『弁護禁止・立証禁止』のまま有罪判決が下されるホロコースト否定罪



ホロコースト否定罪に問われたエルンスト・ツュンデル氏を弁護したシルヴィア・シュトルツという女性弁護士の方の講演を、pさんが翻訳して下さいました。こんな裁判と法律があるのかと、もう驚きの連続でした。ぜひご覧頂きたいと思います。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。




昨夜、この動画を視聴しながら、シルヴィアさんの仰る事に深く納得しつつ、これを多くの人が理解したら、ホロコースト神話は崩壊するだろうな・・などと思った矢先にサイレンが鳴りました。

案の定です。いつものパターン。やはり連動しているのだと、改めて確信しました。記録の為に撮影に出ると、またいつものメンバーの車が路駐していました。その後、高速道路に視線を向けた瞬間、整備車両が3台続けて通過、いつもの青い電飾のトラックも通過しました。

詳細は次の記事で詳しく報告したいと思いますが、この世界を支配しているのがヒトラーやナチスではなく、ユダヤ国際ネットワークだという事は、誰の目にも明らかだと思います。何故なら、法律さえも自分達に都合よく「整備」し、「強化」し、否定したり疑っただけで禁固刑になってしまうのですから、司法が誰にとって都合良く運用されているのかは、それこそ「説明する必要もないほど公知の事実」であり、誰が牛耳っているのかは一目瞭然でしょう。

この動画はぜひ多くの方に見て頂きたいと思います。シルヴィアさんの主張をじっくりと聞いて理解して頂きたいと思います。そうすれば、いかに不条理で非合理的な判決が下されているのかはお分かり頂けると思います。ましてや法学部を卒業された様な頭脳明晰で法的知識のある方が、この出鱈目さを理解できないはずがありません。

壊れたラジオの様に、ナチスがー、ヒトラーがー、と未だに言っている人は、一度この動画をしっかり見てから言って欲しいと思います。何一つ証拠も記録も残っていないのに、なぜ「ナチスの手口!」などと寝ぼけた事が言えるのだろう?と思います。論理(というかこじつけの為の理屈)が破綻している事に気付かないのか、気付かないふりをしているのか、聞こえないふりなのか知りませんが、実に滑稽です。

何一つ証拠も記録も文書も残っていない事が「証明の必要のない公知の事実」とされ、それを検証したり否定したり疑問に思っただけで「ホロコースト否定罪」という罪で罰せられ、刑務所に入れられる。

こんな横暴が、これから世界中の国で実施されたら、どんなに恐ろしい事になるでしょう。支配者達(ゆだ)の不都合な嘘は次々に「疑ったら刑務所行きの“公知の事実”」に指定されるのは目に見えています。

こんな事が「法律」と呼べるのだろうか、呼んで良いのだろうかと疑問に思わない人の神経を私は疑ってしまいます。そして、法学部を卒業された経歴をお持ちの法律に明るい方なら、真っ先におかしいと気付くはずなのに、そういう人が率先して「ナチスの手口」などと言っているのです。

その様な人達の女神?守護神?的存在の方は、こんな印象操作に終始。



ツイートの方でも反論していますので、よかったらスレッドを展開してお読み下さい。


極端な話ですが、証拠を一つでも示す事ができれば、否定も疑問も生じないものを、証拠が何一つないからこの様な疑惑を向けられるのです。逆に言えば確実な根拠があれば誰も疑ったり疑問に思う事はないのです。

考えても見て下さい。原因や陰謀的な話はともかく、311があった事を疑ったり否定する人など一人もいません。実際に激しい地震の揺れを感じ、東北地方の海岸沿いは津波に襲われ、あちこちで甚大な被害が発生し、多くの国民はテレビを通じてF1の爆発をリアルタイムで、あるいは録画で繰り返し見たのです。その後のヘリによる冷却水の投下作業の様子などは、今でも鮮明に記憶に残っています。そんな中で、あの311の地震や津波、福島原発事故がなかったなどという人は一人もいません。疑う事すら不可能な、大量の証拠と根拠と痕跡が実在するのですから。

しかしながら、アウシュウィッツ他であったとされるホロコースト(ユダヤ人絶滅計画)では、何一つとしてその様な計画が実行された事を証明するものがないのです。あるのは証言のみ。(証言については後述)

もうお分かりの様に、何ひとつ証拠を提示して反証する事ができないので、こういう風に笑ってみたり馬鹿にしたり、「隠謀論者」、「反ユダヤ主義者」、「ヘイトスピーカー」、「差別主義者」などと、手当たり次第にレッテルを貼っては、その人物を貶め、主張の信憑性を欠くための印象操作に終始するのです。証拠を提示できない為、苦し紛れの回避として、相手を貶める事で自分達の主張を正当化する、あるいは誤魔化すのです。

それともこの様なものを「証拠」として掲げるのでしょうか?



あるいは精神病扱い?


どの分野でも、都合の悪い主張や疑惑を封じる手段は同じです。相手の精神がおかしい事にするか、「隠謀論」とレッテルを貼る。その様に相場が決まっています。

「裁判に勝った」と仰いますが、そもそも事実かどうかを証明する必要がないのですから、最初から裁判で勝つに決まっています。しかも「証拠がないのになぜそれが事実なのか?」と質問する事さえできないのですから、そんな裁判に勝ったところで、「ホロコーストが事実と証明された」などと言えない事は誰にでも分かると思います。まさに詭弁中の詭弁。「キングオブ詭弁」の称号を進呈してもいいレベルだと、個人的には思います。

詭弁と言えばこのお方も・・。


例の自作自演クンもそうですが、この方々はフォリソン教授には絶対に触れません。

あるいは逆切れします。


自分から言い掛かりを付けてきて、フォリソン教授の記事を読んでみたらどうですか?と提案した所、「うるさいんだよ!こっちはそんなにヒマじゃない」と暴言を吐き捨てるのですから、それなら最初から絡まなければよかったのにと思いました。

とにかくフォリソン教授は彼らにとっては「鬼門」である事は、直接バトルの中でまざまざと見てきたのですが、フォリソン教授の指摘にはまともに答えられない為、本を読めの一点張りだったり、どうでもいいような、例えばwikiの引用方法について的外れな指摘をしつこく繰り返したり、本題からはかけ離れた方向に論点をずらすのが常套手段の様です。

能川元一氏からの反論(というより誹謗中傷と暴言)

フォリソン教授と不快な仲間達」などという駄文は、残念ながら読破するだけの忍耐力がなく、数ページ読んだだけ放置状態です。仮に読破したとしても、数多くの疑問が解消しないであろう事は、何ページか読んだだけで分かりました。枝葉のどうでもいいような事で否定してみたり、お門違いな印象操作によって何とかフォリソン教授を貶めようという意図がひしひしと伝わって来るのです。こちらも忙しいので(と私も同じ主張してもいいですよね?)、仮に全部読んだとしても貴重な時間を無駄にするだけです。~が同じ主張をしている、~がこう書いている、~的思想が云々、これらの人物の思考体系はあーでもないこーでもない・・・ごちゃごちゃごちゃごちゃ。

vomit-151447_960_720.pngvomit-151447_960_720.pngvomit-151447_960_720.png
そんな事より、ガス室での大量虐殺に関する幾多の疑問と不可解さに対する指摘に明確に答えるのが先でしょうに。

ここにも動画を埋め込みますのでよくご覧になって下さいね。


繰り返しますが、反論のしようのない証拠や、捏造ではない確かな記録が残っていれば、誰もそれを否定したり疑問に思う事はないのです。そういう事があったと納得し、同じ事を繰り返さない様にと誓うだけです。しかし、現にこうして納得していない人達が、学者を含め少なからず存在するという事は、取りも直さず、懐疑派を納得させられるものが何一つとして存在していないという事の裏返しではありませんか。。

証言?

証言などいくらでも偽証の余地があります。あるいは拷問を受け、勝者に都合のいい証言を強要されたり、拷問の結果の「自白」などはいくらでもあるでしょう。拷問や脅迫をすれば、ホロコーストがあった事にしたい人達の思い通りの“証言”を引き出す事ができるでしょう。それがあのニュルンベルク裁判における証言の数々ではありませんか?

ニュルンベルク: 消えざる犯罪

また生活を保証されたり、多額の賠償金を受け取れるなら、被害者や犠牲者、遺族になりきった嘘の証言もする事でしょう。全ての人がとは言いませんが、本来人間とはそういう生き物なのです。自分の正義を貫くより、目の前の現金や銀行の残高や毎月振込まれるお金が大事なのです。

お金がなければ生活できないわけですから、最低限の生活費は何とか工面しなければならないのは当たり前ですが、ちょっと作り話をすれば多額の賠償金を受けられるなら・・してしまうと思いませんか?仮に数千万円ものお金を貰えるとしたら、しかも自分だけではなく多くの人が同様の証言をしていたとして、あなたはそれを断る自信がありますか?

その負担は、同じユダヤ人ではなくドイツ人がしてくれるのです。日本人の血税から10億円も負担した従軍慰安婦問題と似ていますね。一人1000万円受け取ったという話もありましたが、私も、私もと、こぞって被害を訴える事でしょう。悲しいかな人間とは所詮その様な生き物なのです。

だからおかしな証言が山のように出てくるのです。






いくら裁判の記録や生存者の“証言”があったとしても、こんな荒唐無稽な事をそのまま信じ、事実として認めろという方が馬鹿げています。少なくとも偽証の余地を完全に否定できない以上、証言があるからと言ってそれが事実とは限らないのに、証言のみを根拠に

「ホロコーストはあったのだ」

「あったからあったのだ」

「証明する必要のない公知の事実なのだ」

「そもそもあったのかなかったのかなど問題ではない」

「口頭弁論は傍聴人に悪影響を及ぼしすので文書あるいは筆談で」

「その前に、疑ったり否定する事は法律で禁止されていますから、その様な弁論をした時点で有罪が確定します」


・・などという具合に、一切の反論も反証も証拠請求さえも禁止され、あったのかなかったのかもわからない「公知の事実」を押しつけられてしまうのです。

それが『弁護禁止・立証禁止』の恐ろしさです。

もう一度何が問題なのかを整理してみたいと思います。この様な状況を想像してみて下さい。

死体もない、虐殺の痕跡もない、凶器も見つかっていない、何の証拠もないのに、突然自分がその「死体のない殺人事件の犯人」にされてしまいました。

自分には心当たりが全くありません。なので「その殺人事件は、いつどこでどのようにして誰がどんな凶器で殺害した事件なのですか?証拠があるなら見せて下さい。殺害された人はどこの何という人なのですか?そもそも自分はその様な殺人など犯していません。」と口頭弁論をしました。

そうした所、「その様な疑問を持ったり殺人事件があった事自体を否定する事が有罪になります。あなたには~年の禁固刑を言い渡します。」と裁判官から判決を言い渡されてしまいました。

証拠請求をしたり、被告の弁護をした弁護士も「ホロコーストを否定してはいけないという法律に抵触する」との理由で有罪になってしまいました。

判決通り、私と弁護士は服役する事になりました。

・・・と、この様な状況を思い浮かべて頂ければ分かりやすいと思います。

これはもう公平な裁判とは呼べず、最初から被告と弁護人が有罪になる以外にない裁判です。

こうして司法さえも支配下において世界を支配しているのはナチスですか?あるいはナチスの残党ですか?ヒトラーですか?それとも自作自演(勿論ユの)ネオナチですか?

違いますよね。なのに何もかもナチスやヒトラーのせいにして本当の犯人を隠す為に暗躍している人物がいて、隙あらばナチスに濡れ衣を着せようと躍起になっています。だから私はその様な者達を毛嫌いし、心底軽蔑しているのです。

多くの方に取っては信じられない事かも知れませんが、こんな事が今この時代に実際に起きているのです。場合によっては死刑にさえなりかねないのです。今までに、これらについて言及した事で投獄されたり死刑になった人の数はどれ程のものでしょう。

こんな不条理な事が、これだけ科学や技術の発達した現代において実際に起きているのです。今の科学技術を駆使すれば、部屋の壁などあってない様なものです。それこそ私たちの様な組織犯罪の被害者が訴えているテクノロジー、具体的に言えば、室内にいても壁を透過して盗撮されてしまう様な技術があるわけです。

X線発生装置の悪用疑惑

ファイバースコープや赤外線、X線などを使用すれば、瓦礫の下や地中に何が埋まっているのかを探知できるにも関わらず、なぜ証拠が一つも出てこないのでしょうか?おかしいではありませんか。

証拠を一つでも提示できたら、検証主義者、あるいは懐疑派だって黙るのです。本当の史実であれば認めるのです。シルヴィアさんも仰っていた様に、ただ事実を知りたいだけなのですから。そして「間違った正史」であるなら、それは正さなければならないと言っているのです。それのどこに「憎悪感情」があるというのでしょう?ユダヤ人に対するヘイト発言なのでしょうか?寧ろ冤罪をかけられたまま、多大な不利益と不名誉を被った人達の名誉を回復したいと願っているのです。

この様な事ばかり書いていると、アカウント停止やブログ閉鎖に追い込まれるかも知れません。しかし言うべき事は言っておこうと思います。

ご自身が投獄されても弁護し続けたシルヴィア・シュトルツさんの様な方がいらっしゃる事に勇気を頂き、そして私などはシルヴィアさんの足元にも遠く及びませんが、こうして細々とネットで訴え続けたいと思います。一人でも二人でも、この重大さに気付いてくれる人がいたなら・・・、そんな風に思っています。偽善っぽく感じられるかもしれませんが、いいえ、偽善でも構わないので、もし私がネットから消えたとしても、その方がまた次の誰かに伝えて欲しいと思います。

その様な世論の広まりを妨害すべく、ドイツに更なる冤罪の泥を被せようとしている者達が、今日もどこかで善人や良識人、あるいは仲間や味方の仮面を被り、誘導工作に励んでいるのですが、その様な者達には遠慮はしない事を、今一度明確にお断りしておきたいと思います。

これだけ明確な矛盾や不条理を華麗にスルーしておきながら、ヒトラーがー、ナチスがーと、あさっての方向(ユに都合のいい方向)に誘導しようとしている撹乱工作員が、馬脚も露わに今日も撹乱工作に奔走しています。もう雇われ工作員は確定ですから、そういう人に付いていく人は、同じ目的で動いている人だと判断します。バレそうになると、水道法やTPPを批判して、あるいは有益と思われる情報を提供して、自分は真実を追求している99%側であるかの様な偽装工作とアリバイづくり。まるっきり菊○工作一派と同じです。

ユダヤ(国際ネットワーク)の犯罪を隠す為に、あれこれと情報や話題を振りまき、ユダヤの犯罪に追及の目が向かない様に巧妙にスピンしている事がお分かりにならないでしょうか?そして自分達がスピン屋なのに、しきりに「スピンだ、気を付けろ」と注意を呼びかける欺瞞に、お気付きになりませんか?

はっきりいいますが、先日、自作自演した偽善者の様な人間の事です。毎日集中して3~4時間くらいツイートしている所を見ると、おそらく時間制のアルバイトの様な気がします。(この様に指摘したからか、随分と時間延長していた様です。今後は裏をかいて変則的に投稿すると思われます。)

リアルタイムでスクショを張るのはやりすぎ、などと文句を言っていましたが、リアルタイムで仄めかしをしているのはどっちですか?(今日の記事内容もツイートでいくつか仄めかしていた様です。311、地震、長野、ネット工作員など。いずれも私がブログで公開した後の投稿。)

本当に悪いやつはまったく悪く見えない様にしている。
そのままですね。
そう、あなた達の事です。

何のことはない、自分で自分の事を言っているのです。それに騙されずに見抜いて頂きたいのですが、残念ながらその一派にはかなりの信者がいる様です。私も最初は全く見抜けず、参照していた時期もあったのですが、ホロコーストの事をきちんと調べてからは、この人達はとんだ食わせ物だとわかりました。太鼓持ちの工作員もかなり投入されている様で、多くの人から評価されている様に見せかけている部分もあります。ただ、いずれは・・の皮が剥がれるとは思います。必ずどこかで馬脚や尻尾が見える瞬間というのはありますから、それを見逃さない様にして頂きたいと思います。


ここで西岡さんの記事へのリンクをお借りします。
「筆舌に尽くしがたい迫害」の部分については個人的に未確認(未検証)の為、保留の立場ですが、とても参考になります。

「ユダヤ人絶滅計画」は実在したか--(西岡昌紀「アウシュウィッツ『ガス室』の真実/本当の悲劇は何だったのか?」(日新報道・1997年)より)

同じ懐疑主義側であっても、細かい部分は意見や見解が違います。だからと言って罵り合ったり侮辱しあう様な事はしません。私が厳しく批判するのは、自分自身の被害に対する加害者達と、先に述べた様な、所謂隠蔽工作員(偽被害者含む)に対してだけです。


この様なプロパガンダを展開する為に雇われた者達が大量にネットで活動しているのは言うに及びません。だから自作自演クンなどは、自分の具体的な被害を語らないのに(多少は語っていたとしても、写真や映像などの記録による裏付けもなく、いくらでも創作で書ける様な内容)、事あるごとにナチスにこじつけて、どんな事でもいいからナチスにこじつけて、ナチス黒幕説を熱心に布教しているのです。誰に雇われているのかは言わなくてもお分かりかと思います。

日本(軍)とドイツ(軍)を貶める。その為のホロコースト、南京虐殺、従軍慰安婦、731部隊に於ける寓話や捏造、冤罪の数々・・・、別々の問題のようであっても、実はこれらは全て1本の糸で繋がっている事がお分かりになると思います。

という事で、話が行ったり来たりしてしまい、また少々辛辣な事も書いてしまったのですが、改めて翻訳して下さったpさん、そして西岡さんにお礼を申し上げます。

早速リンクをお借りします。
ロベール・フォリソン:『戦時中のナチスドイツに何故ユダヤ人用病院が?』



*・*・*



未だに<ホロコースト神話><ナチスの殺人ガス室><ヒトラーによるユダヤ人絶滅計画>などという作り話を信じている方には、ぜひこれらの矛盾を真剣に考えて頂けたらと思います。熱心に撹乱や誘導をしている「個人を装った“物書き”や“さえずり”達」を含むユダヤお抱え広報部隊の流す情報に、どうか流されず騙されないで頂きたいと切に願うばかりです。


ここだけの話・・本当です。

*・*・*

過去記事(ユダヤ関連)

アウシュビッツにガス室はなくホロコーストは捏造

ギャングストーキングとユダヤとホロコーストの嘘

今更ながら教育による洗脳の深さに驚く

改めてホロコーストの真偽を問う

それでもナチスとヒトラーのせいにしたい人々

戦後最大のプロパガンダ

ナチバスター Nazi Buster

国際ネットワークの代弁者達

やはりユダヤを抜きには・・

嫌がらせで追い出されるパレスチナ人

ユダヤ人地区でのギャングストーキング?

ヒトラーの大衆扇動術?

猶太(ユダヤ)国際秘密力

黒人奴隷貿易の支配者

アジアを攪乱する猶太人

能川元一氏からの反論(というより誹謗中傷と暴言)

外部参考サイト記事・文献

ホロコーストと見直し論

戦後七十年、ナチスの<ガス室>が実在したことを証明する法医学的鑑識は未だに提示されていない・・・

『弁護禁止・立証禁止』で相手の反論を封じるホロコースト否定罪
弁護士シルヴィア・シュトルツがドイツでのホロコースト裁判について語る

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(前半)~ ロベール・フォリソン

『カナダの歴史検証主義:ツュンデル裁判』(後半)~ロベール・フォリソン

噓の歴史観に抗議の焼身自殺をした元ドイツ兵の遺書

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第一部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第二部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(第三部)

あるドイツ人記者によるロベール・フォリソン教授へのインタビュー(最終部)

映画『人物像~ロベール・フォリソン』より抜粋

ロベール・フォリソン:『戦時中のナチスドイツに何故ユダヤ人用病院が?』

ロベール・フォリソン:『ダッハウ収容所の死亡者推移グラフと写真について』

『ヒトラーとサダム・フセインの<大量破壊兵器>』 ロベール・フォリソン

中東問題と歴史検証主義:『イラン、フランス及び世界における歴史検証主義』ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤック:『私はカチンの墓穴を見た』

『第三次世界大戦を歴史検証主義的方法論で考察する』~ロベール・フォリソン

ロベール・ブラジヤックの最期

モーリス・バルデシュ:『ニュルンベルク、または約束の地』(1)

ヴァンサン・レヌアールのビデオ:『歴史は勝者によって書かれる』

逆転ニュルンベルグ裁判 ~ユダヤの嘘を暴いてナチスの無罪を勝ち取れ~

1942年日本政府「元来ユダヤ人は悪い奴。厳重に取締る」

ショール・アイゼンベルグ

国立国会図書館デジタルコレクション
世界の毒素 : 猶太民族の大陰謀と大和民族の警醒

アジアを攪乱する猶太人 [82]

共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状

*・*・*

集団ストーカー?統合失調症患者の妄想でしょう?と思われる方、あるいは否定工作員の皆様には此方をお勧めします。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視

オリンパス敗訴で明らかになった女弁護士のブラック過ぎる手口

シュタージ(東ドイツ秘密警察)の起源はロシア共産党

*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読下さい。

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をしていただけますので、ご協力よろしくお願いいたします。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止して下さい。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金していただいたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承ください。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金いただけます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する