騒音おばさんも集スト被害者

有名な話ですが、奈良の騒音おばさんこと河原美代子さんは、創価学会員による集スト被害者でした。

メディアは、河原さんを一方的に非難し、連日、布団を叩きながら大声で叫ぶ姿を繰り返し流しては、まるで異常者か犯罪者の様に報道しましたが、その実態は全く逆のものだったのです。

私もマスコミの報道に騙され、迷惑な人だなと思ったものです。
しかし、自分が同じ集ストの被害者となり、集団ストーカーという犯罪の存在と実態を知った今、改めてこの映像を見ると、メディア、マスコミに対する強い不信感と怒りを覚えます。



上の動画からのキャプチャーです。

souon01.jpg


souon02.jpg


この人一人のケンカじゃない


souon03.jpg


この人の話を聞いて動く人がいる


souon04.jpg


私は一人だけど他の人は徒党を組んでる


souon05.jpg


第三者は見て見ぬ振り


souon06.jpg


絶対許せない 戦うよ


souon07.jpg

人数が多ければ多いほどやりがいがある


souon08.jpg


だって相手が間違っている


souon09.jpg


みつからんかったらいいんか!


souon10.jpg

8年間も


被害者の方なら、もうお分かりですよね。

一人の人間に対して、徒党を組んで嫌がらせをしてくる

これは明らかに集ストそのものです。

長い年月、その嫌がらせを受け続けた河原さんは、さぞ辛かったことでしょう。

許せない・・・、
私も同じ気持ちなので、よく分かります。

こんな偏った、と言うか真逆の報道しかしないマスコミは、本当に腐っています。
近い内にNHKも解約をするつもりです。(受理されるかわかりませんが・・・)

そもそもNHKは、集団ストーカーという犯罪があることを、きちんと報道していますか?
もしそうでなければ、受信料を払う義務なんてないと思います。

公共の福祉の為に、質の高い番組を制作する為の受信料強制徴収なのですよね?

でも、マスコミ、特に公共放送であるNHKが、自殺者まで出ている集団ストーカーという悪質な犯罪が国家ぐるみで公然と行われ、全国に被害者が多数存在するにも関わらず、それをきちんと報道しない為に、いつまで経っても社会から集ストが認識されないばかりか、逆に、被害を口にする人が精神病扱いされる結果を招いている責任は重大なはずです。

仮にNHKが報道すれば、即座に集団ストーカーという犯罪が実際に存在する事が世間に広く認識され、被害者が救済される道が開けるはずなのです。

にも関わらず、それをしないという事は、裏を返せば、NHKを始め、マスコミもこの犯罪に加担している事を意味しているのです。(現に私はZIPや朝ズバで仄めかしをされました。だからテレビを見るのも嫌なのです。)

被害者がいくら訴えても、「そんなことテレビでも新聞でも、一切報道していないじゃないか、聞いたことない、頭おかしいんじゃない?病院に行ったら?」という展開になるだけなのです。

だからこそ、マスコミの責任は重大なのです。

集団ストーカー、ギャングストーキング、ガスライティング・・・
言い方は様々ありますが、ネットで調べればいくらでも情報が得られます。

そんな一般人でも簡単に知る事ができる情報を、天下のNHKが知らない、調査できないとしたら、それこそ受信料を払う価値もなければ、正当な根拠もないという事の証明ではないですか?

NHKは、契約時に殊更に放送法を持ち出して、国民の義務だと脅し、強引に契約させますが、そもそも放送法よりも憲法の方が上位にあるのです。

憲法では、基本的人権の尊重を保証していますが、NHKが報道しない事によって、その基本的人権が侵害されている人達がいるという一面が厳然たる事実としてあるのです。

その様な理由からも、NHKが強制的に受信契約を結ばせて受信料を徴収するのは、ある意味、憲法違反だと言えるのではないでしょうか?

職員の年間の平均給与が1200万円もあるNHKが、食うや食わずで困っている所得の低い人から、なぜ強引に受信料を徴収する権利があるのでしょうか?




日本ではまともに報道されない集ストですが(以前ZEROで報道した様ですが、とんでもないプロパガンダ報道でした。→被害を訴える女性が統合失調症だという工作員並の歪曲報道&被害者の親子もちょっと怪しかった)、海外ではFOXテレビなどでもちゃんと報道されている様です。

【拡散動画】アメリカではマスコミが集団ストーカーを認めて報道しています!

※この記事に書かれている「保守勢力に入り込んだ被害者を装う工作員」の記述は、とても参考になりましたし、大変重要な事です。どの様にして工作員が各団体に入り込み、集スト被害者=精神病に仕立て上げようとしているのかわかります。

記事内で紹介されていた動画です。






まあ、日本のマスコミは創価に乗っ取られていますので、報道できないのでしょうね。


↓こんな情報もありますのでご参考までに。
超簡単!NHK受信料契約を、合法的に拒否・解約する必殺マニュアル(応対方法特化編)


こうした事実をどんどん広めて、集団ストーカーが社会的に認知され、集スト加害者という犯罪者が駆逐されるまで闘うしかないと思います。

犯罪者のくせに、普通の住人や警察官、市民パトロールなどとして、平然と生きている、しかも税金から給料や報酬が与えられる、そんな世の中はやっぱりおかしいと思いませんか?







そして、こうして下書きをしていると、また高速パトが鳴る!
もういい加減バレバレなんですけど。


ちょっと頭に来たので最近の高速パト通過記録を暴露します。(笑)

8月10日
11:10
17:10
18:30
21:41

8月11日
早朝(時刻不明)
9:22
18:31

8月12日
12:12
13:39
14:36
14:55
17:11

あと、全然関係ないのですが、最近、発令される大雨などの警報がとても不自然です。
今日も午前中に、大雨警報が発令されたのに、大した雨もなく16時に解除されました。
本当はゲリラ豪雨に見舞われる“予定”だったのかも。

最近は雨が降る前から、場合によっては晴れているうちに、大雨警報が出るんですよ。
前はそんな事ってなかったように思います。

こういう不可解な警報が何度も続くと、気象兵器で何とかダメージを与えようと躍起になっている様に思えて、非常に怪しいです。

私の妄想かも知れませんが・・・。

追記
FOXニュースもかなり問題ありのメディアの様ですので、あまり過大評価するのは良くないみたいですね。

みんなメディアは左翼偏向と叩くけど(実際問題なのは間違いない)、煽ってばっかのメディアも怖いよ(OUTFOXED)

そもそもどんなメディアであっても、何らかの意図や利害関係があったり、プロパガンダが仕込まれているものです。
そういう事も踏まえて、情報に接する必要がありますね。


追記
なんと、NHKが集ストを報道したとの情報が。

【テレビ番組】 NHK 特報首都圏 「ストーカー“埋もれた被害”」

現在でも情報提供を呼び掛けているとの事ですので、ぜひNHKに訴えましょう。

なんだかタイミングが良すぎて、つい、私の頭の中を覗いていたから?なんて思ってしまいました。
これを理由に解約してやろうとか思っていたので(笑)。
時期的にはNHKの報道の方が少し早いですが、いずれにしても、もう知らぬ存ぜぬでは通用しなくなって来ているという事でしょうか。
一歩前進かも。

NHKがもっと早く報道していれば、ここまで被害が拡大する事はなかったと思います。

それでも、やっとメディアで取り上げる様になったからには、これからは加害者の方が追い詰められていく番だと思います。
面白い展開になって来ました!

ただし、報道したという事実を残す為の報道であって、最終的にお茶を濁すような、あるいは「被害者の妄想」と結論付けて終わる様な報道の仕方なら、NHKは不要だという気持ちに変わりはないです。

下の記事はとても詳細にまとめて下さっています。NHK、うまくはぐらかしていますね。
騒音おばさんの真実…おばさんはマスコミにもてあそばれた被害者




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する