暴言をネガキャンするマスゴミ

宮根さんがまた奇妙な事を言っていた様ですが・・。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。

※埋め込んだ動画が削除されていたので、動画なしですが、何となく意味は通じるかと思います。

自民党の議員さんが暴言を吐いたという事で騒動になっています。

私はこの豊田議員という方がどういう方なのかよく知らないのですが、そして自民党支持者ではないのですが、この暴言の音声を聞いていて、ふとあの騒音おばさんの騒動=マスゴミによる凄まじいネガキャンが重なってしまいました。

別に豊田議員の肩を持つわけではありませんが、マスコミの企みとか捏造とか散々見てきましたし、権力側にとって都合のいいネガキャンをするのがマスコミなので、どうもその逆に考えてしまう癖がついてしまいました。

それでとにかく違和感を感じたのが宮根さんのこの言葉。

 「吉本喜劇でもこんな怖いチンピラいてない」

本当ですか?

それを仰るなら、この方こそバックに怖い人達が沢山控えているのに、何を言っているんでしょうか。

しかもこの住田弁護士さんも、暴行罪がどうの、傷害罪がどうのとしきりに解説されていますが、それなら私に脅迫めいたコメントしてくる人物だって、立派に脅迫罪が成立するはずですよね。ネットに書き込みが残っているんですから、IPから調べられるでしょう?死ねとか殺すとか、色んな人間が書いていますよ?匿名ですけど。

それで、暴言に関して言えば、私もベランダからPERPに向かって暴言を吐いたり、カルトの悪口を言うので、それも全部録音されていて、それを証拠にして私を脅迫罪とか暴行罪で逮捕したいんじゃないでしょうか。

暴言と言っても、普通の話声程度の音量で、あくまでも独り言として言っています。ただ、自分が耳栓プラスヘッドフォンでYoutubeなどを再生しているので、つい声が大きくなりがちなのは否めません。またストレスが溜まっているので、ちょっと乱暴な言葉づかいをする事もあります。一人でいる時くらい、吐き出さないと精神が崩壊してしまいます。

けれど、例えそうであっても、私は本当の事しか言っていません。この人達が人○しだとかテロ集団だとか、某宗教団体はカルトだとか教祖様の○作は、多分もう死んでいるだとか。

でも何も事情を知らない人が聞いたら、単なる暴言にしか聞こえないと思います。それと、常連PERPが白々しく偶然を装って出て来たりすると少し語気が荒くなったりします。

公開済みの動画の中で「付き纏いやめなさいよ!」と言っているシーンがありますが、あんな感じです。あとベランダに出ると嫌がらせで煙草の煙を流し込んでくるのですが、ついイラっとして、「人○しは煙草吸うな!」とか暴言が出てしまいます。本当にこの人達が吐いた煙など吸い込みたくないのです。もっと言えば、同じ空気を吸う事すら嫌なのです。

また、どうせ周りの部屋に潜んでいる加害者達は、私の声に聞き耳を立てているのは分かっているので、わざと聞こえる様に、もうすぐあなた達の犯罪も明るみになるから覚悟しておきなさいね、などと言う事もあります。勿論、独り言として。

それだって、例えば窓際で家族が話していれば外に聞こえる程度の音量なので、特段珍しい事でもなく、以前はよく別の部屋からそういう話声も聞こえていました。

しかし、24時間の盗聴や盗撮、脳内ハッキングによって、私が室内やベランダで、この犯罪に加担している者達に対する暴言や毒を吐いている事を知っている加害者達は、間違いなくそれを攻撃材料にしたいのでしょう。そして私がネットに書いている事とは裏腹に、実際にはこんな暴言を吐いていて、表と裏が180度違う人間だと言いたいのでしょう。

どこまでも狂った者達が支配する、どこまでも狂った世の中。

自分達の重大な犯罪(殺人)行為は棚に上げ、逆に盗撮や違法な監視行為によって被害者の粗探しをして弱みを握り、加害者(犯罪者)に仕立て上げるのですから、卑怯というより他に表現のしようがないのですが、こうして加害者と被害者が巧妙にすり替えられてしまうのです。

相手を挑発して挑発して、神経を逆撫でして逆撫でして、相手が自制心を失った所ですかさず音声や映像の証拠を押さえ、というか常に生活の一部始終を覗き見していて、都合のいい場面を証拠として公表し、自分達がちゃっかり被害者に成りすますという、実に卑劣で汚い手を使うのですが、まさに脅して集(たか)るチンピラ、ヤクザ、暴力団の所業。

マスコミも政治も経済も福祉も公的機関も何もかも、そういう半社会勢力が実質運営しているのです。

で、宮根さんの事務所ってどんな所でしたっけ?

『ミヤネ屋』と宮根誠司、視聴率瀕死…バーニング寄り偏向報道&高額ギャラでうるさいだけ 『ミヤネ屋』にチラつくバーニングの影

こういう人が、「吉本新喜劇でもこんなに怖いチンピラはいない」とか、よく言えるなと思います。

「人としてやってはいけない」などと良識人を気取りつつ、ご自分はそういう人脈をお持ちの様で、しかも集ストの隠蔽に(もしかした集ストにも)関係しているのは間違いないと思います。そういう人がテレビに出て良識人ぶっている所が本当に嫌いです。

おやおや、宮根さんは秘書じゃなくてイヤホンに暴言吐いていたのですか?
ミヤネ屋で宮根誠司が音楽用イヤフォンにマジギレ寸前「お前どうなってんねん!」

No.1“炎上アナ”・宮根誠司 度重なる失言、共演者イビリの裏にある「力」とは……


豊田議員をチンピラ呼ばわりするマスコミ自体がチンピラなのですか?

ヤクザに府政を乗っ取らせた大阪のテレビ局は恥じよ!

松井さんのバックには解同がいると言われていますが・・。怖いですね~。

ASKA報道で宮根誠司が“謝罪”するもポーズだけ! 釈放後も開き直ってASKAをクロ扱いするワイドショー

検索すれば色々と出てきますので、ご興味のある方は調べてみて下さい。

もう1本動画を。


この秘書の人もちょっと怪しいと思います。敵陣営のスパイや工作員が秘書として近づくのは政界ではよくある事の様ですが、おそらくこの秘書もそうだったのではないでしょうか。

豊田さんの経歴を見ると、旦那さんが官僚だったりして、必ずしもあちら側ではないとは言い切れないのですが、それでもこの騒動にはただならぬプロパガンダ臭が漂って来ます。私の考えすぎかも知れませんが。

上の動画からのスクショ。














これについて私なりの感想を。

嫌味にある異変が!!などと字幕を付けた後、この鼻歌交じりの部分を取り上げ、豊田議員が如何にも精神を病んでいるかの様に続けていますが、仮に政策秘書が議員生命にも関わる様な取り返しの付かない大失敗をしでかしたら、ここまで怒りが爆発しても不思議じゃないと思います。

それを「嫌味」と言ってしまうのはそれこそ「嫌味」じゃないかと思うのですが、嫌味を通り越してでっち上げレベル、捏造報道じゃないかと思ってしまいます。

確かに暴力を振るうのは駄目ですが、それだって「秘書の証言」とか、録音データの中の「ボコっという音」だけで殴ったかの様に伝えられていますが、本当に殴ったんでしょうか?

以前からつねったりする様な事はあったと証言している“支援者”の証言だって本当かどうか疑わしいものです。でっちあげ事件の近隣住民の証言が如何に嘘っぱちか。それと同じで、鵜呑みにしたら騙されます。

それと、「ミュージカル風」という部分ばかりを強調していますが、その内容には何故かスルー。

次は民進(党)に名簿でも売るのかな~

そんなつもりは なかったんです~

でも 名簿が勝手にコピーされて なぜか~

吉田(豊田議員の選挙区の民進党候補)の事務所に送られちゃったんですううう~


↑この内容には殆ど触れていないみたいですけど。

私はテレビを見ないので分かりませんが、こういう重要な所は触れないで、「鼻歌交じりのミュージカル調」ばかりを強調してネガキャンしてませんか?

民進党に名簿をコピーして送った?
それが本当なら、そりゃ怒るでしょう。
ブチ切れるでしょう。

それとも、「いいよ、いいよ、失敗は誰にもある事だから~」 って笑って許せばいいの?

それで相当頭に来ていて、こんな風に例えたのではないですか?

houdou17062306.jpg

秘書の悪意?に怒りが収まらずに
お前の娘を轢き殺して「そんなつもりはなかったんです~」って言われているのとおんなじ~

という例えした事を、強引に脅迫罪や暴行罪と結びつけようとしていませんか?

何度も言いますが、私は自民党支持者でもなければ豊田議員の支持者でもありませんが、このマスコミの叩き様とねじ曲げ方に相当な違和感を感じます。

今回、一番にキャンペーンしたかったのは、この「暴言」じゃないかと思います。

集スト被害者をキレさせる→暴言や暴力を誘発→精神病送りまたは逮捕。
これは規定路線ですよね。

どうしても集スト被害者目線で考えてしまうのですが、今回のネガキャンの一番の目的は、マスコミが何としても隠蔽したい、そして関与している集団ストーカー犯罪の被害者を潰す事に他ならないと思うのです。

自分達で散々挑発して、挑発して、被害者がキレた所だけを報道して、加害者に仕立て上げる。まさに創価学会とマスコミによる連係プレイ。相変わらずの卑怯さにうんざりします。一応私の推測、という事にしておきますが・・。


一方、この記者さんはナイスだと思いますが。





明らかに、偽の札束だと分かる様なシーン。今までなら、こういうシーンは圧力が掛かってカットされていたと思いますが、それとも更に裏があるのでしょうか?

因みに今日はこのニュースをツイッターのTLで見ていたら、案の定、サイレンが鳴りました。



公安調査庁解体に少し顔がゆるんでしまった直後のサイレン。やっぱりね、と思いながら急いでベランダに出て撮影→高速パトを撮影した後、下にカメラを向ける→間髪入れずに○友運輸のトラックが通過→常連のM浦が歩いて来る、という一連の「喜劇」が展開されました。

ある意味、吉本喜劇より面白いかも。
よくまぁ、毎回毎回同じ人が出てくる事。

しっかり記録してありますので、できるだけ早く公開したいと思います。

下記記述を飛ばしてコメント欄へ移動
※諸事情により現在個人的なメールのやり取り、および情報交換などはしておりません(特定の方と“交換”するよりもここで書きたい人なので)。何かありましたらコメント欄をご利用下さい。

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する