「近隣 ストーカー」の法律相談

本ブログには憶測や推察、仮説も含まれます。また修正や追記等が頻繁に行われる事に加え、個人的内容も含まれる為、転載はご遠慮下さい。

リンクは可ですが、画像と動画の流用・転用・転載・第三者による無断配信は禁止です。

尚、集団ストーキング被害の訴えを病気や妄想扱いするサイト及び2chを始めとする匿名掲示板等については、タイトル、タイトル下説明文を含む本ブログ内の如何なる文章、画像、動画の転載、引用及びリンクを禁止します。プロキシサーバーを悪用した迷惑行為も禁止します。

他の方の著作物からの転載、引用及びキャプチャー等を除き、本サイトで公開している内容の著作権はサイト運営者に帰属します。

迷惑コメントはIPを公表し、当該IPからの閲覧およびコメント禁止設定にします。

今、少しネットを検索していて目にしたページをご紹介します。

弁護士ドットコム
「近隣 ストーカー」の法律相談

ほらね、恋愛感情なんて関係なく、近隣からストーカーされて困っている人がこんなにいるじゃないですか。

今日現在で399件もの相談があるという事ですが、こうした事から、ストーカー行為というのは決して男女間の恋愛感情のもつれや好意が満たされなかったから発生するというのではない事は誰が考えてもわかる事です。それを、ひたすら妄想や精神の病で片付けようとする人達って・・・。

とは言っても、この中には明らかに日本語がおかしい、意味不明な質問もある事から、こうした質問自体を、ちょっと頭の足りない人間や普通ではない人が相談する内容だと思わせる為の印象操作ではないかと思える相談もありますので、何割かはこうした印象工作目的の質問も紛れ込んでいる様に思います。

また同相談には、「何もしていないのにストーカーだと疑われ、近隣で噂になってます。」という内容も見られ、二次被害が発生している可能性もあります。

つきまといをやめさせるために裁判をおこすことは可能か

この相談者の方の母親が加害者でないのなら、残念ながら集スト被害者による被害が発生していると言わざるを得ません。それとも実際には加担者であって、息子さんがそれを知らないだけなのかも・・、とも思ったのですが、加害者の場合、家族全員が加害して来ますので、やはりそうではなさそうです。それとも印象操作の為の書き込みなのでしょうか?

いずれにしても加害者(近隣ストーカー)かどうかの判断は慎重にしないと、見る人見る人全てをストーカー扱いしていると受け取られても仕方のない面もありますので、記録などをしっかり取ってその上で言及しないと、被害者全体の信用を落としかねないばかりか、無関係の人まで巻き込んでしまう事になります。

それを避ける為には、その人物がいつどういうタイミングで現れるのか、その頻度や確率などから加害者と言えるのかどうか、世帯主が仕事をしているかどうか(仕事をしているなら、日中の中途半端な時間に目にする事は希なはず)、深夜など不自然な時間帯にも関わらず遭遇(目撃)する事が頻繁にあるかどうか・・、などの観点から冷静に判断した方がいいのではないかと思います。

例えば私のケースでは、ただ単に緊急車両をストーカー扱いしているわけではなく、緊急車両が車庫に戻るのにサイレン&赤色灯はおかしい、火事もないのに団地に消防車や警官が来るのはおかしい(PA連携だとしても、事件や事故が発生した様子も全く見られず不自然)、救急車に急病人が歩いて乗り込むのはおかしい、自分の駐車場が空いているのに路駐は明らかにおかしい、集配する場所もないのにこんなにトラックが走り回るのはおかしい・・・という明確な理由と根拠があるので、その様に指摘をしています。

それと、1回だけなら保留、2回、3回と続くなら“容疑者”、何度も繰り返し続くなら“確信犯”・・という様に段階を追って判断する様にしています。私の場合は殆ど外出しないので、団地の周辺のみを観察している為、比較的、判断しやすいという事もあると思います。(しかし最近では自宅にいるだけで立てこもり犯として通報されてしまい兼ねないので、引きこもり生活も安泰ではありません。)

また、計測器などで計測可能であれば、それを根拠とする事もできます。異様な電波が出ていたとか、音声が録音できたとか。

そうではなく、ただ見た目が工作員っぽいから、とか、○○人顔だから、目の前で携帯電話を見ていたから・・、という理由だけではやはり根拠に欠けます。こういう言い方は私も抵抗があるのですが、被害者が加害者になってしまっているかも知れず、身に覚えのない濡れ衣を着せられて困っている人もいるかも知れません。

確かに外国人の加害者も多いのですが、それだけで断定してしまうのはちょっと強引すぎますし早計すぎると思いませんか?私情や独断や偏見が入る余地が十分すぎる程あり、まさに今、被害者である私達が危険人物だのテロ予備軍だのと一方的にレッテルを貼られ、店舗に入れば店員が警戒態勢を敷き、要注意人物扱いされている様に・・・。

幸い集ストには加害者特有の仕草や行動パターンというのがありますので、少なくともそうした集スト特有の傾向や特徴が繰り返し何度も見られる場合には、加害者(ストーカー)だと言及してもいいのではないかと思います。

そうしないと、地道に記録を取って来た人達の努力さえ水の泡になってしまいかねません。これは私からのお願いでもあり、そして私自身に対する自戒でもあるのですが・・。

同サイトより
つきまといなどのストーカー行為による慰謝料や示談金の相場

(上のリンクを設定していたら、すごい暴走車両が走り抜けました。)

この記事によれば、単純な平均金額だけ求めると、150万円程度だそうです。

一人につき150万円という事は、加担した人数を掛けると相当な額になります。しかし、今までの執拗な付きまとい、嫌がらせ、盗聴、盗撮、ハッキング被害、住居侵入、窃盗、器物損壊、風評被害、個人情報漏洩などを考えると、とても150万円ですむ様なレベルの話ではありません。

大の大人でさえ自殺に追い込まれる程の事を、寄って集ってやって来たのですから。そして今も続けているのですから。

仮に身体的な接触がなかったとしても(集ストの場合はそうした被害はまずない)、顔見知りから見ず知らずの他人までもが共謀して付きまとい、公務員(警察・消防)や、時には入れ墨をちらつかせたヤクザ、暴力団まで姿を見せて威圧して来るのですから、例え身体的な接触などなくても、被害者が受ける精神的なダメージは計り知れません。

また仕事が出来なくなったり離職したりして経済的なダメージも深刻です。電磁波などのハイテク加害による身体的ダメージも相当なものです。ガンを誘発させたり頭の血管を詰まらせたり心臓を止めたりする事だって、やろうと思えばいつだってできるでしょうに。はっきり言って殺人行為ですよ。これは。

私の歯に無断でチップを埋め込んだりしていませんよね?○○先生。

また、プライベートな映像(盗撮映像)がどこかで流されたり売買されている可能性が非常に高く、トゥルーマンショーの様に生放送されているであろう事を考えると、慰謝料もそうですが、刑務所に入らなければならないレベルの話です。

というかこういう人達から慰謝料をもらっても、そんな汚れたお金は受け取りたくないというのが正直な気持ちです。放置、容認、黙認した国の責任でもありますから、国家賠償が妥当だと思います。

また加担者には然るべき刑を受けて欲しいと思います。またそうでなければ、とても法治国家とは言えません。警察も裁判所も弁護士も何をしているのかという疑問、疑惑の目が国民から向けられても仕方がないと思います。

近所の人の村八分的な雰囲気作りや近所の人の室内からから室内へのストーカー的な監視について

この方は明らかに集ストですね。私の状況とも似ています。私は集合住宅ですが、団地ぐるみで嫌がらせをして来ます。そこに近隣住民、消防、警察、JP、企業なども加担しています。

この方の質問を読んでいて思い出したのですが、そう言えばよく電車の走る音が早朝などに聞こえていました。駅から何十キロも離れているのに・・。

ただその当時は、早朝で外が静かだから聞こえるのかな、程度にしか思っていませんでした。今は寝ている間もずっと耳栓をしているので分かりませんが、たまに寝ている間に耳栓が外れていると、途端にドアバン、車の発進などでノイズ攻撃をしてきます。しかも、耳栓が外れていたり窓が開いている時にはむきになって仕掛けて来るので、そういう事も全部把握されているのです。

そして目が覚めた瞬間に壁ドンが来ます。つまり単に位置情報だけでなく視覚情報や脳の覚醒状態に至るまで、私の生体情報の全てが筒抜けだと分かるのです。盗聴や盗撮だけではその様なタイミングでノイズを発生させる事は不可能です。

また視覚情報が盗まれている様なのですが、なぜそれが分かるかと言うと、私がそこに視線を向けた瞬間に車のライトが点灯する・・という様な事が何度も発生している為です。しかも山の中腹とか山頂に近い場所だったりするので、あれは一体どういう事なんだろうといつも不思議に思っています。そして目隠しシートのわずかな“ほつれ”の部分に目線を向けた瞬間に、車のブレーキランプが目に入ったりいつもの住民が通過したり・・、その0、1秒程度の刹那的な一瞬に、私の視界に確実に入るなど、普通の人間がやろうとしても、そうそう成功するとは思えないのです。まさに神出鬼没、神業の様なタイミングなのです。

それにしても弁護士の先生方の回答が何とも簡素というか事務的というか実情をご存知ないというか・・。これでは何の解決にも繋がらない様な気がします。あなたが引っ越すのがベストって、引っ越してもその引っ越し先でまた始まりますよ。それが集ストですから。

また差止請求するにしても損害賠償請求するにしても、ストーキング行為があった事を証明する責任が被害者に生じます。その確たる証拠が用意できないからこそ、私達の様なターゲットは一生被害から逃れる事ができず、そして受ける損害が甚大になっていくのです。また、加害者達はそれを逆手に取って、というかそれを承知の上でこの様な完全犯罪を遂行しているのです。犯罪として検挙され、処罰されないのをいい事に今日もやりたい放題。このジレンマこそが全てを物語っていると言っても過言ではないと思います。

何とも卑怯で卑劣な手を使って、無力で無抵抗な人間をいたぶり、スローキルで葬り去るのです。持っているもの全てを奪いながら・・。

まぁ私はこういう事をしているのは同じ人間ではないと思っています。人間が同じ人間に対してここまで残酷な事をするものだろうかと、そんな事ができるだろうかと、ずっと疑問に思っています。

下の動画でもハラスメントとかストーキングの話が少し出てきますので良かったらご覧になって下さい。RHネガティブの事も、もちろんレプについても。



このMIBの方ってひょっとしてひょっとするかも。。時々音声が変になるので??と思ったのですが、それ意外にももしかして・・と思う点があります。そうであっても、この方は善意の方なのだと思います。



集ストを否定しているのかと思ったら意外にも肯定的な内容でした。部分的に異論はありますが、同意できる部分もあります。無視しようと思っても完全に無視しきれるものではありませんが、全てに反応していたら気がおかしくなってしまいますので、無視する所と、敢えて無視せずしっかり記録に残す所のメリハリを付ける事が大事なのかも知れません。そして記録したものを活用する事も重要です。記録して終わりでは宝の持ち腐れですから・・。ただし、リスクもありますので、あくまでも自己責任で。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する