ネットに繋がり一安心&阿修羅より転載

2日前の14日に突然ネットに繋がらなくなってから画像の投稿や更新ができなかったのですが、今日、USB接続のLANアダプターが届いて早速接続してみたら、無事にネットに繋がりました。

やはり内蔵のLANカードが壊れていた様です。しかしこんなに突然壊れてしまうものなのですね。証拠がないので断定はできないものの、もしかしたら何らかの攻撃を受けて壊された可能性もあるのではないかとと思っています。よくPCを壊されたという被害者の体験談も目にしますので、さもありなんです。

例の外付けHDDが2台続けて壊れてからPC本体の動作も不安定だったりしたので、その頃から何らかの集中攻撃があったのではないかと疑っています。しかし証拠がない事にはどうしようもありません。立証できなければどんなに被害を受けていても泣き寝入りです。

いずれにしても、ネットに接続できて一安心です。ケーブルを接続してブラウザを立ちあげる時はドキドキものでした。繋がらなかったらどうしようと・・。最悪、PCを買い換えないといけない事態だったので、本当にヒヤヒヤしながら接続して実際にネットに繋がった時は感動でした。

それだけネットに依存している自分を思い知ったのですが、実際ネットがなければ何もできないという事がよくわかりました。いくら自分だけで被害を確認しても何も解決しないし、世間に知らせる事も、情報を共有する事もできないのですから。

ネットは確かにプライバシーや個人情報を収集されるツールではあるのですが、それと引き替えに、情報を発信したり共有する為に、なくてはならないものとなっているのは確かです。

もし、ネットが使えなくなったら、自由にものが言えなくなったら・・、そう考えるととても恐ろしい事だと思います。

という事で、ネットに接続できない間に動画を2本ほど仕上げましたので、アップロードが終わったらまた埋め込みます。※ここに埋め込むか、新しい記事になるか未定です。

その間に、阿修羅からの転載記事をぜひご覧下さい。これは大袈裟な話でもなければ作り話でもありません。なぜなら私自身が同じ様な状況に陥っているから、本当の事だと分かるのです。削除される可能性もなきに死も非ずなので全文転載させて頂きます。

はじめに・・・(創価学会の集団ストーカー) 集団ストーカー関連 その10

- - - - - - - - 転載 - - - - - - - -
はじめに・・・

私が、当サイト「創価学会の集団ストーカー」を立ち上げようと思ったのは、自分の友人(Aさん)へのお詫びのメッセージと、全国にいる被害者のため、少しでも力になりたいとの思いからである。

10年ほど前、友人のAさんは、創価学会の「嫌がらせ」に遭っていたのだ。彼女とは朝方まで語り合う仲だった。当時、彼女には好きな彼氏がいたが、事情があり叶わぬ仲だった。

当時、彼女は、こんなことを口にしていた。彼は大金持ちだから、警察や弁護士を買収して、私の身辺調査、尾行、盗聴など行っている。部落中が私を監視している。隣の家の人も仕事に就かず、高級車を与えられている。想像できないくらいの人数が私を監視している・・・。と

また、Aさんが台所で、トントントンとキャベツを刻むと、その後、必ず、トントントンと隣から自分が出した音が聞こえてくるとか。視線を感じて、外を見ると、ドアの隙間から覗いている隣人と目が合ったとか。

Aさんが近所の雑貨店に行くと、集まっていた主婦たちが一斉に散らばっていなくなるとか。そのとき、彼女は一言こう言っていた。「この部落は私以外は全部、創価学会なのよ」と。その当時の私にとっては、創価学会はどうでもいい存在だった。関心もなかったので、そのことはすっかり忘れていた。

Aさんは言っていた。毎日、私の家の前の道路を、彼が暴走している。たまにバイクでの暴走もある。クラクションを鳴らして猛スピードで走り去る。夜遅い時間でも暴走している。彼は私に家から出てくるよう合図しているに違いないと。(彼女は騒音攻撃を彼の仕業だと思わされていた)

彼女には騒音攻撃が好きな彼からの求愛のメッセージとも受け取れたのである。彼はままならぬ恋に妬けになって毎日、毎日、同じ事を繰り返しているのだ・・・。と

私は彼女を尊敬していた。しかし、彼女のこういった話を聞く度に、疑問と反感を抱きながら、聞いていた。「プライドが高すぎて鼻持ちならない」と。

いつも会うたびに そのような事を聞かされていた。 しかし彼は何のために彼女に そこまで執拗な付き纏いをするのだろうかと・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あれから環境の著しい変化があり彼女との交流は遠のいていった。

そして6年の歳月が流れた・・・

2004年Aさんの娘さんから電話があった。「母が会いたい・・」と。彼女が東京にきたのだ。私は二つ返事で彼女を家に向かい入れた。上京してまもない彼女と積もる話がしたかった。一週間ほど経ったころ、近所に喫茶店がないか二人で捜し歩いた。その時、すれ違う人たちに彼女は「あの人も、この人も、全部、私を尾行しているのよ」と。「私たち二人が入る店に必ず、彼らも客を装って入って来るから」と。

「ここは東京よ どうして社会的キーマンでもないあなたを、そこまで金をかけて尾行しなければならないの? 芸能人じゃあるまいし・・」と私。Aさんは言う。「あの男(彼女の好きな彼)の家は並みの金持ちではない。私を尾行するのに億という金が動いている・・・など奇想天外ともいえる発想

私は腑に落ちない思いでしたが、しょうがないから家でコーヒーを飲むことにした。私の家でも彼女は窓から外を見て「今、黒い服を着て通り過ぎた女性ふたりは、様子を見に来ている」などと言い出した。

「またか」と思った私は、もう本気で怒ってしまった。「お願いだから、家に着てまで、変な事言わないで!」と 「あなた、おかしいよ 一度、心療内科に行って相談してきたほうが・・・」と説教したのだ。

離婚して、ゼロからの再スタートとなった当時の私。仕事もようやく見つかったばかりで心身とも余裕のなかった私。彼女をこれ以上、家に置くことは出来ないと思った。

Aさんの娘へ連絡して引き取って貰った。「お母さんを大事にしてあげてね 疲れているみたいだから・・」と。今思えば、何て酷い事をしたのだろうと悔やんでならない。今、私が、当時の彼女のような立場に置かれているのだ。彼女と違うところは加害者が創価学会員であることを確信している所だ。

当時、彼女自身、創価学会の「組織的嫌がらせ」に遭っていることを知らなかったようだ。彼女の口から、創価学会からの嫌がらせという事を聞いたことがなかった。しかし、10年前にチラッと彼女が漏らした「部落全体が学会員だ」と言っていたのを思い出して、Aさんの「なぞの言動」が溶けたのである。彼女は学会員をすごく毛嫌いするクリスチャンだった。

要するに彼女は典型的な創価学会の集団ストーカー被害者だったのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
創価学会の集団ストーカーに遭ってから3ヶ月後、沖縄に帰っているはずの彼女に電話を入れたが通話不能になっていた。彼女の友達にも電話したが知らないと言われた。Aさんの娘の携帯電話も控えてなかった。もう彼女の消息を知る手がかりがなくなってしまった。

今は、彼女に謝りたい気持ちで一杯だ。友人として最低な自分。彼女の無念さを思うと胸が痛い。彼女はパソコンと無縁の生活だ。ネット検索で創価学会の集団ストーカーの実態を把握することは出来ない。よって、今でも、好きな彼が、自分を尾行、監視しているのだと思い込んでいるかもしれない。

10年前、「家の電話は全部筒抜けだ」とか。 銀行行っても、郵便局行っても、スーパー行っても必ず尾行されているとか。「私を尾行するため、何万人という人間を動員し、何億円もの資金を使っている 警察も弁護士もグルになって」云々と言っていた彼女。

そのとき、私は「あなた何様のつもり」と内心腹が立っていた。なぜインテリの彼女が、時々、おかしな事を口にするのだろうと思っていた。精神分裂症の初期症状なのだろうか・・・と。

あれから私の生活環境も一変した。彼女との交流も遠のいていった。今、私の方が、かってのAさんと同じ状況に遭遇している。365日、24時間、加害者たちの盗聴や監視の中ハイテク機器を使った音声送信や、電磁波を使った様々な心身攻撃の被害に遭っている。

電磁波被害を受けている方の中には、「創価学会との接点は見つからない」とか、「学会だけではない。別の組織も加わっている」と訴える人たちもいる。また、北海道在住の会社経営者、(篠原俊幸:工学博士)も電磁波被害者である。

彼は、加害行為を行っていると思われる帝国データバンクと、そこへ電磁波攻撃を依頼した元勤務先の役員などを相手に日夜、戦っているようである。この場合、一見、学会とは無関係の電磁波犯罪だと思われるが、職員が3000名以上もいる帝国データバンクのことだ。リスクマネージメントに学会員が紛れ込んでいると考えるべきだ。参考HP(http://home1.tigers-net.com/~th003751/mc/index.html)

いづれにせよ、ハイテク機器を使った犯罪行為の母体は、創価学会がだと思っている。彼らは今から25年以上前から、いやまだ先かもしれない。既にハイテク機器を使って、嫌がらせ行為をしていたと思われる。今のようにパソコンで情報を検索して、実態を暴露する時代ではなかったから、また被害者も被害を実感できてなかっただけだと思う。

彼らの被害に遭ってから、過去に経験した不思議な出来事がオーバーラップしてくるのだ。当時、ある日から、突然、
1、原因不明の失声症になり、全く、声が出せない状態にされていたこと。
1、毎日、金縛りに遭っていたこと。(現在87才になる母親や兄弟(姉妹)たちだって経験がないという)
1、心臓の脈拍が勝手に速まり、何の原因もなく緊張状態に置かれていたこと。
1、トントントンと家の中を子供が走り回るような足音が日常的に目の前で起きていたこと。
1、人間ドックに入っても「異常なし」だったこと
1、声が出しづらい、全く出せないと、耳鼻咽喉科を訪ねたら、医師の方々に笑われた「声帯に異常はないのに声は出て当たり前、心療内科行くように」と。

集団ストーカー被害者たちが訴える原因不明の体の不調 謂れなきグッタリ感や疲労感、頻繁にできる口唇ヘルペス、 咳(風邪ではない)、頭痛、下痢、便秘、腰痛、ぎっくり腰など 25年以上前から 不自然に次々と絶えることなくあった。おかしい?とは思いつつ、原因不明の不調との戦いの日々に明け暮れていた。

口唇ヘルペス症状は 私の場合 赤く腫れて水疱となり やがて水疱がかさぶたとなり、ようやく治っていたのですが、しかし、すぐにまた まったく同じ症状に見舞われていた。数年続いていたと思う。今、あのときと全く同じ症状(唇じゃなくて手足に)が私や娘、孫の手足に出来ている。唇はシミ跡が目立たないが、手足だとシミ跡が目だって長い期間残る。
 孫の腕に出来たヘルペス症状。クリックしたら拡大します。

仲の良かった私たち夫婦が、止むことのない私の体の不調ですっかりギスギスした仲になっていった。余りの苦しさに離婚を決意 娘や息子のいる東京へ来た。

上京してからも仕事を転々 某会社では理不尽ないじめとリストラに遭い「東京連合」の支援で解決を図ったこともあった。

集団ストーカー被害者が電磁波犯罪の存在を知らないうちは、下記のような現象に日夜怯えることになる。

1、盗聴されている(電話のハウリング 自分の言動に合わせた騒音など)
1、尾行されている(実際、職場や行き先々で尾行を確認)
1、監視されている(365日24時間 家に居ても職場に居ても外出中でも異変)
1、盗撮されている(家の中での一挙一動に反応する異変)
1、パトカー救急車、消防車など緊急車両との遭遇(頻度とタイミングが重要)
1、音源がないのに音や声が聞こえる(本物の音声と違わぬリアルさ)
1、自分の思考が読まれている(加害者のことを考えた瞬間に騒音が起こるなど)
1、ヘリや飛行機が頭上に飛んでくる(頻度とタイミングが重要)
1、飛行船が飛んでくる(それを目撃させられるタイミングが重要)
1、仄めかし(自分しか知らないはずの出来事を仄めかされる)
1、被害者の行動を真似る(わざと演技をしてみて確認した)
1、電車が目前で発車するタイミングの悪さ(何十回もあり偶然ではありえない)
1、色攻撃(ブログなどの記事に取り上げた色、口紅や部屋のカーテンの色、庭に咲いた花の色などと同色が展開される。近所の洗濯物、車や歩く人たちのバック、帽子、靴など)


などなど数え上げればいくらでも出てくるのである

このような「おかしい現実」を警察で話すと「被害妄想でしょう」とか「偶然でしょう」とか「別に気にしなければいい」とか「統合失調症かもしれない」とか言われるのである。

役所の相談窓口も地域の民生員も警察官も、創価学会員が連携をとって被害者を追い込んでいく仕組みだと思われる

また創価企業である精神病院もコンビニや「松屋」なども連携しているようだ。被害者を八方塞り状態に追い込んでいくのである。

25年前(記憶は定かではないが)の身辺に起こっていた怪奇現象、上京して3度の転居先で起きていた怪奇現象、今、点と点が結びついてきた。悪に鈍感な私もようやく、彼らの犯罪に気がついた。創価学会の犯罪だと分かるまで ほぼ25年かかったことになる。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2007年10月ごろ
私は一週間に3日ほど娘の家に通っていた。孫を習い事に連れて行くためである。しかし、私が行くと、電磁波攻撃が酷くなるので行かない事にした。楽しく夢のある生活が、創価学会の集団ストーカーで魔界のようにされたのだ。

被害の再開をはっきり意識しだした1つの出来事は娘のアパートである。娘のアパートの上階に住む学会員が 突然総会への誘いのハガキを持って訪ねてきた。連れの女性がはっきりと「創価学会です」と言った。

その総会を無視したのをキッカケに おかしなことが起こり始めたのだ。つまり集団ストーカーが始まったのである。しかし、よく考えてみると これまでの経緯からして それら(総会へ誘うなど)は意図的な加害行為のタイミング作りだった可能性が高い。

創価班の牙城会とやらに嫌がらせを依頼したのは上階のK夫婦である。つまりK夫婦が仕掛け役を引き受けたのである。夫婦とも「元ヤンキー」って感じだ。こちらが笑って挨拶しても睨みつけて威圧的態度を取る。K夫婦は娘と同じ年頃だ。

盗聴・盗撮を仄めかすK夫婦の異常で不審な動きに疑問を感じながらも寛大な態度を取り続けてきた。今思えば、彼らは最初から落とし穴を作ってひたすら落ちるのを待っていたのだ。悪に鈍感な私たち親子が、ようやく気づき始めたのは引っ越してから2年目である。

加害者グループは孫たちにも、真夜中から朝まで電磁波を送り続けている。娘がビデオで取り続けている。最近は孫二人とも急に「痒い」とか「お腹が痛い」とか「歯が痛い」とか「足が痛い」とか言って騒ぎ出すらしい。しばらくほっとくとケロリとしていると。感覚伝送である。

感覚伝送とはいえ、本当に痛がったり、痒がったりして、転がり込むのだから殺人未遂である。娘からのメールで始めて知ったが、10月下旬(2007年)ごろ、保育園で買ったばかりの孫の寝巻きがなくなり、園内で張り紙などして大騒ぎになったらしい。1週間後、近所の家の前の沿道の草木に置かれていたらしい。

学会員が内部に入り込んで「嫌がらせ」をしているのだ。園児の親なのか、臨時職員なのか、犯人を特定するのは難しい。彼らは学会員であることを絶対に秘密にしているからだ。

また、娘も派遣社員だが、何の理由もなく首になったらしい。よく調べたら、学会系でブラック企業に揚げられていた。創価学会を一日も早く潰さないと日本が危ない。若者が罠にはまって地獄へ落ちる。創価学会の加害者たちの最終目的は、ターゲットを自殺に追い込むか、精神病院送りにするか、無職に追い込み社会的に抹消するかである。

他の被害者たちから私のホームページのタイトル「創価学会の集団ストーカー」がズバリだから「やばい」と言われるが、冗談じゃないと思っている。彼らの犯罪が確実なのだから、声を高々に社会に創価の犯罪を訴えていかなければならないのだ。

管理人より

2010年2月4日 一部加筆修正


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する