ツイッターから8/27 訂正あり

8/28、一部、追加と訂正しました。
尚、画像には、集ストと関係のないものも含まれる場合があります。



今日も、また遭遇しました。警察のパトカー。




このキング牧師の言葉の意味は、重くて深い。
無関心でいたり、沈黙してしまったら、認めた事になってしまう。

文句も言わず、主張もしない、物わかりのいい人が、もしかしたら一番残酷で冷酷なんじゃないかと思うこの頃。少なくとも、はっきり言わなければならない相手には、譲歩や寛容さは、命取りになります。

あと、人目を気にして、調和を乱さず、事なかれ主義に徹し、そつなく振る舞い、大事な事をはっきり言わない人よりも、たとえ周りを敵に囲まれ四面楚歌状態になっても、命がけで抗議し抵抗する人の方が、私は好きだし信頼できる。



もちろん、無闇に騒ぎやトラブルを起こす必要はないですが、保身ばかり優先して、言うべき時に言えない大人が多すぎるから、こんな事になってしまったのでは?とも思います。

まあ、言いたくても言えない事も多いですが・・・。
私も加害者に向かって、お前のやっている事は全部わかっている!付き纏いはやめろ!覗きをやめろ!人殺しをするな!と、思いっきり言えたら、どんなにスッキリすることか。

ついでにケンシロウの決めぜりふもw。
おまえはすでに・・・・。
誰か秘功の突き方知ってますか?(冗談です)


今はどこまで進んでいることやら・・・。
これ、1997年の雑誌ですよね。
今はその頃と比べて、桁違いに技術進歩している。
しかも、悪用する方向で・・・。

※一部ツイートを削除しました。

唐突ですが、ちょっと私の撮影した画像を載せます。

下の画像は、団地住民が3人、私の部屋から見える場所で、たむろしていた時のものです。
すぐそばに自分の部屋があるのに、なぜわざわざ自転車にまたがっているのか、不思議です。
カゴの中にはバッグのようなものが、やはり入っています。
何気に私の部屋の方を向いてるし、話しながらこのカゴの方を不自然に気にしていました。
20140815_01.jpg

20140815_02.jpg

この右側の人物は、一時期、朝の7時前に、娘を車で送る際、下の玄関口を出た所でよく“鉢合わせ”になりました。
まあ、この3人とは小学生の頃からいろいろとありましたが・・・。

因みに、この日は、地元では盛大に花火大会がある日でした。
私は長時間、家をあけられないので(帰りの混雑がすごいので)、見に行かなかったのですが、工作員さん達も、見物に行けなかった人いたでしょうねw。

このレジ袋?には、なにやら四角いものがはいっている様ですが・・・。
20140826_01.jpg


20140826_02.jpg


20140826_03.jpg

たまたまベランダから下を見た時に、ちょうど歩いていた若い女性ですが、普通、若い女性が外出する時に、こういう黒いリュック持ち歩きますかね。
20140826_04.jpg


ツイートに戻ります。



私も「こどもを守る」防犯パトに付きまとわれていますが、
どうして、子供=善、大人=悪、みたいに決めつけているんでしょうかね?
カルトの子供に殺されそうになっている大人だっているのに。

加担している子供達って、目つきが異様というか、顔は笑っていても、目が笑っていないんですよね。
深い闇を抱えた様な目というか・・・、何か企んでいる様な目をしている。
それでいて、妙に楽しそうにバカ騒ぎしたり、はしゃいだりしているのが余計に癪にさわるので、可能な時は、できるだけ見ない聞かない様に防御します。





このまっすぐな澄んだ瞳の少女たちは、本当にもう、いなくなってしまったのでしょうか。そうであれば、彼女達の死が悔やまれます。

死んではいけない人が死に、生きていてはいけない人達が、暴利を貪り人生を謳歌している、この狂った惑星。

それなのになぜ、マスコミはいつまでも沈黙しているのでしょうか。
「沈黙は暴力の陰に隠れた同罪者」なんですよ。

と思ったら、ネットですが、J-castでも取り上げていた様です。



日刊サイゾーと同じ様な内容ですね。
もう少し、掘り下げて、主婦や一般人も被害にあっている事、防犯パトロールが悪用されている事、警察やカルトが主犯である事などを、報じて欲しいところですが。

逆に、集ストを報じないマスコミなんて、何の役に立たないですから、そのうち、見限られると思います。
これほどの凶悪な犯罪が横行しているというのに。
この際、集ストを取り上げない新聞の購買をみんなで拒否したら、取り上げざるを得なくなるかも知れませんんね。

契約を続けて欲しかったら、集ストについてきちんと報道しろと、迫るのもいいかも。

そしてまずは、この犯罪の実態を一番よく知っていて、身をもって体験している被害者が、諦めずに周知活動を継続すること、声を上げること、それしかないと思います。

最近、一段と電磁波攻撃が酷いです。
それも多分、かなり近い部屋から来ている様に感じます。

寝る時は特に酷くなります。
眠りに落ちる瞬間に、脳に向かって衝撃波を送ってくるので、びっくりして目が覚めてしまいます。
その後、ピリピリ、チクチク、ムズムズがしばらく続きます。
確実に体感としてわかるので、妄想なんかじゃありません。

あと、急に全身、特に上半身が熱くなります。
更年期症状かと思っていたのですが、多分、マイクロ波でしょうね。

急に強い不安感が襲ってきて、もうこんな世界なんて生きていたくない、という気分にさせられたり。
これは感情や思考の送信でしょう。

あと、行動も操作されているのか、不自然な程、肘を強くぶつけてしまうのです。
なので、右肘の関節が伸ばしづらい時があります。

また、ここ1~2週間ずっと、左側の親知らずのあたりの骨?が痛みます。
上下ともに痛むのですが、親知らずは全部抜いてあるので、痛むはずがないのに、おかしな話です。
首のところから、左側の顎の骨の内側に向けて、指で少し強めに押しただけで、痛みを感じます。
ずっと電磁波を照射されて、腫瘍でもできてしまったのかも。
これでは、いつまで体が持つかわかりません。

私は、工作員の一覧を作っておいて、もし何かあったらそれが公表される様な仕組みはないものかと考えています。
もちろん、名前や顔写真入りで。
生きている間に公表すれば、裁判沙汰になってしまいますが、自分が死んでからなら、名誉毀損で訴えられる事もないと思うので。
でも、家族や親族に責任を負わされるような事があると、それも無理ですよね。
結局、被害者が一方的に苦しめられて、加害者は相手が死んだ後も、何事もなかったかのように、善人ぶって生きていくのでしょうね。
悔しいので、せめて自分の命と引き替えに、名前や顔くらいは公表してやりたいと思うのですが、何かいい方法はないものでしょうか。

それにしても、こんな冷酷で残酷な殺人行為が平然と行われているのです。
子供までもが加担して・・・。

知っていて知らん振り、と言うか、本来、取り締まらなければならない人達が主導して工作員にやらせているのですから、もうどうしようもありませんね。

さて、次回は今日の画像をまたアップします。


今日は、動画を1本公開しました。
よかったら、ご覧下さい。




※一部内容を削除した為、まとまりのない内容になってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

スーパーの袋

私もうちの前を通る歩行者がよくスーパーの袋を持ってるのを変に思っていたんですよ。何か装置でも入ってるんでしょうか。それともアンカリングなのかな。

2014/08/28 (Thu) 01:14 | slimyslime #- | URL | 編集
Re: スーパーの袋

slimyslimeさん。

やっぱりレジ袋、怪しいですよね。
よく70代くらいのじいさま工作員がいるのですが、家のすぐそばを散歩するだけなのに、レジ袋持っていたりします。
別に遠出するわけでもなく、近くを一周するだけなのに、わざわざリュックを背負っていたり、本当に不自然です。

なるほど、アンカリングという事も考えられますね。
同じ持ち物、同じ仕草、同じ音(偽咳、ドアバン)、集スト加害工作のセオリーですね。
でもその反面、工作がバレやすいというリスクもありますが、お金と嫌がらせの事にしか脳を使っていないので、そういう事はあまり考えないのでしょうね。
ただ、指示通りに操られているだけのゾンビですから。

いつもツイッター、参考にさせてもらってます。m(_ _)m

2014/08/28 (Thu) 10:05 | Libra #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する