勇気ある女性ブロガーの怪死事件の闇

自民党議員の学歴詐称、産廃業者との癒着などを追求していたブロガーさんが殺害されていたことに、衝撃を受けています。

真実を探すブログさんより転載。(画像お借りしました。強調表示は当管理人)


自民党議員(元市長)の学歴詐称疑惑を追求したブロガーが怪死!⇒サンデー毎日が取り上げるも市内書店から雑誌が消える事態に!

sundaymainichi.jpg


*ツイッターより
2009年にとある議員(元市長)の学歴詐称疑惑などを追求したブロガーが怪死するという事件があったのですが、これを取り上げたサンデー毎日が買えない状態になっているようです。問題の議員の地元である宮崎県都城市では、発売されたばかりのサンデー毎日9月7日号が次々に書店から消えているとネット上では指摘されています。販売がされると同時に大量の購入と予約があったようで、いずれも次の入荷待ち状態になってしまいました。

私もネットで記事を見るまではこの事件の存在すら知りませんでしたが、ちょっと調べてみると、色々と驚くべき情報が出て来ます。

例えば、議員の学歴詐称疑惑を追求したブロガーの経営しているスナック店に、議員と関係のある後援会の連中が殴り込んで来たり、刃物で襲われるという事件が発生。

いずれも警察側は把握していたと記載されていますが、最終的には告訴が取り下げされ、捜査は打ち切られてしまいました。

また、ブロガーが亡くなった事が判明した後も警察は情報を外には漏らさず、そのまま大手マスコミも報道をしなかったようです。


誇張された情報も含まれているかもしれませんが、これが事実だとするのならば、大問題だと言えます。

議員と暴力的な組織が癒着をしているだけではなく、警察もグルになっているのはヤバイです。
ちなみに、この議員は2013年の参議院選挙で民主党の候補者を3倍以上の票差で破って当選しています。


☆宮崎・都城で消えた「サンデー毎日」
URL http://www.data-max.co.jp/politics_and_society/2014/08/14725/0827_dm1504/
引用:
 「サンデー毎日が入手できない」。宮崎県都城市の市民から連絡が入った。発売されたばかりの9月7日号が、8月27日午前に市内書店から消えてしまっているというのだ。市内の主要4店舗に確認したところ実際にいずれも売り切れていた。開店早々の購入や予約販売などで、次の入荷を待たなければならないという。
 当該号には都城市に関する記事がある。「権力批判ブロガー怪死の闇」というタイトル。参議院議員、産廃業者、暴力団の3者の癒着を批判していた女性ブロガーが2009年に怪死したという内容のもの。具体名を上げていないが、参議院議員は昨年首長から転身した人物。
:引用終了

☆雑誌情報
URL https://magazine.dmkt-sp.jp/magazine/contentID/P004_B000000000000433_00
引用:
サンデー毎日 2014年9月7日号
スクープ「これは殺しだ」権力批判ブロガー怪死 石破茂は?小渕優子は?安倍改造内閣の全情報 就活生必読!主要80社年金・介護大実態調査
:引用終了

☆"学歴詐称"を検証する―4
URL http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/550.html
引用:
再びネット閉鎖の要求を梟は受け断っているが、その夜、今度は後頭部を刃物で襲われるという大事件となった。

暴漢は「こいが梟か!誠がこッばっかい書きやがって」と襲いかかったそうだ。

一歩間違えば殺人未遂事件である。

ここでも、長峯弟の逃げ去る姿が待機中のタクシドライバーに確認されていたが、事件として扱われることはなかった。

梟は翌日、所轄に傷害事件として告訴したが、いつの間にか告訴取り下げされており捜査は打ち切られていた。


◎ 梟が謎の死!!
 平成21年4月2日、
梟が謎の失踪。
所轄の刑事からは「梟に、もしもの事がないように見守っていてくれ!!」と複数の市議員に要請されている最中の出来事である。

 さらに失踪後も、「あの小屋にラチされている可能性がある。見張っていて欲しい」と頼まれていたそうだが同月27日、都城市高崎町の山中で死体となって発見された。
:引用終了


途中で告訴が取り下げられたり、警察が捜査を打ち切り、マスコミは報じない。
それだけでも、何らかの圧力がかかった事、警察もマスコミも、本気で解明する気なんてない事がわかりますね。

関連記事。

阿修羅掲示板
自民党議員(元市長)の学歴詐称疑惑を追求したブロガーが怪死!⇒サンデー毎日が取り上げるも市内書店から雑誌が消える事態に!

FXnews2ちゃんねる(詐称疑惑の自民党議員の実名・顔写真あり)
【怖すぎワロタ】参院議員長峯誠の汚職疑惑を批判したブロガー怪死事件の真相がヤバすぎる…

一部引用
 
sundaymainichi2.jpg

故人は「梟」のHNで自分のブログに長峯誠都城市長の学歴詐称や金権体質を公然と批判していました。
そのため、いやがらせも多く昨年七月十七日には故人が経営するスナックのドアを二~三人の男から蹴ったくられると言う営業妨害をうけ、そのうちの一人を捕らえて警察に引き渡しましたが、それが何と、長峯誠都城市長の後援会の中核をなす言成会の副会長だったのです。

言成会の集まりでは「どうすれば梟を潰せるか」と言う話ばかりだったと言う話です。

捜査の進展を知ってか知らずか、長峯誠都城市長の鼻息は荒かった。

「宮崎県警には強力な人脈をもっている。逮捕される事は無い!」

長峯誠都城市長は常々、市職員や側近に語っていた。
市長を支援する企業に警察署長経験者など天下りさせ、栄華を誇っていたが、それが現実問題として表れたのである。

平成20年3月、学歴詐称やNファイルを捜査に当たっていた捜査2課の全員が県内各所に飛ばされた。
梟は県の監察官や宮崎地検にまで直訴に及んだが門前払いされている。
ただ、飛ばされた担当刑事から『刑事訴訟法189条2項で捜査している』という回答の電話がかかったが、その声には悔しさがにじんでいた。


一口に警察と言っても、善と悪、光と闇が混在している様です。
真剣に捜査しようと思っている警察官は飛ばされてしまうのですね。
そうした良心を失っていない警官の方がどの位いらっしゃるのか分かりませんが、何とか頑張って頂きたいものです。
そして、悪徳警官は国民にとって、害でしかありませんから、そうした警察官を排除しない限り、同じ事の繰り返しになってしまいます。

それにしても2009年の事件が、なぜ今この時期に、騒動になるのか、それも不思議です。
業者が逮捕された事で、再び浮上してきたのかも知れませんが、もしかしたら、同様のブロガーに対する警告?の意味もあるのではなどと、勘ぐってしまいました。
次はお前だ、というメッセージ?

本当に怖い世の中です。
自民党も民主党も、と言うよりも、政治全体が汚染されています。
もちろん、警察も裁判所も癒着しています。
もう、日本は終わっているかも。

この梟(ふくろう)さんという勇気あるブロガーの方は、おそらく集ストの被害にもあっていたのではないでしょうか。
嫌がらせを受けていたそうですから。

もし私のブログの更新が途絶えたら、何らかの圧力が掛かったか、梟さんと同じ運命を辿ったと思って下さい。
私など、梟さんの足下にも及びませんが・・・。

ネットでブログを書いているだけでは何も変わらない、何の影響力もない、その様に言う人もいますが、この事件は、個人の発信するブログの影響力の大きさを物語っていると思います。

マスコミが書けない事、報道しない事を、素人や一般人が、何の見返りも求めず、損得勘定も計算もなく、自らの信念だけで暴露してしまうのですから。
だからこそ、梟さんが邪魔で仕方なかった。
それは消したいと思うでしょう。

本当の事を言えば消される。
それが事実であればあるほど、それを白日の下に晒す人間に存在されては困るのですから。

今までにも何人も消されてしまいましたね。
数少ない、本物の勇気と正義感を持った方達が・・・。

だからと言って、こういう闇を闇のままにしておいたからと言って、それで世の中が安泰になるはずもありません。
もっと深い闇に包まれるだけ、
そして、みんな囚人になるのです。

今でも十分、監獄の囚人ですね。

その監獄から出ようとすると、得体の知れない鵺(ぬえ)の様な人間達が、一斉に襲いかかってくる。

集団で・・・。


集ストは、日本人狩り。
日本を乗っ取るための、日本人狩り。

こんな世の中でも、日々の生活に幸せを感じ、感謝し、わくわくしながら生きていられる人が羨ましい。

だけど、それって本当の幸せと言えるんでしょうかね?

こんなに理不尽で、残忍な世界に生きているのに
それを見ようとしていないだけなのではないですか?

他者の悲しみや苦しみ、怒りに、寄り添う優しさがないだけじゃないですか?

私はそんな幸せなら、欲しいとは思わない。

他人をいじめ、苦しめ、貶め、虐待し、殺害し、邪魔な人間や才能のある人、まともな心を持った人の足を引っ張り、失脚させる事しか考えていない人間達(もはや人間とは呼べない)が、この世界からいなくなった時に、初めて心の底から幸せだと思える事を知っているから。


群れないと何もできない臆病者や、汚い手を使っていい気になっている集スト加害者達を、私は心の底から軽蔑します。

権力を笠に着て、やりたい放題、拝金主義の政治家も役人も、国や国民を守る組織の様に見せかけて、実は国民を弾圧し、反社会的な勢力と癒着している様な(一部の、いや、もしかしたらその逆かも知れない)腐敗した警察官や自衛隊員も・・・。

それとは対照的に、たった一人で権力に立ち向かい、お金を積まれても信念を曲げなかった梟さんは、本当に立派な方です。

心からの敬意を表し、梟さんのご冥福をお祈りします。

私には、梟さんの様な勇気も影響力もないけれど、自分にできる事がある限り、その歩みを止めたくはない。

いのちが続く限りは。


以下、冒頭の記事のコメント欄より一部引用させて頂きます。

私も、町内で亡くなった人のことでその死に不審があったので近所で仲良くしていた方にお電話して、「Hさんは殺されたと思う」と電話を掛けたことがありました。
それが2006年の3月17日前後でした。(日付をノ-トに記載している)
それから2ヵ月後に自宅が放火されました。
何故、2ヵ月後に?と思われるかも知れませんが、それは準備期間が必要だったのだと思います。
放火犯が、私には大体検討がつくのですが、警察は現場検証もしませんでした。むしろ、証拠隠滅をしていきました。
警察内部には、犯罪者と手を組んでいる者たちがいますね。
犯人は警察に守られているのでやりたい放題のところがあると思います。

(全部の警察がとは言いませんが)
※ 火災に遭ってから、私は札幌地検にも相談に行きましたが、なんの解決もしませんでした。放火犯は今も野放し状態のままです。信じられない位の怖い社会です。
--------------------------------------------------------------------
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
朝木議員のことは自殺として処理するので、ほとぼりが冷めるまで身を隠せと暴力団員に命じた」創価学会の幹部の名前は、創価学会経理局の中村俊介経理部長(当時)とのことです。

なぜ、公明党が自民党との連立を解消しないのかということについては、自民党の最高幹部の方々が東村山事件の真相を掌握しているからです。もちろん、安倍首相も、その報告を受けているとのことです。

 「平成7年9月1日夜、創価学会の最高幹部から朝木議員を脅すように命じられた暴力団員2名が、朝木議員の体をビルの6階の外側に抱え上げて、創価学会に敵対する活動を止めなければ落とすぞと脅していたんです。ところが、誤って朝木議員を落として死亡させてしまったと、この暴力団員2名が、創価学会の幹部(註:池田大作氏の海外資産の移動に関与した創価学会員で、職業は公認会計士か税理士。)のところに顔面蒼白になって駆け込んで来たんです。そこで、この創価学会幹部は、朝木議員のことは自殺として処理するので、ほとぼりが冷めるまで身を隠せと暴力団員に命じたんです。」
--------------------------------------------------------------------
創価学会の大鳳会って知ってますか?

外務省を中心にした創価学会信者の官僚が結成した(させた?)組織です
自分が気に入らない組織や人物との関係を捏造する奴が後を絶たず、ネットでは根拠不明なデマが非常に多い組織ですが、主に外務省職員で結成されて存在することは事実です。


活動内容は殆ど分かってませんが、海外VIPと池田の会談のセッティングや国外進出の足がかりとして他国の政府高官にすり寄ったりしてるようです

宗教マネー、宗教団体への課税問題を全く取り上げない記者クラブがいる限り、真相は永遠に闇の中でしょう
--------------------------------------------------------------------
これが日本の正体なんだよね。
まぁ、石井紘基議員が刺殺された時点でみんな分かってるとは思うけど。
--------------------------------------------------------------------
問題の記事はこれ

【サンデー毎日】9月7日号宮崎県都城市前市長の不正追及女性ブロガーは自殺ではなく殺されたという記事!
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/70d551750b1daba78687bf23e9fc2db2


サンデー毎日の表紙の小栗クン、何だかしばらく見ないうちに、すっかりあちら側の人の顔つきになってしまいましたね。
なんだか目を合わせると、魂とか精気?を吸われそうな感じがするのですが・・・。

それはいいとして、やっぱりこういう不可解な事件には、創価の影がちらつきます。
一刻も早くカルト指定して宗教法人格を剥奪し、解散させないと、この国が危ない事は間違いありません。
創価だけでなく、統一や幸福など、全てのカルトを排除しないと手遅れになってしまいます。
難しいかも知れませんが・・・。
それに、もう手遅れかも。

暴力団と非常に深い関係のある“宗教団体”って、一体何?
東村山市故朝木明代市議不審死事件(3)


尚、Wikiも、自民党議員が頻繁に編集していたログが残っているとの情報も出てきました。
【これは酷い】自民党がウィキペディアの編集・情報操作をしていたことが判明!自民党のIPアドレスを調べてみると・・・

Wikiも100%信用はできないという前提で見ないといけないですね。
私の記事も、誤りや勘違いがあると思います。
また、引用した内容についても、全てを検証する事は不可能ですので、それぞれに真偽をご判断下さい。

PS.
この記事を書いたと関係があるのかどうかわかりませんが、異様な程の騒音を撒き散らしたり、わざとらしくクラクションを鳴らすトラックやバイクが増えました。

本当にクズばっかり。

今日も付きまとってきた暴走族2人組(K・NとM・R。K・Nは団地住民)

駅から家に向かう途中で遭遇。
2014083001.jpg

以下は別の日に撮影した映像ですが、多分同じ人物とバイクだと思います。

バイクを走らせながら鼻つまみ。
20140814164601.jpg

奥にいた暴走族のM・R。
2014072401.jpg

2014/07/30 これも多分同じ2人組。深夜に駐車場で暴走行為。
2014073048.jpg

K・Nの横顔に見える。
2014073040.jpg

2014/07/31 これもK・N
2014073117.jpg

2014/07/20 K・Nのバイク
20140720.jpg

まだこの2人の映像はたくさんありますので、追々、掲載します。


※一部集ストとは関連のない画像も含まれる場合があります。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ブログいつも頷きながら拝見してます。
私も同じこと思います。幸せ感じられないです。
自分がよければ集ストにあっていなくても同じだとおもいます。
生きている意味がわかりません。

2014/09/21 (Sun) 09:34 | あき #- | URL | 編集
Re

あきさん。初めまして。
ブログ読んでいただいてありがとうございます。

今の世の中に満足して幸せ一杯で生きられたとしても、それは社会の闇から目を反らし、見ない様にしているだけ。
必死に助けを求めている人達がいるのに、そういう人達の事には無関心。
でもそれはとても残酷な事です。
人間にも動物にも。
社会全体が、そういう事はもう止めようという流れにならないと、いつまでも悲劇は終わらないですよね。
少しでもそういう方向に向かう為には、社会の暗部も直視して、皆ができることをやっていく、それしかないですね。
生きる喜びが感じられる世界が来ますように。

2014/09/21 (Sun) 19:40 | Libra #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する