サイレンが鳴ると漏れなくPERPが付いてくる



数年前からずっと続いている傾向として、サイレンが鳴る時は漏れなくPERPによる芝居が用意されています。サイレンが鳴ってからPERPが駆けつけるのでは間に合わない為、おそらく先にPERPを配置しておいて、準備が整った所でサイレンを鳴らすのではないかと思いますが、あるいは別の「方法」によって、瞬時に現れているのでしょうか。

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


春になってから緊急車両によるレスキューシアターがまた激しくなって来てただただ鬱陶しいのですが、この嫌がらせは無視していてもなくなる事はない為、仕方なく記録の為に撮影に出ます。そうすると漏れなくPERPの芝居付きと言う、まったく嬉しくない特典付きでゲンナリする日々。

しかし、此方もやられっぱなしではストレスが溜まる為、少しでもブログや動画で仕返しをしたいと思います。

↓この記事と動画をUPしてから、更にヒートアップしている気がします。

レスキューシアター in ○○団地(動画あり)

上の記事では画像が多い為、動画を埋め込んだ場所が分かりにくいかも知れないので再掲します。


この動画をご覧いただいければお分かりになると思いますが、屋外で、しかも結構な雨の中、一体何の緊急活動だったのでしょうか?

再掲




約40分間、この場所で何か作業らしきものをしていた事は、壁に投影された影で分かります。









先般の記事、及び動画でも触れていますが、これらの行動は如何にも不自然です。急病人か怪我人が出たのであれば、40分もこの場所に留まっているはずもなく、もっと早い段階で病院に搬送されていなければおかしいと思いませんか?

しかも救急車が戻る時のサイレンは聞いていません。一体どういう事でしょうか。これ以上言うまでもないとは思いますが、こうした状況から、この時の出動もやはり芝居だったと思います。

それをブログで指摘し、動画をアップした事が余程気に障ったのか、それ以降、昼夜を問わずけたたましいサイレンが何度も鳴り響く日々に逆戻りです。

  

13日以降の様子の静止画像を作成しましたので、以下掲載します。

緊急車両とセットでいつものメンバーが姿を現す傾向と特徴が見事に再現されている事をご確認ください。

2018/4/13

シリア関連のツイート(ホワイトヘルメットの救助活動は役者が演じていたというツイート)をRTした直後にサイレン。


これがその時の高速パト。


いつもの様に視線の先を走行していた青い電飾のトラック。(電飾は地面近くの位置なのでこの場所ではフェンスで見えない)


そのトラックが通過した後、カメラを下に向けたタイミングで車が現れる。これもいつものパターン。






スピードを落としたのでこのまま路駐すると思ったら・・


わざとらしく減速してほんの一瞬停車しただけで、そのまま出て行きました。


最近、この様なアンカリングをする車がよく来る様になりました。次から次によく考えるものだと思いますが、そうやって一生嫌がらせの為だけに生きて死んで、その後どうなろうと私の知った事ではありません。



上の車が見えなくなり、路駐車両の記録をする為にカメラを戻すと、やはり路駐車両が駐まっていました。これはいつもの路駐常習犯A部のセルシオ。


A部の車を撮影していると、やっぱり現れました。サイレンとセットの住民PERP。しかもまたY下です。


なぜかこういう時に現れる住民の一人、Y下M穂とその息子による芝居付き。

vomit-151447_960_720.pngvomit-151447_960_720.pngvomit-151447_960_720.png
柔道の練習を終えた息子を迎えに行って戻って来たという状況設定です。


親子で楽しそうな演技をするPERPY下親子。


飲み物を手に持つのもアンカリングの一つ。


いつもの事ですが、撮影開始から1~2分以内に現れるというのは、私に貼り付いているPERPにとっては鉄則です。なぜなら、そのわずか1~2分を逃すと私が部屋に入ってしまう為、たとえストーカーである事がバレバレであろうと、こうして姿を見せるのです。

それにしても親子でストーカーとは情けないですね。どんな顔をして学校に行っているのやら。(通常は加工をしますが、ここまであからさまに付きまといをしている事が明らかなの住民の場合は、加工なしで掲載する場合があります。)



2018/4/16

↓このツイートが図星だったのでしょう。この直後にサイレンが鳴りました。


夜更けにけたたましいサイレンが鳴り響く安心安全の街。


撮影を終えてすぐにツイート投稿。


交通状況マップを確認すると事故表示あり。


なぜかこの地域(私の住んでいる場所を通過する場所)でばかり事故が発生している気がします。


気がするだけでは根拠とならない為、今度から事故発生日時と場所をエクセルで記録する事にしました。

数字で比較したり数値を計算したり統計を取る事は、この見えない犯罪の可視化になる有効な手段だと思います。

それにしても、なぜこんな人達の為に、こんな時間と労力を使わなければならないのか、納得がいきません。犯罪行為をしているのは相手の方なのに。



2018/4/17

自作自演クンのスクショをブログに追加していたらサイレン。


ストーカー出動?ご苦労様。


相変わらずエスティマが路駐しています。散々きちがいだの統失だのと罵倒されて来ましたが、一体全体、頭がおかしいのはどっちなんでしょうかね。


追加していたスクショ。


この様なツイートもしています。


これが関係あるのかは特定できないものの、なぜか自作自演クンの記事を書いていたり追記している最中、またはその前後に緊急出動が増える傾向が顕著に見られます。しかもかなり大規模な出動になるのが特筆すべき点でしょうか。

いつも思うのですが、どうして同じ様な場所でばかり事故が発生するのでしょうかね。


しかも17日は、これで終わりではありませんでした。


スクショを追加した部分をよく見直していなかったので、少し寝て頭がスッキリした所で見直しをしていたら、またサイレンです。







またしても、カメラを向けたタイミングで車が入って来ました。


いくら偶然の一致だと主張した所で、こんな偶然の一致が発生し続ける方が異常です。


この後、若干「閲覧注意報」を発令します。



後ろのカバーを思わせぶりに開けているのも「如何にも」な感じ。


というか、爺さまの顔に違和感ありすぎ。

 



何か人間とはちがう気が・・・。

 


 





また奇妙な光景を撮影してしまいました。(-_-;)

上の軽トラが見えなくなって、カメラを戻すとぴったりのタイミングでU村の車が入って来ました。


なんと、サイレンが鳴って撮影に出て31秒後です。




U村だと分かったので駐車場側に移動します。駐車場にはシンクロ常連のH野井の車が駐まっていました。


疑惑が濃厚と書いていますが、私の中ではほぼ確定です。

その奥の車に乗っている住民もやはり加担しているのですが、わざとらしく此方を向けて駐車しています。こういう何気ない違和感を演出して、ターゲットにあれ?と思わせるのも加害工作の一つ。

U村の車が前進で駐車場を走るのを初めて見ました。


いつもバックでここまで来るのに、なんでこの時は前進だったのでしょうかね。






いつも口元を縛ったレジ袋を持っている。


このジーンズのしわ、よく見ると奇妙な事に気が付くかも。


vomit-151447_960_720.pngvomit-151447_960_720.pngvomit-151447_960_720.png

2018/4/18

事故発生状況の記録作業の為の画像を作成していたらサイレン。
↓作成していたのはこのツイート。その時間に事故があった事の根拠としてスクショを一緒に保存する事にしました。


撮影している時は気付いていなかったのですが、カメラ高速道路に向けるのと同時に、この様なブライティング工作がありました。


ここを照らす事ができるのは、G藤製作所の辺りです。相変わらず執念深い人達です。おそらくどちらかが死ぬまで、この様な攻防が続くのでしょう。



高速パト通過中。



高速パトが見えなくなりカメラを下に向けると、待っていたかの様に電飾トラック2連発。





いずれに1分以内の出現です。こんな事がずっと続いている事が、偶然であるはずがないのです。冗談も休み休み言って欲しいと思います。



↓ふと思い立って付け始めた記録。


この様な簡単な表で記録しておいて、後でグラフにする予定です。そうすると、いかにこの近辺で突出して事故が多いかが一目瞭然になるはずです。こうやって加害側の手口を一つずつ潰していくしかありません。それでも強引に決行するなら、必ずボロや矛盾が生じます。今でも矛盾はありますが、それに輪を掛けて矛盾した行動が発生する事になるのは必然ですから、その増大した矛盾を突き付ける事で、これが妄想でもなければ偶然の一致の連続でもない事を証明する以外に方法はないのかも知れません。

その様な事もツイートしていたので、事故を装って出動しずらくなると、今度は落下物他による出動を増やすであろう事は容易に察しが付きます。まさに心理戦です。しかも相手は思考まで読んでいる連中ですから、被害者は圧倒的に不利な状況での戦いを強いられます。まったく「卑怯者」という言葉がこれ程までにマッチングしている者達は他にいないのではないかと思います。

此方の裏を掻いて作戦を変更するだろうと思っていたら、やはり事故なしの出動でした。


↓でも落下物ばかりだと、こういう矛盾が生じませんか?


故障車両による出動もある様ですが、今時の車ってそんなには故障しないと思います。それでも頻繁に故障するなら、車検が杜撰でいい加減だという事になりますね。それはそれで問題じゃないでしょうか。高いお金を払って車検を受け、その間に故障って詐欺みたいなものですから。それだけではありません。下手をすれば自損だけでなく他人を巻き込み、命を奪ってしまうかもしれない様な整備不良車両がゴロゴロ走っていたら、高速道路なんて怖くて走れませんよね。



2018/4/19



カメラを持ってベランダに出ると、既にそれ(芝居)は始まっていました。


これはまた定番中の定番企業による見事なコラボレーション。


路駐車両もしっかり配置されています。


ターゲットの家やアパートの近くにわざとらしく路駐するのは日本だけではなく世界共通。アメリカのTIの方の動画を見ればまったく同じである事が分かります。ファイアートラック、救急車、パトカーがあからさまにストーキングしています。



騒音発生装置もとい、高速パト通過中。


あれ?電光掲示板に表示がありませんね。


何の出動でしょうか?


サイレンと連動したシアターでは定番中の定番JP。


私がベランダに出た直後に後ろのハッチを閉め、バンというノイズを発生させていましたね。本当にやることが何とかの一つ覚えそのままです。

因みに配達事業を始めたタクシス家というのは、郵便物を配達しながらスパイとして情報収集をする事も稼業としていた・・などという内容のブログを大分前に読んだ記憶がするのですが、記憶が曖昧なので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか?

路駐常習 216。


こちらも常連のH野井家の車


ここは路駐禁止だと百も承知なのに、平然と違反駐車を繰り返すというのは、どう考えてもまともな神経を持ち合わせていない人達の様です。ここに路駐しているのは工作拠点だからですよね。いい加減、自分達がこういう犯罪に加担していると認めたらどうですか?

また怪しい工事をしています。


ユダヤとかナチスに関するワードに私が反応した瞬間にサイレンが鳴る事がとても多いのですが、気のせいでしょうか?


さて一体何の出動だったのでしょうか。この後、頭に来てクレームの電話をしました。連日連夜のサイレン三昧ですから、いい加減にして欲しいと苦情を言うくらいは許されると思います。その騒音で睡眠不足になって事故を起こす人がいても不思議ではありませんよね。人命救助をしているつもりが、事故の誘発をしていた、なんて冗談がきつすぎませんか?深夜にサイレンを鳴らす事に抵抗を感じないとしたら、頭のネジが数本外れている様に思います。少しは気を使うという事を知らないのでしょうか?



この様に、サイレンと連動して、ほぼ100%の確率で特定の住民やトラックなどが現れます。これを偶然で片付けるには、あまりにも無理がありますね。

画像をストレージに保存しました。

※一部ショッキングな画像も含まれる場合がありますので、その様な画像が苦手な方は閲覧しないようお願い致します。

尚、画像のダウンロード、再配布、ストレージのリンクを第三者に伝える、無断で画像や画像のURLを掲載する等の行為は厳禁です。被害を解決する為にこの様な方法を取っている事をご理解頂ける方、そして以上の事を守って頂ける方のみご覧ください。


※画像をクリックするとストレージの別ウィンドウが開きます。
※しつこい様ですが、ストレージへの直リンクも含めURLを貼る行為、画像の再配布、再利用、転載、引用、共有は一切禁止です。


という事で、これらはやはり動画で見て頂くのが一番分かりやすいので、できるだけ急いで動画をUPしていきたいと思ってはいるのですが、さて次の動画に取りかかろうと思っているとあの手この手で私に意識をさせて、作業を妨害して来るのです。もうその見え透いた手口も分かっているのですが、これを証明できないのが何とも歯がゆいのです。そして妄想と統合失調症の壁を突き崩す事ができず堂々巡り。それでも立ち止まる事はできません。一歩でも二歩でも前に進むだけです。



*・*・*

本ブログを閲覧される際は、必ず下のリンク先をご確認の上、同意頂ける方のみ閲覧されます様お願いします。


※「集団ストーカー“被害”と言うが、そんなの単なる偶然に決まっているだろう、ただの妄想だね」と言いたい方はまず■偶然でない事は確率で証明できるをご一読ください。

ご支援のお願い

ブログ及び動画投稿を続ける為のご支援をお願いしております。ご支援して頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらより匿名にて簡単な手続きでチップの送金をして頂けますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、1~2週間以上更新が途絶えた場合は、恐らく私がご支援を受け取れない状況になっている事を意味しますので、ご支援はその時点で停止してください。私が一定期間、受けり手続きをしなかった場合、送金して頂いたチップは返金されます。

※ご支援頂いたからと言って、必ずしも私がその方のご意見やご意向に添えるとは限りません。ご支援と引き替えに、支援者様のご期待やご要望にお応えしますという様なお約束はできかねます。予めご了承ください。
詳しくはオープンチップライセンスを参照頂き、同意頂ける方のみ、チップを送金頂けます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する