人生の時計の振り子は止まったままの状態が続きます。
※一部改行、句読点の追加等の編集を加えさせて頂きました。

人生の時計の振り子が止まったまま・・・、全くその通りです。
この被害を何としても証明し、そして被害を終わらせる事しか考える事ができなくなってしまいました。

この記事では、この方の被害の経緯、そして被害者が生きていくとはどういう事なのか、その心情などが切々と記されていて、自分の状況とも重なり合い、深く心に響く内容です。

また直前の記事ではNPOの事も書かれていました。
集団ストーカー被害者の会のタブー

タブーに触れるという事は本当に勇気がいる事です。袋叩きになりかねないですから。でも、いつまでもタブーになっているからその闇は存続してしまうのです。やはり誰かが言わないといけないと思います。偽被害者の事についてもそうだと思います。それについても批判されていましたが。(ここでまた短いサイレン)

この寄付金はNGだと主張されている方は創価学会員の方なのですね。

被害者の偏り。。断定は名誉毀損に繋がりかねない

創価学会を脱会した事で被害者になる事もあるでしょうから別に驚きはしませんが、現在会員なのに集スト被害に遭っている人もいるのですね。それは意外でした。

それに、少なくとも私の様な宗教団体に一度も身を置いた事のない被害者に比べ、遙かに内部事情を知っているはずなので、創価学会員が集ストに加担している所を一度も見た事もなければ聞いた事もないという主張は俄には信じ難いのですが、本当でしょうか?それなら一度入会してみたら?という事ですが、確か集スト被害を受けている人が創価に入会してみたという書き込みがどこかにありました。結局、その人は脱会した様ですが、そのURLがわからなくなってしまったので、また見つかったらご紹介します。

それはともかく、被害の周知と名誉毀損は紙一重、いつも危険と隣り合わせである事はその通りだと思います。そしてこの犯罪は、全ての犯人(加害者)、首謀者、犯罪ネットワークの全体像、そして加害方法が見えない為、断定はよくないのは分かります。

ですが私の場合、少なくとも加担メンバーの一人は確実に創価学会の信者で、聖教新聞の配達員によるタイミング合わせなどもあり、またその様な嫌がらせを創価学会の会員が行っている事を、日蓮正宗の信者の方から直接聞いており、その会話も録画して公開しています。つまり事実を公表しているので、名誉毀損には当たらないと考えています。

しかもこの方は、証拠があるならそれを持って警察に行けばいい、という様な事も書かれていたりしますので、何だか加害者側の論理と似ている様な印象を受ける箇所も正直ありました。但しこれは私の主観ですのでご本人はその様なつもりで書いたのではないのかも知れません。

それ以前に、この組織的な嫌がらせに加担している加害者達は、決定的な証拠にならない方法でしか加害をして来ないのです。タイミングを見計らって、ただターゲットの目の前を通るとか、車を路駐させるとか、要所要所でサイレンを鳴らすとか。しかもその事と私の被害との因果関係というのは極めて証明が困難である事を見越しているのです。実に卑劣で卑怯です。そんな事はローテク被害者であれば誰でもが感じている事で、本当に悔しい思いをされている方が沢山いると思います。

あるいは被害者の外出中を狙って家宅侵入したり、物を盗んだり壊したりするのですが、撮影されていない事が分かっている、あるいは防犯カメラの電源を落としたり、時には映像を消去したりする為、証拠を残さない密室の犯行が成立してしまうのです。私も物が盗まれているのは後で気付く事があるのですが、証拠もなく、自分の気のせい?などと思ってしまう事もある為、被害届けを出す事もありません。

仮に警察を呼んだとしても、決定的な証拠がなければ、どうしようもありません。だから最初から警察を当てになんてしていません。と言うより警察も彼らの仲間である事は、殆どの被害者の共通認識でしょう。その警察がまともに被害届けを受理して犯人を特定し、加害者を逮捕してくれる訳がありません。下手をしたら、被害を届け出た本人が精神病院に入れられてしまいます。

だから、この方の言っている事にはかなり無理があると私は思います。

そう言えば、NPOの会員には生活保護を受給している被害者も多いと聞きますが(ネットの書き込みから)、それは本当なのでしょうか?もし本当なら、そういう人に対しても甘えるな!と言わないのでしょうか?みんな大変なのにと。

この方の主張に照らし合わせて考えるなら、生活保護は納税者に“助けて貰うだけ”という事になると思います。普通、受給者が納税者を助ける事はないと思うので(仮に納税者を助ける余力があるならその前に自力で生活して下さい、という話になりますから)、助け合いにはなっていませんよね。どうして寄付はNGで生活保護はOKなのですか?

そもそも集スト被害者の人が生活保護を受ける際に、働けない理由を認めてもらう必要があると思うのですが、どの様な理由で認可されているのでしょうか?集スト被害の事を話しても、おそらく被害妄想とか統合失調症だと言われてしまうのが関の山でしょう。

身体的に病気を発症してしまった方などは別として、身体的に問題がない場合は、精神疾患を理由に働けないという話に必然的になるのですが、逆に言えば、精神障害があるから働けないという理由で生活保護や障害者年金を受給する為に、精神科を受診し統合失調症の診断書を書いてもらい、それで認定されているという事になると思うのですが、それは問題ないのでしょうか?寄付はNGでそれはOKなのですか?精神薬というのは副作用が強く、場合によっては廃人になってしまいかねない危険な薬の様ですが、それでも募金を募るよりはそうした方がいいとでも言うのでしょうか?死亡例もあるのですけれど・・。

一体全体この方のNGというのはどういう判断基準なのかよく分かりませんが、以前から、この生活保護の受給については疑問に感じていた事なので、この際書いてしまいました。

自分の体験や情報を発信しつつ寄付を募ることが助け合いではないと断言するのであれば、生活保護はそれ以上に助け合いではないという事になると、私は思うのですが、その様な人達に対しては甘えるなとか、もっと大変な人がいるんだから、などと意見しないのでしょうか?(私など生活保護以下の収入しかありません)

困窮している被害者に対して甘えるなというのなら、↓こういう人にこそ甘えるな!ときつく言って欲しいものです。同じ学会員でしょう?

ダメだよ副婦人部長

尚、今回私が書いた内容は、必要があって生活保護を受けている人に対する批判ではありません。ブログの寄付金がNGだという主張に対する反論の中での例えとして書かせて頂いたまでですが、本当に支援を受ける資格、あるいは必要のある受給者の方で気分を害された方がいたら申し訳ありません。

という事で生活保護の事を色々と書いたところでまた少し話が戻りますが、冒頭の記事より一部引用させて頂きますね。

被害者はみな間違いなく、良い仕事には就けません。それはみんな同じでしょう。

それなのに、”コピペブログ”で寄付金を煽るほど、アホでエゴなことはありません。

もちろん、どのブログとは言っていませんので、クレームのメッセージをいただいてもスルーしますが。w

”一般論”として書いています。


寄付金を煽る?
煽るって何?
一般論?

私のブログとは名指しでは書かれていませんが、一応寄付(チップ)を受け付けている為、無関係ではないと思います。アホでエゴとまで書かれては反論しない訳にはいきません。因みに一般論としてではなく私の個人的な意見として書いています。

あまり関係ないかも知れませんが、阿修羅よりリンクを一つ。

被害実態報告と救助要請(創価学会の集団ストーカー) 集団ストーカー関連 その2

本来なら、国策(国家犯罪)とも言える組織犯罪の被害者は、国から救済(賠償)されなければならない人達です。にも関わらず国が何の対応もしないのなら、被害者自らが支援を呼びかけるのも、生き延びる為の一つの手段です。安易に生活保護に頼る前に自分で努力しているのですから、それをとやかく言われる筋合いはないと思います。

別に支援を強制しているのでもなく、被害者限定で支援をお願いしているのでもなく、もし支援して頂ける人がいたら有り難い、そういう性質のものなので、ここまでヒステリック?に批判されるのは心外であり不愉快です。

なにを勘違いしているのかわからないが、寄付金などを募る被害者ブログなどは、まず怪しいと思う方が良いと私は思うが。。(私の個人的な意見だが。)


それなら戸崎さんのサイトも怪しいという事になりますね。
AGAS

そしてこのサイトも。
GasLighting

これらのサイトが怪しいサイトなのですか?
アホでエゴなサイトなのでしょうか?

上記2サイトがコピペだけのサイトではないにしても、寄付を募っているという理由だけでそこまで侮辱するのはどうにも容認できない為、敢えて反論させていただきました。

ただ、私の考えに違和感を覚える方もいると思いますし、どう思われるのかを私が強要したり強制する事はしたくありませんので、これを読まれた方が、それぞれにご判断頂ければと思います。

それから、ご支援の報告の方にも記載しておりますが、いつもkenken様よりご支援を頂いています。ご厚意に甘えてばかりの自分が不甲斐なく思うのですが、本当に有り難い事です。心よりお礼申し上げます。

この状況を何とか建て直し、ご支援をお願いしなくても活動が続けられる様にと、動画の有料配信などをこれから手掛けていく予定でいますが、そちらが軌道に乗るまでは、今暫く、皆様にご支援をお願いする事になるかと思います。ただ、支援する気が起きない方、支援が困難な方に無理にご支援をして下さいとは一言も言っておりませんので、どうか筋違いな批判やバッシングはやめて頂きたいと思います。

あくまでも例え話ですが、虐められて助けを求めている生徒に対し、「大丈夫、君ならもっと頑張れるはず。自殺した子もいるんだよ。まだまだ努力が足りないよ。その程度で弱音を上げるなんて恥ずかしい事。他人に甘えてばかりで駄目でしょう?自殺してから助けを求めなさい。」なんて声を掛ける様な人を私は好きになれませんし、その様な方に助けを求めるつもりもありません。

そもそも、“一般論”と言いますが、何を持って一般論と言っているのでしょうか?その一般論とは、貴方の中では一般論かも知れませんが、他の人から見たら、極めて個人的な、非常に偏った意見に映っているかも知れないのです。何事も断定はよくないのですよね。寄付金を募ったらアホでエゴというのも十分すぎる程“断定的”だと私は思います。

そして、個人的な意見だが、と書けば何を言ってもいいという事ではないと思います。「個人的な意見」を免罪符にして、この様な指摘をするのも、もしかしたらエゴなのかも知れないと考える事もできるのではないでしょうか?

以下、当該ブログより幾つかリンクを掲載します。

車の幅寄せで”集団ストーカー”なの???

それなら下の記事で紹介されている証言ビデオで語られている内容も、本当に被害と言えるのか疑う必要があるのでは?

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 被害者証言ビデオ

”集団ストーカー’に関してつぶやき

ギャングストーキングは演出?

あなたが貢献しなければ、他の被害者もあなたに貢献はしませんよ。

思考盗聴技術は現在存在しません。

思考盗聴技術は現在存在しません(続)

存在しません、って断言、断定していますよね。

あなたの脳は覗かれている -ラウニ キルデ博士

その一方でこの様な翻訳も紹介されています。ボランティアで翻訳されている事に関しては素直に感謝しますが。

被害者同士の信用とは

まず信用する事が大事と言いつつ、別の記事では、直接会った事のない人は信用しないと言う事も書かれていて、若干矛盾を感じます。確かに直接会って相手がどういう人なのか判断する事は大事だと思いますが、遠距離の場合、それが叶わない被害者同士もいます。むしろそういうケースの方が多いので、そうなると信用する人は非常に限定的になりますよね。被害者の会や街宣で顔を合わせる人のみとか。

断定した広報は辞めるべき

断定した広報は・・と言っている方自身が、何かと断定してしまっている様な気がしないでもありません。特にNGについては非常に断定的な意見を主張されていた事が発端となってこの記事を書く事になってしまったのですが・・。

以上、私のコメントも交えリンクを多数貼らせて頂きましたが、上記サイトの記事を読んでいると、何気にストレスが溜まります。なので、今後私が訪問する事はあまりないとは思います。

逆に下の、闇夜のカラスの右目さんの記事は素直に共感できます。
撤退戦ができるのかな? 古い犬「創価学会」は?

罪の意識が希薄というか、こんな風に人を陥れて平気になってしまう(楽しんでさえいる)とは、洗脳の恐ろしさ、カルト宗教の恐ろしさというのは、今更ながら背筋が寒くなる思いです。

どちらのサイトも更新が途絶えてしまっていて、寂しく思いますが、「ある日突然」の管理人の方、そしてかなり右より?の方の様ですが「闇夜のカラス」の管理人の方とは、向いている方向が同じだという感覚、感触が感じられます。いずれもお会いした事のない方ですが、文字や文章だけでも何となく分かるものですね。

逆に、実際の生活の中で直接会っている(顔見知りの)人は、信用できない人ばかりです。何故なら私に集ストをしているから。と言うか、人が変わっている様な気がしないでもありません。(別人?)

静かに創価を去るために・・ 様より。
今、こんな被害にあっていますコメントより

- - - - - - - - 転載 - - - - - - - -

えくぼ
2015年1月20日 15:25

はじめまして。私は一般の主婦で創価学会とは無関係の者です。他の宗教や政治団体とも一切関わりはありません。
そんな私がここに辿り着いた経緯をお話しします。

私は現在『集団ストーカー』犯罪被害に遭っております。報道される事のない闇に隠れた犯罪です。
全国各地で被害者が確認されており、その数は数千人とも云われています。
その集団ストーカー犯罪の加害組織として、創価学会を指摘されるかたが多いのです。
私の場合もおそらく創価学会が関わっていると疑念を抱いております。
そこで 内部の方はどの程度認識されているのか、またこの犯罪に実際加担したことがあるという方がいらっしゃるのかという事が知りたくて調べていたところ貴方のブログに辿り着きました。

いつのまにか理由もなく仏敵というものにされ、人為的に自分たちより不幸な者を作り、
仏罰?がくだったなどといわれるのでしょうか。

末端の信者さんたちは、創価学会の実態を知らされていない、知ろうとしないという事はブログを読ませていただき納得しました。
この犯罪は、実際裁判で争われています。今月末にも裁判が行われ、動向を注視しています。
ぜひ、内部の方の意見をお聞きしたいです。


流れ星
2015年1月21日 10:51

えくぼさん
わたくしは創価の集団ストーカー的嫌がらせに遭っていました。
それが不思議なことに最近ピタリと止んだので書き込むこともないかな、と思っていましたが。。

組織の人からは、そのような嫌がらせは一切ないです。
それよりも学会の中枢から?派遣されたようなならず者ばかりです。

選挙期間中や学会の友好週間などにはピタリと嫌がらせは止むので非常に分かりやすいな、という感じです。

主に付きまとい近くで気に障るようなことを賑やかしく騒ぐ言う、程度なのですが。。
もしかして?携帯で、わたくしの位置情報も掴んでいるか?と思うことも度々です。。

アンチブログで個人情報を頻繁に書き込んでしまったことと、他アンチブログで池田大作に関する禁忌な内容を書き込んだことによると思われます。
なので、皆さんもあまり個人情報に関することは書き込まないほうがいいと思われます。

わたくしは、この集団ストーカー的嫌がらせに遭うようになってから却って覚醒が更に進みました。
創価学会って、自分たちが正義と信じることなら、どのような悪も平然と行うんだな、と思ったら、ますます創価学会はカルト宗教なんだと思った次第です。。


signifie(管理人様のコメント)
2015年1月21日 13:09

えくぼさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
集団ストーカーに関して、私はまったくといっていいほど知りません。一度うちの近所の公園で集団ストーカー反対のデモ行進みたいなものを見かけたくらいですが、そのときも創価学会の名前はありませんでした。外から見ただけの印象ですが、こじんまりとした左翼系の集会のような雰囲気でした。ネットを見ても、なんとも怪しげなサイトばかりが出てきます。
いずれにせよ、このブログは「静かに創価学会から去るために」というテーマで、あくまで個人が創価の問題点に気づき、個人が創価を脱会するための情報を共有する場所ですので、とりたてて集団ストーカーについて言及する場所ではないと考えています。
えくぼさんが受けているという集団ストーカーの行為は、創価の問題に留まらない犯罪ですので、警察に相談なさってはいかがでしょうか。それ以上のことはここでは何も言えないと思います。どうかご理解ください。

えくぼ
2015年1月23日 13:54

流れ星さま、signifieさま、ご返答ありがとうございます。
私自身、被害に遭うまでは集団ストーカー犯罪の事は全く知らず創価学会の事も公明党の支持母体でなんとなく怪しい宗教団体という程度の認識でした。

嫌がらせの内容が、そんな事有り得ないと言われるような常識とかけ離れたものなので信じてもらえない事は充分承知しています。

内部の方の生の声が聞けて、創価は衰退傾向にあること、中には洗脳されていない普通の方もいらっしゃること、アンチな方がいらっしゃる事が分かり 少し希望が持てました。

長者番付の公表が廃止される前は、創価幹部や在日企業のトップがズラリと名を連ねていました。寄付されたお金に疑問を抱かれると困るのでプライバシーの侵害などと言い圧力をかけて公表を廃止させたんでしょうね。

部外者ですが、丁寧にレスして頂きありがとうございました。


signifieさんもご存知なかったのですね。つまり創価の中でも集スト部門という特殊な部門があって、それ以外の信者の人には知らされていないのだと思いますが、いずれにしても、この犯罪が一日も早くなくなる事を願うばかりです。

随分長くなってしまいましたが、最後にリンクを一つ貼って今回は終わりにします。

忌野清志郎の 過激な歌から

脳内音声被害で傷付き、海外に行きたいと願いながら、経済的な事情で無理だとわかり、絶望して飛び降り自殺をされてしまった弟さんの事が書かれた記事です。この犯罪への理解だけでなく、経済的な支援で救える命も少なからずあるのではないでしょうか。それを甘えという一言で片付けるのは、あまりにも酷だと思います。心が冷え切っているのではないかと思います。

色々と追加している間にまた取り留めもない内容になってしまいました。m(. .)m
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。いつも参考にさせて頂いています。有難うございます。ブログでの募金は個人の自由だと思います。募金とは寄付金を募る事なので集金とは意味が違います。寄付するかどうかは読者が決める事なので気になさらなくても良いと思います。どうぞお体を大切になさって下さい。応援しています。

2017/04/06 (Thu) 15:19 | 紅葉 #- | URL | 編集
No title

こんにちは。いつも参考にさせて頂いています。ブログでの募金は個人の自由だと思います。募金とは寄付金を募る事なので集金とは意味が違います。寄付するかどうかは読者が決める事なので気になさらなくても良いと思います。どうぞお体を大切になさって下さい。応援しています。

2017/04/06 (Thu) 15:21 | 紅葉 #- | URL | 編集
Re: No title

紅葉さん。

応援のコメントと、お気遣い頂き、ありがとうございます。

寄付金に関しては妙に風当たりが強く、その様な風潮を以前から感じていましたが、紅葉さんがおっしゃる様に集金ではなく、強制、強要ではなく、それこそ読者の方の自由なので、それ程目くじらを立てるものでもないと思います。なぜそこまで、しかも寄付などする気もない人が言うのか、逆に不思議に思います。

もう若くはないのでいつまで体が持つのかわかりませんが、自分が生きている間に少しでもこの被害を証明できたらと思います。ありがとうございます。

2017/04/06 (Thu) 19:27 | Rhea #- | URL | 編集
No title

気にすること無いと思いますよ
そう言えばユグドアを作ったのは所沢の会社らしいですね

所沢(多摩含む)は組織的嫌がらせのメッカであり、
普通の人も少しだけ存在する

こんな感じなんでしょうか

紅葉さんレスが重複というか、本当に書き込まれたか解らなかったんでしょうね

自分も今通信障害が酷く、毎回毎回そんな感じになります
レンタルルータのせいなのか、何らかの妨害電波なのか・・・

ため息の連続です

PS.最後の認証用キーワードさえ一発ではまず出てきません

2017/04/06 (Thu) 23:12 | inputer #Gls.umQA | URL | 編集
Re: No title

inputerさん。

コメントの投稿がすぐに反映されず、投稿されていない様に思えてしまう事があるかも知れません。更新すると多分見える様になると思いますが重複投稿でも全然構いません。

それでも、認証キーワードが出て来ない事があるのですね。
自分のブログに読者としてコメントした事がないので(当然ですが)そういう事があるのは知りませんでした。

ただNGキーワードがある様で、「とうさつ」を漢字で投稿するとNGになります。これは私達の様な「とうさつ」被害者にとっては使いにくい設定なのですが。

あと寄付金については、色々と言う人もいますが、紅葉さんやinputerさんが仰る様に気にしない事にします。色々と言われる筋合いのものではないと、今回改めて思いました。

ユグドアは埼玉の会社ですが、特に今の所問題はなく、対応もしっかりしている様に思っています。

2017/04/08 (Sat) 03:02 | Rhea #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する