ユダヤ人地区でのギャングストーキング?


画像はGooglemapより。

世界一周旅行をされている方がユダヤ人地区の様子を動画で紹介されていましたのでご紹介します。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。




こちらの動画を拝見していて、ある奇妙な事に気が付いたのですが、同じ人物が何度もこの男性の周りに現れ、まるで集団ストーカーの様な行動を取っていました。動画でもお分かりだと思いますが、以下スクリーンショットをお借りしました。

数枚に留めておくつもりだったのですが、気付いたら結構な枚数になってしまいました。いつもの私の悪い癖ですが、この場をお借りして投稿者様にお詫びとお礼を申し上げます。(尚、投稿者の方に迷惑が掛かってしまいますので、このブログから画像の転載・引用をされません様、お願いします。)

私はどうしても被害者目線で見てしまうので考えすぎかも、というシーンもあるかも知れませんが、断定はしませんのでそれぞれにご判断頂ければと思います。

追記:画面をドラッグするとアングルを変えられる為、回転させて見た所、同じツアー客だった様です。なので、この男性と一緒に行動しているわけですから映像に映り込んでいても不思議ではないのですが、それでもやはり違和感は残ります。ツアー客を装って地元のStalkerが紛れ込んでも全然不思議ではありませんので・・。


まず最初にこの車ですが、よくこの様なタイミングで車が停車する事があると思います。


問題はこの赤いズボン(パンツ)の女性です。


カメラで写真を撮影しながら、この後、何度も登場していました。



後ろ。


シナゴーグの床がふりーめーそん風チェック。


スマホに見入っているユダヤ人男性もちょっと怪し気。後でガイドの話を聞いている時に、何か見下す様な視線を向けていました。

前後しますが、このシーンです。




ユダヤ人差別だと言っている人達が、一番差別意識を持っている張本人だったりするのではないかと思ってしまします。自分達の方が上だという優越感や選民思想的雰囲気が漂っています。

また写真を撮っています。


何を撮影しているのでしょう?


何となく、男性に付きまとっている様に見えてしまいます。


こんな風にして隠し撮りしようと思えばできますね。




↓ここで大分距離が離れてしまった為、小走りに走って寄り距離を縮めていました。


この左側にいる男の人も何となくですが、無関係かも知れません。


そしてまたこの女性です。


民家というかアパートらしき建物しかない様に見えますが、何を撮影しているのでしょう。


もう一人女性が現れ、やはりこの住宅地を熱心に撮影しています。


アパートの屋根か空を撮影しているのでしょうか。


また現れました。


今度は赤いトレーナーを着た男性とのコラボ風。


そして壁?を撮影。




カメラを持つ手が何か不自然。


???


被害者の目線で言えばカラーハラスメントに思えなくもありませんが・・。


教会の中でも・・。


一瞬火花が散る?瞬間。


極めつけはこのシーン。矢印が例の女性のリュックです。


なんとこんな場所でも写真撮影。


一体そこに何が??


あまり離れすぎない距離で歩き出し


接近して


追い越すかと思いきや


くるっと向きを変えて今度は壁を撮影。emoticon01.png


う~ん、そこに一体何があるというのでしょうか?




emoticon01.pngemoticon01.pngemoticon01.png
この方が映っていたのはこの場所が最後でしたが、それにしても不思議な方でしたね。

続いてこのバイクが通りすがりにクラクションを鳴らしていました。


後方からはランナーが接近中。




集ストあるあるの光景。






手元が何か怪しい。


この帽子、よく見ると変じゃないですか?


あと、鼻の所も。



という事で、私から見ると、もろに集団ストーキングのストリートシアターの光景だったのですが、他の被害者の方はどの様に思われたでしょうか。

しかもユダヤ人地区というのも何だか気になります。あの女性も、観光客を装ったユダヤ人地区の住人だった可能性もなきにしも非ずです。もしかしてユダヤ人による日本人狩り?なんて妄想を働かせてしまうのですが、真相は如何に。

動画投稿者様には改めてお礼をお詫びを申し上げます。

同じ方がアウシュヴィッツやビルケナウ強制収容所をレポートされている動画もありますのでよかったらご覧下さい。





この動画は360度カメラで撮影されたものですので、左上のマークをクリックする事で、文字通り360度好きな位置の映像を見る事ができます。





なるほど、こういう風に自撮り棒を持って撮影していたのですね。Googleマップもこういう風にして撮影している様です。これ証拠取りには最適じゃないでしょうか。抜群の威力を発揮すると思います。

実は私もスクリーンショットを取り込んでからYoutube上で画面を回転させる事ができる事に気付いたので、もう一度あの女性の行動をじっくり確認してみたいと思います。

という事で、スクリーンショットを少し追加させて頂きました。

こんな風に360度画面を回転させる事ができます。


やっぱりすぐそばで、カメラを上の方に向けていますね。


やはりこうして見ても、妙にうぃりあむさんの周りで立ち止まっては写真撮影している様に見えます。


帽子をとる様にガイドさんに指をさされ、一斉に振り向いたツアー同行者の人達。この冷たい視線は・・。


帽子をとる様に促されただけで、この視線ってありますか?ガイドの人も、わざわざ指を指す必要もないと思いますが・・。何かこういう何気ないところに悪意を感じてしまいます。


※画像の引用元を失念してしまいました。

こういう風に冷ややかな視線を一斉に向けられる事が、被害者になると往々にしてあると思います。

普通なら全く気にも留めない些細な事でも、こういう微妙な空気というか雰囲気を感じ取ってしまう様になり、本来は楽しいはずのレジャーや旅行さえもストレスになってしまう私は、今では殆ど出掛ける事もなくなりました。人がいない場所なら行きたいのですが、山の上とかそのくらいしかなさそうです。

それにしても今はこんな事までできる様になったのですね。テクノロジーも善用だけなら本当に素晴らしいと思うのですが、必ず悪用する人がいて、例えば自分が撮影しているつもりでも、自分が撮影されていたり、などという事もザラにあると思います。集スト被害者は室内の様子まで見られていますから、それを考えるとやりきれなくなるのですが、そういう事をしている者達には、きちんとお礼をしなければならないと思っています。

ホロコーストに関しては考えが逆の立場ですが、それはそれとして、動画を公開して下さったうぃりあむさんには、違う意味で(本来の意味で)お礼を申し上げます。

もしご本人様がこちらにいらっしゃった折には、これを機に正史の矛盾なども知って頂いて、逆に矛盾を指摘するレポートをして頂けたら・・なんて我が儘をこっそり言ってみたりなんかして・・。

*・*・*




ここだけの話・・・本当です。

*・*・*

過去記事(ユダヤ関連)

アウシュビッツにガス室はなくホロコーストは捏造

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

今更ながら教育による洗脳の深さに驚く

改めてホロコーストの真偽を問う

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々

戦後最大のプロパガンダ

ナチバスター Nazi Buster

国際ネットワークの代弁者達

やはりユダヤを抜きには・・

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

ヒトラーの大衆扇動術?

猶太(ユダヤ)国際秘密力

黒人奴隷貿易の支配者

アジアを攪乱する猶太人

能川元一氏からの反論(というより誹謗中傷と暴言)

*・*・*

外部参考サイト記事・文献

ホロコーストと見直し論

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第一部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第二部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第三部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(最終部)

戦後七十年、ナチスの<ガス室>が実在したことを証明する法医学的鑑識は未だに提示されていない・・・

噓の歴史観に抗議の焼身自殺をした元ドイツ兵の遺書

ロベール・フォリソン:『ダッハウ収容所の死亡者推移グラフと写真について』

『ヒトラーとサダム・フセインの<大量破壊兵器>』 ロベール・フォリソン

『第三次世界大戦を歴史検証主義的方法論で考察する』~ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(前半)~ ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(後半)~ロベール・フォリソン

中東問題と歴史検証主義:『イラン、フランス及び世界における歴史検証主義』ロベール・フォリソン

逆転ニュルンベルグ裁判 ~ユダヤの嘘を暴いてナチスの無罪を勝ち取れ~

1942年日本政府「元来ユダヤ人は悪い奴。厳重に取締る」

ショール・アイゼンベルグ

弁護士シルヴィア・シュトルツがドイツでのホロコースト裁判について語る

国立国会図書館デジタルコレクション
世界の毒素 : 猶太民族の大陰謀と大和民族の警醒

アジアを攪乱する猶太人 [82]

共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状

神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫
『世界の敵"共産党"を敢然起って膺懲する』リッベントロップドイツ全権の声明

*・*・*

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読下さい。

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承下さい。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する