寒空の下、車の中で寝る住民A

早朝、ゴミ捨てに出たついでに、相変わらず路駐を繰り返すセルシオに「路駐禁止」と手書きした警告の紙を貼っていた時の事。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


驚く事に、その車の中に人が寝ていたのです。こんな寒空の下で、なぜ?しかも部屋はすぐそこにあるのに。全く不可解な事をする人達です。

まず、ゴミ捨てに出た時の様子から説明します。

可燃物を捨てた後、いつもの様に路駐車両のチェック。

1台目。NOAH 33-71

 



このNOAHは付きまとい常連のM口の車。

※撮影していると路駐にやって来る、という定番のアンカリング。

 



2台目。山梨51-00。


3台目。常習のセルシオ 35-27(A部)。

※奥の証明は自販機。

県道への出口付近に近づいたタイミングで通過する車。これも定番のアンカリング。


振り返り、再び路駐車両を正面から撮影。(セルシオ)


NOAH33-71


いつもこの赤いライトが点滅している。これは何?




珍しく駐車場に駐めている


一旦部屋に戻り、警告の紙を用意して再び路駐車両の場所へ。




 



助手席にはアルミのシートの様な物があり、何かの怪しい機材を覆い隠しているのかと思いました。

 



サイドガラスにガムテープで警告の紙を貼りながら、ふと助手席に視線を向けた際に、このシートがふわ~っと浮き上がり、何事かと一瞬戸惑う。


密閉状態の車内で風が発生する事はありえない為、人がいる事に驚きつつも、交代で車内に寝泊まりしなければいけないのかとも考える。

その間に撮影していた映像には、何やら怪しい光が映り込んでいました。


走り去る車の撮影などをして


寝ている人物を起こして、直接口頭で抗議しようと声を掛けていますが・・・。

 


 



しかし、ちょっと歩けば自分の部屋があるのに、なんでわざわざ車の中で寝る必要が?交代で見張りとしか考えられません。

 



路駐をしない様に直接言おうと思い、ガラスを叩きながら(と言っても掌なので割れる事はない)、かなり呼び掛けたのですが、ずっと寝たふりをしたまま結局注意をする事はできませんでした。

そうこうしている間も、妙にタイヤの音を響かせながら、ひっきりなしに車やトラックが走り抜けていました。まだ夜も明けていないのに、あの通行量はあり得ません。私がカメラを向けられない状態だったので、この時とばかりにトラックも通過しましたが、音声はしっかりと拾っています。

そして部屋に戻り、PC前に座った直後、部屋の外からけたたましい警報アラームが。


音の発生源は先程のセルシオです。私が窓を叩いた振動に反応したのでしょうか?それにしては10分以上も時間が経過しています。



反射板のアップ。


一旦鳴り止んだアラームが再び鳴り出します。


車内で寝ていた住民が下りて来ました。






部屋の方からA部の奥さんが歩いて来ます。








車のドアを開け、アラームが鳴り止みます。


という事は寝ていた旦那は車のキーを持っていなかったという事?
もしキーを持っていれば、自分でアラームを止めればいいのだし、奥さんが出てくる必要のないのでは?

そして、仲睦まじく部屋に戻る二人。




この時の様子も動画でUPしますが、取りあえず画像のみで、不可解な行動をする団地住民についてご報告致します。

※文章が変な所もあると思うので、また後で修正します。

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する