海外でも盛んな隠蔽工作と6/10の記録

精神病という事にして隠蔽する手口は世界共通。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

この動画、再生回数がすごいと思って視聴してみたら、何の事はない、隠蔽工作の動画でした。



このサムネイルのシーンにも悪意が滲み出ていますが、TIの人が公開した動画を引用しながら、いちいち否定の為の講釈を垂れています。タイトルのInsanity=「精神病」。もうこれだけでお分かりだと思います。

被害妄想、精神病、パラノイアなどと言いたい放題言っていますが、全く馬鹿げた動画です。

しかも公開されて1週間足らずでこの再生回数と高評価の数、どう思われますか?個人ユーザーというよりも組織的に、この動画で説明されている事が真実だとミスリードしているのが分かります。



再生回数11万6千回以上、今日は11万7千回に増えていました。
一日で1000回も視聴回数が増えています。
そして高評価が5750。

これ、どう考えても組織的ですね。

すごい、すごい、この動画は正しい事を言っている!!
こんなにも多くの人が賛同している!


そう世間に思わせる為に、加害者達がせっせと視聴回数を増やし高評価を押して演出(捏造)しているのです。

日本もそうですが、海外もギャングストーキング犯罪の隠蔽に必死の様で・・。

ふざけるな、でございます。

被害者を精神病扱いするのは、日本も海外も同じ。
そして工作員の公開した動画に一斉に高評価が付く。
少なくともこの高評価の数以上のストーカーPERP、及び隠蔽に雇われた工作員がいると考えても差し支えないと思いますが、それともGoogleが操作していたりするのでしょうか。

海外のTIの方の動画でも、「Fake TI」とか「False TI」という単語が出て来ますが、本当の被害者、なりすまし被害者、そして隠蔽工作員の三つ巴状態のカオスになっているのは、この日本と全く同じ様です。

本物のTIの人をdisっている動画にも、FalseTIが紛れ込んでいたりして、相当ややこしい感じになっています。私が海外の動画を見ていてFalseかなと思うTIの人からは、何となく違和感を感じる、本当に被害に遭っている事が伝わって来ない、共感しない、心が動かない、どことなく加害者っぽい・・・そういう漠然とした印象を受けるのですが、これが案外当たっているのではないかと、我ながら思っています。


※動画が削除されていた為、ここから先は少し分かりにくくなっていると思いますが、海外にも偽TIがいるという事について書いています。

日本に偽被害者がいる様に、海外にも偽TIが増えている様です。

本物がいれば偽物が現れる。
これは当然の成り行きです。

偽被害者とか言う人は・・・と反論もありそうですが、こればっかりはどうしようもありません。それとも指摘しないでいたら、解決するでしょうか?

同じ被害者を疑うなんて・・・、と非難されたり陰で悪く言われたりするのかも知れませんが、それを恐れていては何も解決しないと思うので、時々はそういう事も書いています。具体的に誰それが、と言うのは余程確信的な根拠がある場合は別として、かなり慎重にならざるを得ませんが、そういう人がいるという大雑把な指摘は必要だと私は思っています。

真の被害者の活動(言動)を妨害し、足を引っ張り、時間稼ぎをしたりスピンする事を目的としている成りすましと同列に扱われてしまうのは、本当の被害者にとってはデメリットでしかありません。被害者以外の人から見たら、皆、同じに見えるかも知れませんが・・・。

また、この動画の中でも投稿者の方が、同意を得ずに動画を悪用されたという様な事を主張されていますが、多分、冒頭の動画主の様な輩が勝手に自分の動画に使用して、的外れで愚かなスピン(隠蔽)工作をしていたり、宗教、またはニューエイジムーブメントの宣伝か何かに使われたりしているのではないでしょうか。

こちらの方はご自身でも明確に否定されていますが、その様なものとは関わっていらっしゃらない方です。本人の意志に反し、自分達に都合良く歪曲して宣伝に利用するというのは実に腹立たしい限りです。

それと、impostersTIが存在する理由の一つとして、まさに冒頭の動画主の様な隠蔽・否定工作員または論者に反論させるための「材料」や「口実」を与える為に存在していると言っても過言ではないと思います。

ほら見てみろ!

Targeted Individualを自称している奴らはこんな馬鹿な事を主張しているんだぜ。

普通に生活している人を端からストーカー扱いして、頭がいかれているとしか言いようがないだろう?

これがインターネット上で集団Insanity(精神病)を発病している奴らの正体なのさ。

まったく馬鹿げているよ。


この様なネガティブキャンペーンを展開する為に、否定論者とimpostersTIとは、表向きは対立している様に見えて、実は通底しているのだと思います。と言うより、間違いなくそうでしょう。

だから同調圧力や批判を恐れてスルーするだけでは、この犯罪の解決や根絶には決して繋がらないと私は考えているのですが、それがNGだと思う方は思って頂いて結構です。

同調圧力 - Wikipedia
同調圧力(どうちょうあつりょく、英: Peer pressure)あるいは仲間集団圧力(なかましゅうだんあつりょく)とは、地域共同体や職場などある特定のピアグループ(英: Peer group)において意思決定を行う際に、少数意見を有する者に対して暗黙のうちに多数意見に合わせることを強制することを指す。

少数意見を有する者に対して態度変容を迫る手段にはさまざまな方法がある。少数意見を有する者に対して物理的に危害を加える旨を通告するような明確な脅迫から、多数意見に逆らうことに恥の意識を持たせる、ネガティブ・キャンペーンを行って少数意見者が一部の変わり者であるとの印象操作をする、「一部の足並みの乱れが全体に迷惑をかける」と主張する、少数意見のデメリットを必要以上に誇張する、同調圧力をかけた集団から社会的排除を行うなどである。

今更に思うのですが、これ結構あると思います。もしかして私も知らず知らずの内にやってしまっていたかも知れません。

被害者はこうあるべき
こうあるのが望ましい
もっとこうした方がいい
こうすべきではない
~するのは良くない
こんな事を言うなんて
こういう事をするのは被害者としてNG
・・・etc


全てとは言いませんが、日常的によく目にするこうした意見やアドバイスは、意識的であれ無意識であれ、また相手の事を思って言っている場合であっても、他人にそれらを強要・強制するという意味に於いては、その本質は同調圧力である事に気付いていない人も多い様に思います。

あなたの為、みんなの為、被害者全体の為・・と言いつつ、自分の考えや意見に同調させたいという欲求が隠れている事が多い様に思います。

同じ被害者である事を理由や免罪符にして、行きすぎた全体主義になってはいないでしょうか?

~すべき、という言葉は、この犯罪に関わっている者達、及び、その存在を知りながら見て見ぬ振り、若しくは加担(主導)している警察や国、行政に対してこそ使う“べき”言葉ではないかと私は思います。


話を戻します。

海外のTIの方はよくdemon(悪魔)やレプについて言及される方もいますが、私も全く同感です。Gang Stalker達は、人の形をした悪魔でありエナジーバンパイアであり、人間にパラサイトしている邪悪な存在。

おそらく人間ではないと思います。
色んな意味で・・。

一日も早くこの狂った犯罪者、サイコパス達が検挙されるか、若しくは行くべき所に行きます様に。

---

ここからは私の被害報告です。(エントリーを分けた方がよかったかも)

今日もサイレンが鳴って撮影に出ると、先日公開した動画と同じメンバーが出てきました。

一人はS塚

もう一組は老夫婦。

この公開済みの動画に同じメンバーが出てきます。


上の動画に使用している静止画像。

この老夫婦はどの部屋の住人か不明。最近、K林の姿を見かけないのでその後に入居した住民かも知れません。








こういう風に撮影をしていると路駐して部屋に戻るPERP達。


常連のS塚




動画の中で私が思わず、「付き纏いやめなさいよ!」と言っている人物がS塚ですが、この人は本当にしつこく出てきます。息子のR也と親子で付き纏いをして来ます。そればかりか、時折その親も姿を見せますので、親・子・孫の3代にわたってストーカーに加担しています。あるいはそれ以上遡るのでしょうけれど、これはもう家業の様なものだと思います。というか、特別な“血筋”なのかも知れません。Blue Bloodとか何とかだったりして・・。

それにしても、こうして記録と検証を重ねる程に、路駐する人物と付き纏い常習者は見事なまでに一致している事がわかります。

路駐車両に注意を引きつけておいて、その僅かな隙に姿を見せるのです。そうまでして自分の姿を意識させたいのかと思うと心底うんざりしますが、これを証明しない限りこの人達がストーカー行為を止める事はないと思います。ここにいる限り、こんな風に付きまとわれて生きるなんて冗談ではありませんが・・。

今日の画像や映像は、また準備ができた所で公開します。

その後、あるハプニングがあって、下に降りていくと、今度は311ナンバーに乗った婦人部?U原が、また同じシチュエーションで登場。更に共有玄関をに出た所で666が駐車場に入って来ました。

まだ画像が作成できていない為、以前の画像から。

私がゴミ出しに出ると、同じタイミングで一斉に出てくる住民。


一番手前にいるのがU原


例え時間が1時間2時間ずれようとも、同じタイミングでゴミ出しに出て来ます。


娘が出掛ける時も、至近距離ですれ違う様にタイミングを合わせて出て来て


外出を装い車に乗り込みます。左側に娘がいます。




今日もそうでしたが、部屋を出て、共有階段の窓からふとこの場所に視線が向いた瞬間に、このピンク色の着物を着たU原が車を降りて部屋に歩いていくのです。全く同じシチュエーション、全く同じ光景を見るのは確か今日で3回目だと思いますが、そんな寸分違わぬタイミングで、何度も何度も同じ光景を見てしまう事の方がおかしいのです。

その内1回は撮影できませんでしたが、2回目の時は撮影もしています。そして今日も撮影していますので、幻想でも幻覚でもありません。

下の画像は、私がベランダに出たタイミングで何らかの方法で意識させられ、駐車場にカメラを向けた時のもので、今日と同じ666ナンバーの車に乗り込む住人の姿です。(ちょっと影に違和感があります)




この様に、私がベランダからカメラを向けたタイミングや、下に降りて行った時を絶対に逃がすまじと、同じメンバーが次々と姿を見せるのです。

最近はサイレンが鳴った時くらいしか撮影に出ないのですが、今日は直前まで鍵付きツイートで投稿していて、慌てて「サイレン」とツイートしてからベランダに出ました。



そして撮影を終えて戻ったタイミングで、下に続くツイートを投稿しました。


日時は 8:56 - 2017年6月10日

今回も、見事にこのパターンです。

サイレンが鳴る

撮影に出る

いつものメンバーが出入りする


私のフォロワーさんでしたら、この前後のツイートをリアルタイムでご覧になっていた方もいらっしゃると思います。その方々は、私がそれまでツイートをしていた事をご存知のはずですから、私がこの様なシーンを撮影する為に、ずっと外を見ながら待ち構えていたりだとか、あるいはずっとカメラを回していて、そういうシーンだけを抜き出して自作自演で「被害報告」として公開しているのではない事はご理解頂けると思います。

決して誇大表現でも捏造でも作り話でもありません。

そして撮影を始めると、いつもの面々が入れ替わり立ち替わりに姿を見せるのですが、こんな偶然が何年にも渡って続くはずがないじゃないですか。しかも姿を見せるのは特定の住民達ばかり。

それと、路駐常習犯の40-25などは、あの場所にずっと路駐したままなのに、最近は、私が撮影に出ると車を移動する様になりました。それだって偶然にしてはあまりにもタイミングが一致しすぎです。誰がどう考えてもおかしいのに、それをおかしいというと、お前がおかしいと言われる。何という狂った世の中なんでしょう。

はっきり言いますが、
これ、偶然なんかじゃありませんよ。
明らかにストーカー行為です。

私の私生活の全てをのぞき見しながら、私が意識するタイミングに必ず現れるストーカーPERP。

1000%あり得ないとは思いますが、仮に司法がまともだったとして、今までの事を全てひっくるめて裁かれた時、一体この人達はどれだけの罪に問われ、どれだけの刑が確定するのでしょうか?

累計すれば、無期懲役、または死刑相当かと思いますが、多分に私の“裁量”と“願望”が含まれている事を申し添えておきます。

そんな犯罪者達が、普通の市民や住民の顔をして、今日も平然と生きています。

多くの人の命を奪い、多くの人を不幸と絶望の淵に追いやりながら・・・。

この人達の犯罪が一日も早く白日の元に晒されます様に。
そして今までの報いを受ける事を心の底から願っています。

下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/11 (Sun) 12:10 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する