朝鮮総聯の秘密部隊「ふくろう部隊」と「留学同」



今回は、北朝鮮の工作部隊、通称ふくろう部隊と、始めて目にした「留学同」という組織?に関する内容です。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


集団ストーキング犯罪に深く関与していると言われているふくろう部隊については(ここで短い救急車サイレン)以前から若干触れていますが、過去記事を検索してみた所、ちゃんと書いている様で書いていなかった様です。

とは言っても今回もリンクの紹介がメインです(というか転載自粛としてのリンクのみ)。

今回は別の事を調べていたのですが、その中でふくろう部隊に関する有益なリンクをお見かけしましたので、いくつかご紹介させて頂きます。以下、お時間のある方、関心のある方はぜひご一読を。

*・*・*

現代ビジネスweb 様より
北朝鮮「武闘工作部隊」日本人妻と子供たちが辿った残酷すぎる運命

東アジア黙示録 様より
総連幹部の日本人殺害指令…母子失踪34年の闇
※続きを読む→をクリックして下さい。合計6ページ

やまて喫茶室 様より
在日学生に忍び寄る北のリクルート作戦 石倉雅子

(上のサイトの管理人様は牧師さんでしょうか。この様な記事を紹介すると、またぞろ「キリスト教系工作員だ!」と大喜びしながら工作員認定にいそしむ人達がいる為、そうではないとお断りしておきます。毎回こういう事を釈明しないといけないのが本当に面倒ですが、どういう素性の方々なのかは知りませんが、その様なレッテルを貼らないと都合が悪い様です。)

それはともかく、上記記事内に「留学同」という記述が出て来ます。ツイッターで朝鮮系?と思われる大学生が絡んで来た事があるのですが、もしかしてこの「留学同」に所属している人達かも。

過去記事

ツイッターでの誹謗中傷

ツイッターでの誹謗中傷(2)

(それにしても、よくアカウント名変えますね、私。そう言いつつ、また変えたくなっていますが、しっくりこなくなるというか2ヵ月もしないうちに飽きてしまう困った性格です。)


またネットだけでなく、実際の付きまといにも大学生くらいの年代の、しかも日本人ではなさそうな人物が多いので、おそらく「留学同」所属の学生が動員されている様な気がします。

産経ニュースweb より
エリートこそ独善に嫌気、衰退に歯止めかからず…「朝鮮総連と手を切らねば」

冒頭にも書いた様に、この「留学同」という名称を今回初めて目にしたのですが、いずれにしても朝鮮、そして韓国や中国、そしてそのバックにいるゆだやが強く関与し、暗躍しているのが日本の集団ストーキング事情だと私は確信しています。

但しこれは私の見解であって、人によって意見が分かれる所かも知れませんが、誰がどの様な見解を持とうともそれについてとやかく言う様な事はしたくありません。意見の押しつけもしない主義です。それはどの様な意見や見解を支持し、あるいは賛同するかは個人の自由であり、それは尊重すべきだと思うからです。また、意見が違うからという理由だけで工作員認定をして回っている者達こそが工作員だとも思います。ただ、それぞれの説に対する指摘や批判や反論や異論を唱える事はあります。

新しいタイプの人権侵害と暴力 様より
『朝鮮総連の大罪』 金 昌烈 

まとめトップ 様より
話題のツイート「夜道を歩く時、気を付けねばならない・・・」謎の組織『ふくろう部隊』とは何者なのか

「夜道を歩く時、気を付けねばならない。」

先日、娘が夜道を歩いていている時に襲ってきた痴漢も、もしかしてふくろう部隊じゃないですか?

ツイートお借りします。


この様なコミュニティサイトもかなりあるのですね。
トンボドットコム

在日外国人であっても、日本に寄生したり日本人に害を及ぼさないのなら別に構わないのですが、昨今の報道を見ても在日による凶悪犯罪が横行し、その一方で在日外国人や留学生に渡る莫大な補助金や支援金、生活保護費が財政を圧迫し、日本人が益々貧困になり、そして不法入国や密入国、背乗り、偽装結婚や離婚などの犯罪行為が耐えないのですから、警戒するのは当然です。誰でもウェルカムって日本が滅亡してもいいという事でしょうか?

そんな世知辛い事を言うなんて・・と思われる裕福で寛大な皆様が自腹で面倒を見て頂けるならまだしも、実際に投入されるのは税金なのですから、そんな事をしていたら国が潰れてしまう、乗っ取られてしまうと警鐘を鳴らすのは一国民として当然ではないでしょうか。

なのに二言目には差別だヘイトだレイシズムだと騒ぎ立て、日本の国民である日本人からの批判や反論を許さないのは筋違いというものです。在日だからという理由だけで死ねという様な場合はヘイトだとしても、行政や政策、防衛に関する危機意識や提言は差別でも何でもありませんから。

そもそも外国人ファーストで国民は冷遇ってどういう事でしょうか?
在日問題は日本にとっては脅威でもある事を忘れないで頂きたいと思います。

私は自分自身が日々不審な外国人や在日からの付きまとい被害を受けている為、人一倍その危機感を持っています。何かとんでもない事が起きていると・・・。

一見平和に見える日本ですが、日本人がボケーっとしている間に、あるいはゲームや芸能や下らないテレビ番組や娯楽に現を抜かしている間に、どうやらこの日本という国は、朝鮮や中国の工作員が犯罪や工作活動し放題のスパイ天国、治安の悪い国となってしまった様です。というか私が知らなかっただけで、殆どの日本人が気付かなかっただけで、元からそうだったのかも知れません。

産経ニュースwebより
あり得るのか? 北乗組員逮捕で菅長官「工作員の可能性」

東アジア黙示録 様より
北鮮海軍854部隊の侵攻劇…大量漂着に紛れた軍事行動

以下、現代ビジネスweb 様より

私が出会った北朝鮮工作員たち 第1回
ミサイルより恐ろしい…北朝鮮「浸透工作員」とは何者なのか

私が出会った北朝鮮工作員たち 第2回
日本に自由に出入りする「北朝鮮工作員」驚くべき実態

私が出会った北朝鮮工作員たち 第3回
日本から姿を消した「北朝鮮工作員」が、騙した「妻」に贈った小包

私が出会った北朝鮮工作員たち 第4回
日本で生まれ育った若者が「北朝鮮工作員」にされるまで

私が出会った北朝鮮工作員たち 第5回
北朝鮮が使う「スパイ術」で、日本の警察組織をかく乱した主婦がいた

私が出会った北朝鮮工作員たち 第6回
北朝鮮「武闘工作部隊」日本人妻と子供たちが辿った残酷すぎる運命

私が出会った北朝鮮工作員たち 第7回
大量殺人を実行した北朝鮮「女性工作員」はなぜ自白をしたのか

私が出会った北朝鮮工作員たち 第8回
北の工作員が日本人拉致を続々実行する契機となった「ある事件」

公安を美化しすぎている様な気がしないでもありませんが、この連載は読み応えがあります。(私は公安自体にスパイが入り込んでいるのではないかと、大胆な事を考えてしまいます。)

スパイとか工作員、などと言うと、映画かドラマか小説の中だけの事の様に思っている日本人が多いと思います。実生活でその様な話をすれば、隠謀論にのめり込みすぎて頭がおかしくなってしまったと思われるか、かなりの変わり者だと思われるのが関の山でしょう。

しかし危険はそれだけではありません。恐ろしいのは、先日も中国からの移民問題と感染症の増加で触れた様に、移民や難民、工作員によって持ち込まれる感染症です。

朝鮮戦争最大の危機「黒死病=ペスト蔓延」疑惑とは? 北の天然痘罹患工作員に備えよ!

この様な現実を見ても尚、「陰謀脳」と揶揄し、「考えすぎ」と冷笑していれば、日本はこの先も安泰なのでしょうか?あまりにも日本人は危機意識がなさすぎる様に思います。



本当に恐ろしいのは、もうこの世にはいないヒトラーですか?それともナチスなのですか?私は違うと思います。むしろ同じ敵と戦っていたのだと思っています。

ゆの手先の工作員は論外ですが、何も知らずに、あるいは知ろうともしないで、子供の頃から教育やマスコミによってガチガチに刷り込まれた嘘やプロパガンダに気付かないまま、ナチス、ヒトラー叩きをしている人が殆どではないでしょうか?それで喜ぶのは誰なのか、一度その刷り込みを横に置いて、論理的、合理的に考えたらわかるはずです。誰がこの世界を支配し、テロや暴動や戦争を起こし、集団ストーキングの様な人物破壊活動を仕掛けている張本人なのかが・・・。





*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する