ヒトラーの大衆扇動術?

ある事を調べようとしたら、またヘリが来ました。今日は上空で5周も旋回して去って行きましたが、その間に高速道路ではパトロールカーが出動し、何やら騒々しい事に・・。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


そのある事とは、「ヒトラーの大衆扇動術」という本の著者について。

ah01.jpg
画像引用:下記リンク先

ヒトラーの大衆扇動術

著者について

2000 年KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。 卒業後 、ゲームクリエイターとして「Kingdom Under Fire」シリーズ などのゲームの企画・プログラミングに参加。 ゲームクリエイターとしてベンチャー企業に勤務したが、成功するチームと失敗するチームを経験することにより、成功する組織作り・リーダーシップについて研究を始める。 2005 年以降、ビジネス・リーダーシップ関連の著作を多数執筆。 主な著書に「一時間で読める孫子の兵法と兵法36系」、「一時間で読めるマキャヴェッリの君主論」などがある。 「ヒトラーの大衆扇動術」は、悪人と言われるヒトラーのリーダーシップを分かりやすく分析した著作で、2005 年に韓国で出版され、企業の研修等で好評を得た。(引用)

名前を見れば分かりますし、購入者のコメントにもありましたが、この方は韓国人の方なのですね。別にそれだからどうこうという事ではありませんが、何かプロパガンダの臭いがするのは私の気のせいでしょうか?

そして、ネットで良く見かける以下の言葉は本当にヒトラー本人が言った言葉なのでしょうか?

【ヒトラーの大衆扇動術】

・大衆は愚か者である
・同じ嘘は繰り返し何度も伝えよ。
・共通の敵を作り大衆を団結させよ。
・敵の悪を拡大して伝え大衆を怒らせろ。
・人は小さな嘘より、大きな嘘に騙される。
・大衆を熱狂させたまま置け。考える間を与えるな。
・利口な人の理性ではなく、愚か者の感情に訴えろ。
・貧乏な者、病んでいる者、困窮している者ほど騙しやすい。
・都合の悪い情報は一切与えるな。都合の良い情報は拡大して伝えよ。
・宣伝を総合芸術に仕立て上げろ。大衆の視覚聴覚を刺激して完成で圧倒しろ。


繰り返しますが、これ、本当にヒトラーが言った言葉なのでしょうか?
だとしたらどこかにその記録なり、直筆のメモなりがあったのですよね。そしてその本の中に、情報の出所についても明記されているのですよね?

これは否定というより疑問です。

否定するも肯定するも、その出所が定かでないと判断のしようがありませんから、取りあえずその情報源はどこなのか、直筆のメモなり映像なりが残っているのか、それとも無関係な人が適当にでっち上げた内容なのかを知りたいのです。

ここからは仮定の話ですが、仮にそうしたものがないとしたら、これこそ悪質なプロパガンダではないでしょうか。ヒトラーはこんな悪い奴だったのだと感情に訴えられているのは、もしかしてこういう情報を広めている側の人達だったりするのでしょうか。

つい半年程前までの私もそうだった様に、一度植え付けられた思想というか歴史認識というのは、なかなか手強くて、簡単に認識を変える事は難しいかも知れませんが、それも一種の洗脳なのだと思います。

だって、ガス室でユダヤ人を600万人も殺戮したのは嘘だってバレているのに、なぜかその延長線上のナチス・ヒトラー極悪説だけはそのまま健在っておかしくないですか?だから、一度きちんと見直し(検証)してみませんか?という声が上がっているのだと思います。

ガス室が嘘なら、この「大衆扇動術」として出回っている内容も、そのまま信じていいものだろうかという疑念が生じます。

その著者の人も、ゲームクリエイターを経て作家に転向された方の様ですが、所謂コーチングとかマーケティング、あるいは成功本に近い本を書いている方なのかなという印象を受けるのですが、実際に本を読んでいないのでこれはあくまでも憶測です。それで、歴史や史実がどうだったのか、という事はどうでもよくて、ヒトラーが本当にその様に言ったのかどうかもどうでもよくて、上述の「大衆扇動術」なるものがマーケティングやコーチング、あるいはビジネスに活かせるという事で、この本を書いただけなのかも?などという気がしなくもありません。

いずれにしても、ヒトラーが本当にその様な事を言ったのか、それが非常に気になります。

本というのは洗脳にも非常によく使われるアイテムですし、本に書いてあるから事実とも限りませんし。インチキ本など腐るほどありますから。

それと私がこういう事を言うので、ナチス擁護の工作員とか偽被害者だとか思う人もいるでしょうけれど、本当にそう思われるのでしたらご自由に、と申し上げておきます。

なぜ私が「ナチス=諸悪の根源」の様な風潮に違和感を持つのか、「ヒトラー=極悪非道の殺人鬼」がプロパガンダではないのかと思う理由を書いていますので、よかったらご一読下さい。

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

参考になる動画をご紹介します。



怒り狂った殺人鬼の演説でしょうか?ユダヤ人からドイツを守ろうとしていただけではありませんか?



スクショお借りしました。










忍耐にも限界がある。

その通りです。

我慢にも限度がある。

いつの日か私も、嘘にまみれたストーカー集団の口を封じたい。



スクショお借りしました。







































未だにユダヤは世界中にプロパガンダを流しています。

↓例えばこの動画の様に。


内容はプロパガンダそのものですが、制作したのが誰なのか見れば、多くを語る必要もないと思います。






NHKさん、これは駄目ですよね。国営放送で国民を洗脳してはいけません。


日本国民も、いい加減に気付かないと手遅れになるのではないでしょうか?
ドイツの同盟国という事で、同じ民族、あるいは国際集団から標的にされている事に・・。


(スクリーンショットお借りした皆様にお礼とお詫びを申し上げます)

*・*・*



未だに<ホロコースト神話><ナチスの殺人ガス室><ヒトラーによるユダヤ人絶滅計画>などという作り話を信じている方には、ぜひこれらの矛盾を真剣に考えて頂けたらと思います。熱心に撹乱や誘導をしている「個人を装った“物書き”や“さえずり”達」を含むユダヤお抱え広報部隊の流す情報に、どうか流されず騙されないで頂きたいと切に願うばかりです。


ここだけの話・・本当です。

*・*・*

過去記事(ユダヤ関連)

アウシュビッツにガス室はなくホロコーストは捏造

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

今更ながら教育による洗脳の深さに驚く

改めてホロコーストの真偽を問う

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々

戦後最大のプロパガンダ

ナチバスター Nazi Buster

国際ネットワークの代弁者達

やはりユダヤを抜きには・・

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

ユダヤ人地区でのギャングストーキング?

ヒトラーの大衆扇動術?

猶太(ユダヤ)国際秘密力

黒人奴隷貿易の支配者

アジアを攪乱する猶太人

能川元一氏からの反論(というより誹謗中傷と暴言)

外部参考サイト記事・文献

ホロコーストと見直し論

戦後七十年、ナチスの<ガス室>が実在したことを証明する法医学的鑑識は未だに提示されていない・・・

『弁護禁止・立証禁止』で相手の反論を封じるホロコースト否定罪
弁護士シルヴィア・シュトルツがドイツでのホロコースト裁判について語る

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(前半)~ ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(後半)~ロベール・フォリソン

噓の歴史観に抗議の焼身自殺をした元ドイツ兵の遺書

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第一部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第二部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第三部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(最終部)

映画『人物像~ロベール・フォリソン』より抜粋

ロベール・フォリソン:『戦時中のナチスドイツに何故ユダヤ人用病院が?』

ロベール・フォリソン:『ダッハウ収容所の死亡者推移グラフと写真について』

『ヒトラーとサダム・フセインの<大量破壊兵器>』 ロベール・フォリソン

中東問題と歴史検証主義:『イラン、フランス及び世界における歴史検証主義』ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤック:『私はカチンの墓穴を見た』

『第三次世界大戦を歴史検証主義的方法論で考察する』~ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤックの最期

モーリス・バルデシュ:『ニュルンベルク、または約束の地』(1)

ヴァンサン・レヌアールのビデオ:『歴史は勝者によって書かれる』

逆転ニュルンベルグ裁判 ~ユダヤの嘘を暴いてナチスの無罪を勝ち取れ~

1942年日本政府「元来ユダヤ人は悪い奴。厳重に取締る」

ショール・アイゼンベルグ

国立国会図書館デジタルコレクション
世界の毒素 : 猶太民族の大陰謀と大和民族の警醒

アジアを攪乱する猶太人 [82]

共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状

*・*・*

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読下さい。

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をしていただけますので、ご協力よろしくお願いいたします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金していただいたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承ください。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金いただけます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する