正真正銘のサイコパスまたはソシオパス

暴走族がずっと貼り付いていてとにかく鬱陶しい事この上ないのですが、このサイコパスどもは死ぬまでやめないのでしょう。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

昨夜2時過ぎ、寝ようと思って寝室に行くと、窓が少しだけ開いていました。(犯人はわかっていますが・・)
それで窓を閉めようとして窓際に近づいた途端、バイクのエンジン音が聞こえてきました。

私が窓際に歩いて行くのと完璧にタイミングを合わせて近づいて来たその暴走族風バイクのエンジン音には聞き覚えがあります。おそらくこの時のバイクと同じです。



こんな深夜まで、私が寝室に行くその瞬間をひたすら待ち続けていたというのでしょうか。そうであれば、これ程気味の悪い事はありません。

私の生活にプライバシーなど一切ないのだ、

部屋の中での生活の一部始終を、一体どれだけの人間が見ているのだろう

そういう者達の見せ物になりながら、それでも生きていくしかないのだろうか

こんな狂った者達が普通の住民の顔をして、平然と生きているなんて・・・


そう思うとすっかり眠気も飛んでしまい、暫く寝付けずにいたのですが、それでも漸く眠れそうになったその瞬間に下の部屋からドンというノイズ。

朝起きた瞬間にもこの「壁をドンと鳴らす音」が聞こえてきますが、周りの部屋の住人も、こんな時間まで私の生活をじっと覗き見しながら、ひたすらその瞬間を狙っているのかと思うと、また頭に来て眠れなくなってしまうのです。

そして寝たのか寝ないのかわからない様な状況で朝を迎え、当然ですが疲れなど取れるはずもありません。

これが私の日常なのですが、こんな状況で心穏やかな生活なんてできるでしょうか。

例え一時被害の事を忘れていたとしても、一日に何度もその様な事を思い出して、・・というより思い出す様に仕向けられるのですが、その度に、この半ば監獄生活の様な自分の置かれた状況を、嫌でも思い知らされるのです。


両脇にしこりが出来て、それが良性なのか悪性なのかは分かりませんが、こんな状況になってもまだこの犯罪者達は加害行為をやめようとはしません。むしろ追い打ちを掛けるかの様に、そして私の破滅を楽しんでいるかの様に、嫌がらせや付き纏い犯罪に興じているのです。

だから私も口を閉ざす事ができません。

寧ろ、言いたい事も言えない、書きたい事も書けない、ただ黙って耐え続けるのは、逆にストレスが溜まるだけなので、こうして書ける間は書き続けようと思います。誰にもそれを止める権利はありません。そして捌け口は必要です。私は自分のブログをその捌け口としているに過ぎません。

それに今まで撮り溜めてきた映像も、ただ撮影して終わりでは、一体何の為に私はこんな嫌な思いをしながら、これらの映像を撮影して来たのかわかりません。この被害を証明する為に、そしてこれを少しでも世間に知らしめる為に、こうして状況証拠としての映像を撮り続けて来たのです。心の中で悔し涙を流しながら・・。

それ以上に、こんな事をする人間を、私は決して許す事はできません。同じ人間だと認めたくもありません。

この者達は、正真正銘のサイコパスかソシオパス、そして悪魔の心を持った者達。そんな者達とは一切関わりたくもないのに、向こうから一方的に、そして執念深く関わってくるのです。しかも何処の誰かも分からない、名前も知らない者達や、日本人ではない者達までもが組織的に動いているのです。

そして死ぬまで追いかけ回される・・だからこそストーカーなのですが、その様な者達に狙われる恐怖、不気味さはとても言葉だけでは言い表せません。

毎日こんな状況なのに、気にしないでいるなんて、少なくとも私には無理な話です。

気にしない様にしていても気になってしまうのに、強引に気にさせられるのに、それに更に追い打ちを掛ける様に「気にしすぎ」、「気にしない方がいい」などという言葉は、どうか私には掛けないで欲しいと思います。

誰かに言われるまでもなく、極力気にならない様に防御はしているのです。その防御を破って私の精神と生活と人生に不当に介入して来るのが、この常軌を逸した気狂い達の本性であり、ありきたりな自己防衛など、いとも簡単に突破されてしまいます。

この気狂いどもに一度(ひとたび)目を付けられたら、余程幸運な場合を除き、逃げる事なんてできません。或いは向こう側に寝返るか。でも私にはそんな事はできません。そんな事をするくらいなら、このまま被害者でいた方がましです。私は最後まで人間として生きたいのです。人間として生まれながら、人を殺め、あるいは自殺させ、気が狂う程の苦痛を与える事を自らの喜びとする様な悪魔と化して死んでいくのなら、何の為に生まれて来たのかわかりません。

他人の命で遊び、他人の命で金儲けをし、他人の苦痛や死が自らの喜びになってしまったら、例外なくその人物は狂っています。人の姿をした獣。悪魔の化身。

被害者に向かって「おまえは統合失調症だ」、「さっさと入院しろ」と暴言を吐く加害者達。

精神を病んでいるのは果たしてどちら側でしょうか。

答えは言うまでもないでしょう。

集団ストーカーなどという、およそまともな精神を持った人間には継続不可能な、野蛮で卑劣な(性)犯罪行為が、何の躊躇も後悔も自責の念なく普通に出来てしまう者達こそ、著しく精神を病んだ者、あるいは人格異常者に違いないのです。

君は大丈夫?サイコパスとソシオパスの恐るべき特徴

「良心とか後悔が私には一切ない」――サイコパスと混同されやすいソシオパス(社会病質者)とは?

ソシオパスのガスライティングとは

ストーカーは病気と言えるか?個人的考察

直前の記事はなかなか興味深い、というより考えさせられる記事です。加害者を病気扱いしていいものかという問題もそうですが、それ以上に、ストーカー被害者を精神病扱いする社会や精神医療業界こそ、まともではないと思います。

警察に対する指摘は全くその通りだと私も思います。もっと言えば、警察は知らない振りをしていますが、本当は知っているのです。そもそも自分達も集団ストーカーをしているわけですが。。



この動画の中でセルシオのお話が出て来ますが、セルシオに乗っている警察ヤクザがいるのだそうです。私もこの犯罪の被害を自覚してから、必死になって調べる程に、警察とヤクザの区別が付かなくなっているのですが、この団地で路駐を繰り返しているセルシオもおそらくその手の人物なのだろうと思います。








もしかしてナンバーを付け替えているんじゃないかと思う事もあるのですが、真相は分かりません。

あと地元のNシステム?の画像がありますので掲載します。



サイコパスの検索で見かけた被害者の方のブログより
サイコパス

同じ方の直近の記事。
ガン治療 必見です❗️

もし私の脇のしこりが癌だった場合、治療を受けるかどうしようかと迷っているのですが、やはり治療を受ける事には抵抗があります。いっその事、何もしないで放置しておこうかとも思います。

以前入院した時も、医師や看護師の態度が冷たかったり、同室の患者の人のいびきで眠れなかったり、今思えば付き纏い要員もかなりいましたので、そういう思いをする位ならこのまま自宅で、、という迷いもあります。

しこりを改めて確認した時は相当落ち込みましたが、それでも少し落ち着いて来ました。

抗がん剤治療や放射線治療の副作用と危険性が叫ばれている中、この様な選択もありなのかも知れません。



因みに、「サイコパス ストーカー」で検索していたら自分の記事が出てきました。

警察の闇 大物警察官僚と集団ストーカー

こんな事を書いた事も忘れていたのですが、この「大物警察官僚」について、もう少し調べる必要がありそうな気がします。でも今の私にはその気力がありません。自分の被害記録をまとめて公表するだけで精一杯です。

せっかくなのでちょっと書いておきたい事があります。

私にあれこれと情報提供して下さるのは構いませんが、もし重要な事であれば、ご自身が、あるいは被害者一人ひとりが情報を精査し、真実であるなら広めて頂きたいと思います。前述の様に、私は自分の被害をまとめ、これが妄想でも偶然でもない事を何としても証明したいのです。

例え証明が無理だとしても、少なくとも「これでも偶然と言えますか?」と突きつける位の事は出来るかも知れないと不遜にも思っているのです。そしてそれに専念したいと思います。

それに私一人に出来る事には限りがあります。
今以上の負担を強いる様な事はどうか控えて頂きたいと思います。
誰かの追求したい事を追求するのは私ではありません。
誰かが追求したい事がある様に、私には私の追求したい事があるのです。

追求しそれを広め、世間に訴えるのは誰かに任せて自分は・・というのはどうなのかと、こういう状況になって改めて思います。何もしないという選択もあるとは思いますが、何もしない事を選択しておきながら、他の人に、これを調べてもっと周知して・・というのは筋違いではないかと思います。

なんて余り野暮な事は言いたくないのですが、時間的な制約を考えると、この様な少し辛口な事も言わざるを得ない事をご理解頂けたらと思います。それに、理解者や被害者になりすまして近づいてくる人物もいますので、どこかで線引きをしておかないと、収拾がつかなくなります。

余談ですが、昨夜、窓が開いていたので何かウィルスでも入れられたかも知れません。風邪を引いた時の症状(のどの痛み)があります。

正確な意味においては、集団ストーカーに加担する者達は、サイコパスというよりもりソシオパスなのでしょうけれど、同時に、人間の姿をした悪魔なのだと思います。例えや比喩ではなく、本当にそういう存在なのです。少なくとも私はそう確信しています。

それにしても、サイコパス気質って怖いし気持ち悪い。

【サイコパス】身近にいる人のゾッとした言動【人格障害】

下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/15 (Thu) 00:36 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する