アジアを攪乱する猶太人

国立国会図書館デジタルコレクションより、一部転載します。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


アジアを攪乱する猶太人 [82]



支那に喰ひ付いたユダヤ財閥/57より抜粋
支那に喰ひ付いたユダヤ財閥/57より抜粋「ユダヤ人の中にも、それは善良な人間もゐるでせう。ですから、ユダヤ人だからといつて私たちは何でも彼でも敵だと思ったり排撃したりしていゝものではありませんが、然し、全体的に見てユダヤ教の信者は、偏狭で、惨虐で、エゴイストです。彼らは、世界中を戦争と赤化のルツボと化し、その間に於て、あの無限な財力と政治力と陰謀的団結とを以て、世界中から帝制を無くし、自由主義の美名に於けるユダヤ的革命の中に陥れ、そのユダヤ大帝國建設の目的を達成しようとしてゐるのです。」

そして、私が頷いて見せるのを見ると、我意を得たりといふやうな様子をして、次のやうな恐るべき事実を物語りました。

「我々の祖國を、東インド会社の侵略的陰謀にさらしたのは、勿論英國のユダヤ人共ですが、かの阿片戦争を無理に惹起こして、支那を経済的政治的に征服したのも、ユダヤ人です。この時は、英佛系のユダヤ財閥の協力でやつたことだと思ひます。つまり我が祖國への投資の儲けで支那に最も大きな野心を充たさうとした譯(わけ)です。英佛米が、その野心國に對(たい)する常套手段は、先づいき成り戦争の切掛けを作つて、その戦争に勝つて俄にのさばり出すか、或いは、所謂平和的手段でもつて、クリスチャンを潜入させ、教會(きょうかい)を作つて人道主義を宣傳(でん)して民衆をとりこにして行くか、ある程度の社會主義を教えて、相手の國内の階級的混乱を計るかであるが、その孰れにせよ、教會新聞を発行するといふのが手で、この新聞ははじめのうちは殆ど宗教的なものであるが、漸次経済的色彩を加味し、自然のうちに民衆に重竇?らしい「経済新聞」を発行し出すのです。

これにやゝ成功し出した頃、商人が澤山の資本を持つて入込んでくるのです。そしてこの商人が、いつの間にやら、経済社会政治を大量に取扱つた近代的新聞を発行するのです。この新聞を宣傳機関として武器として、この商人は、支那の政治にまで關(かん)興する程の力を持つ勢力と成るのです。もうこの頃には、支那なら支那といふ相手の國は、もうすっかりユダヤ財閥の金しばりに遭ひ、経済のみならず政治的にも支配されるやうになるのです。

我が祖國を喰ひつくしたユダヤ財閥が、目の色を変へて狙つてゐるのは、何といつてもアジアの大冨源支那です。が、彼らの野望達成に、非常に邪魔になるのは、言ふ迄もなく日本です。貴君の御國です。

支那の南方軍閥は、孫文のやうな親日家と云はれた人でさへ、ユダヤの外郭運動のフリーメーソンの會員だつたといはれてゐるのですから、元来がソ連で立身の道を見つけて来た蒋介石が、容易に彼等の傀儡になるであらうことは想像に余りあります。それに、現在の蒋介石のパトロンの浙江財閥でも香港財閥でも南洋の華僑でも、凡てユダヤの息がかかゝらないものはないのです。」

「あの、そら、日露戦争も、本當はユダヤの畫(かく)索でした。第一次世界大戦の前提としてね。」
「それは驚いた。尤も、あの時高橋是清氏に敢て戦費を化したのはユダヤ人だと聞いてゐたが・・・・・。」

ウルタニ氏は、
「勿論・・・・・。」
と云つて、言葉を繼いだのでしたが、その時は、丁度、氏の事務所のあるキイタイスカヤの裏通りに火事があつたので、惜しいところで話は切れて了つたのでした。

※一部、旧字体を使用していない箇所があります。




画像出展:アジアを攪乱する猶太人 [82]

まだ全部読んだわけではありませんが、この部分だけ読んでも、支那、つまり中国がユダヤの傀儡である事が窺えます。そして2度の世界大戦の背後にはユダヤの存在があった事、世界中を戦争の泥沼に引きずり込んだのはナチスドイツではなくユダヤだった事が、この著作だけでなく、他の著作物からも読み取れます。

新聞を使った洗脳と支配などは、まさにあの新聞を彷彿とさせます。教会・・と言えばT一教会でしょう。まさに今、その通りの日本になっているではありませんか。

参考(※個人的には与国さん情報は全面賛同はしていません)
【電通の正体とマスコミ支配の実態】

上記記事の新聞社の住所などは、とても興味深いですね。殆ど朝鮮に乗っ取られている事がわかります。私の例で言えば、マスコミ(テレビ)から仄めかしをされたり、新聞配達員に付きまとわれるのも、外国人が付きまといに現れるのも、全て繋がっているのですよね。

ツイッターの方でもかなり呟いていますが、日本とドイツほどユダヤから目の仇にされている国はない様に思います。WW2で同盟国として連合国(≒ユダヤ)と戦い、敗戦し、その後もずっと実質支配が続き、搾取され続けているのがこの日本とドイツという事だと思います。

戦争中の許されざる蛮行と残虐行為という汚名を着せられ、非難され、賠償金を要求され、国民としての誇りを奪われ、異民族からの容赦ない搾取と支配・・・これこそが日本とドイツが戦後(というより戦前から)今に到るまで、ずっと苦しめられている呪縛の正体だったのではないかと思います。

その支配はほぼ完成し、これから総仕上げという段階まで来ている様に思います。その為の集団ストーキングだと考えると、きれいに説明が付いてしまいます。最後の総仕上げとして日本を丸ごと刈り取る、つまり日本人から全てを奪い尽くした後、この日本は日本人ではない人達の国になるのです。

創価を始めとする宗教団体の信者を手駒として使いながら、その奥で糸を引いているのはユダヤに違いない・・と私は思うのです。いや、そうは思わない・・という方もいるでしょうけれど、では他に、これだけの事を展開できる組織なりネットワークが存在するでしょうか?

仮にあったとしても、現段階で最もその可能性の高いユダヤを横に置いて、本当に存在するかどうかも分からない謎の黒幕を追いかけても、無駄に終わってしまう確率の方が高い様に思います。それこそ雲を掴む様な話です。相手が誰なのか全く分からずに、犯人を捜し回る様なものです。

その様なつかみ所のない、まるで幽霊の様に目に見えない相手を追いかけるなら、はっきりと目の前に見えているユダヤという世界的(犯罪)ネットワークを追及する方が、遙かに合理的であり現実的だと思うのですが、なぜかそこには目を向けたくない方が多い様に感じます。

集団ストーキングについて言えば、確かに創価や統一なども関与しているでしょう。でもそのカルト宗教の奥にはユダヤが控えているのです。その事は、ホロコースト展や国連に肩入れする状況を見れば一目瞭然です。なのになぜか創価止まりになってしまうのが私には解せないのです。創価を批判してナチスやヒトラーを叩く、これではユダヤの思うつぼではないでしょうか。創価を動かしているのは紛れもなくユダヤ、少なくとも私はそう確信しています。

それとも私の発言は、ユダヤ人に対する民族差別発言でしょうか。ユダヤ人を冒涜するヘイト表現なのでしょうか。名誉毀損で訴えられるのでしょうか。

そうであれば、1942年の日本政府も差別発言をしていた事になりますね。

他の方がツイートされていたサイトのリンクをお借りします。

1942年日本政府「元来ユダヤ人は悪い奴。厳重に取締る」

一部抜粋して引用
元来猶太人は悪い奴故今後之を厳重に取締らんとする趣旨にして其の旨外務側より説明あり

日満支其の他我が占領地に対する猶太人の渡来は特殊の事由あるものを除き一切之を禁止す。

(日本が占領していたというのは、いずれユダヤの魔手が日本にも及ぶ事が分かっていた為、防波堤として朝鮮半島を占領地にしていた様です。何方かがわかりやすくツイートされていたのですが失念。)

この様な事が政府から発せられていたのですから、今の基準に当てはめるなら、紛れもなく排他主義、レイシズムと言えるのではないでしょうか。

何でもかんでもヘイトスピーチだ、レイシズムだと決めつけ、時に投獄(日本もいずれそうなるのでは?)までして言論を封鎖するのは、余程都合が悪いからではありませんか?

ツイートお借りします。


日本も非常に近い将来、言論規制国になりそうな勢いですが、こうして疑問や議論さえも封じてしまうとは尋常ではありません。余程都合が悪いのでしょう。

そして、他にもいくつかある都合の悪い事の一つが、集団ストーキングによる日本人駆逐作戦ではないかと思います。私に対する嫌がらせの加害者に中国人が増えているのも、ユダヤと無関係ではないと思います。なぜ中国人?と思ったのですが、こうした情報を総合的に見た場合、最早そのルートしかないと個人的には思っています。

人間を人間と思わない思想の持ち主でなければ、こんな残酷な事はできないと思います。ユダヤ人は非ユダヤ人を家畜(ゴイム)と読んで憚りません。









モーメントを作成していますので、よかったらご覧下さい。


結局はこういう事なのでしょうかね。


ユダヤにまで言及する被害者の方があまりいらっしゃらないのですが、創価を叩いてユダヤはスルー(あるいは遠回しに擁護)、それでいて日本と同盟を結びユダヤ共産党と闘ったドイツやヒトラーはボロくそにバッシング、なんかもの凄く捻れていませんか?

*・*・*



未だに<ホロコースト神話><ナチスの殺人ガス室><ヒトラーによるユダヤ人絶滅計画>などという作り話を信じている方には、ぜひこれらの矛盾を真剣に考えて頂けたらと思います。熱心に撹乱や誘導をしている「個人を装った“物書き”や“さえずり”達」を含むユダヤお抱え広報部隊の流す情報に、どうか流されず騙されないで頂きたいと切に願うばかりです。


ここだけの話・・本当です。

*・*・*

過去記事(ユダヤ関連)

アウシュビッツにガス室はなくホロコーストは捏造

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

今更ながら教育による洗脳の深さに驚く

改めてホロコーストの真偽を問う

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々

戦後最大のプロパガンダ

ナチバスター Nazi Buster

国際ネットワークの代弁者達

やはりユダヤを抜きには・・

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

ユダヤ人地区でのギャングストーキング?

ヒトラーの大衆扇動術?

猶太(ユダヤ)国際秘密力

黒人奴隷貿易の支配者

アジアを攪乱する猶太人

能川元一氏からの反論(というより誹謗中傷と暴言)

外部参考サイト記事・文献

ホロコーストと見直し論

戦後七十年、ナチスの<ガス室>が実在したことを証明する法医学的鑑識は未だに提示されていない・・・

『弁護禁止・立証禁止』で相手の反論を封じるホロコースト否定罪
弁護士シルヴィア・シュトルツがドイツでのホロコースト裁判について語る

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(前半)~ ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(後半)~ロベール・フォリソン

噓の歴史観に抗議の焼身自殺をした元ドイツ兵の遺書

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第一部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第二部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第三部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(最終部)

映画『人物像~ロベール・フォリソン』より抜粋

ロベール・フォリソン:『戦時中のナチスドイツに何故ユダヤ人用病院が?』

ロベール・フォリソン:『ダッハウ収容所の死亡者推移グラフと写真について』

『ヒトラーとサダム・フセインの<大量破壊兵器>』 ロベール・フォリソン

中東問題と歴史検証主義:『イラン、フランス及び世界における歴史検証主義』ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤック:『私はカチンの墓穴を見た』

『第三次世界大戦を歴史検証主義的方法論で考察する』~ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤックの最期

モーリス・バルデシュ:『ニュルンベルク、または約束の地』(1)

ヴァンサン・レヌアールのビデオ:『歴史は勝者によって書かれる』

逆転ニュルンベルグ裁判 ~ユダヤの嘘を暴いてナチスの無罪を勝ち取れ~

1942年日本政府「元来ユダヤ人は悪い奴。厳重に取締る」

ショール・アイゼンベルグ

国立国会図書館デジタルコレクション
世界の毒素 : 猶太民族の大陰謀と大和民族の警醒

アジアを攪乱する猶太人 [82]

共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状

*・*・*

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読下さい。

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をしていただけますので、ご協力よろしくお願いいたします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金していただいたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する